カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冬休みも終わり

1月4日(日)晴れ 最高気温 -29度 最低気温 -35度

今日も相変わらずこれでもかというほど寒い日でした。今朝の体感気温はマイナス48度だったらしいのですが、サスカトゥーンはマイナス55度といっていました。7度の違いが体にわかるのかどうか・・・・

クリスマスのときにカルバンさんとローレンさんを招待したのですが、食事の支度をしているときに来たため、いろいろと調理の話になりました。カルバンさんはよく自分で料理をするらしく、私が「芋の皮むきが嫌いだ。おまけに菜園で取れたジャガイモが段ボール箱8つもあるのにもう芽を出し始めて困っている。」と言うと、自分は一日一食は何らかの芋料理を食べていると言っていました。フライドポテトも作るらしく、そこから始まっていろいろなポテト料理を教えてくれて、私はローレンさんと、「食事に行く場所を間違ったねえ。」などと言い合っていました。

「今度食事に呼ぶから」と言ってくれ、それが昨夜実現しました。4人全員で押しかけ、ご馳走になるすごい家族!お礼(?)にジャガイモも一箱無理やり押し付けてきました。

さてメニューは、「ポテトパンケーキ」、「フライドポテト」、「オーブンでカリカリに焼いたポテト」、「ミートボール(かかっていたソースが抜群においしかった)、「ヤム(と呼ばれる北米のサツマイモ)のオーブン焼き(私が「ヤムは水っぽくておいしくない」と言ったので)」、「コールスロー」「さやインゲンをソテーしてオーブンで焼いたもの」どれもこれも超おいしくて、感動。奥さんはまだフロリダの家族を訪問しているので、これら全部カルバンさんが作ってくれたのです。すごいまめな方!

「ちっ!デザートでも持ってくればよかったなあ」と思っていたのですが、デザートもちゃんと準備してくれてあってびっくり。「レーズンクリームパイ(これもクリスマスのときに話題になったため)」と言う、サワークリームをカスタード代わりにしたおいしいパイでした。「パイの皮を自分で作るのは初めてだ」と言っていましたが、さくさくと軽い口当たりでとてもおいしかったです。

せめてものお礼にと、子供たちと一緒にお皿を洗いました。普段はしぶしぶやっている子供たちが、ほかの人の家だと楽しいみたいでバリバリ働いていました。

グレッグといえば、相変わらず座ったまま動きません。ちょっとは見習えよ・・・・・

デザートを食べているころに、アルバータ州に出かけていたローレンさんのことを「今日あたりに帰ってくるって言ってたから、今晩ぐらいに顔を出すと思っていたんだけどなあ」と言っていた矢先、電話がかかってきました。カルバンさんが「今からでも来る?」と聞いたのですが、今日はもう遅いからまた今度とのことだったので、「ご馳走を食べ損ねたよ」と横から大声で言っておきました。

全部作り方を聞いてきたので、今度は自分でも作ってみようかな。



  1. 2009/01/05(月) 13:41:56|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | コメント:10

究極のラーメン

11月8日(土)晴れ 最高気温 -8度 最低気温 -15度

うしまとんさんから先日コメントをもらって、読んでいてくれているということがわかったため、究極のラーメンを紹介したいと思います(笑)。これは夏の終わりにサスカトゥーンに住むマサヒロさんから、「淳子さん、このラーメン見てくださいよ。」といってもらったものです。

「東京」っていう字に特徴あるわね・・・・ ラーメンの「ラ」がちょっと丸文字っぽいし・・・・
ramen004


縦書きになっても「ー」は横を向いたままなのね・・・・日本「式」って言うのもなんとなくいかがわしい・・・・
ramen001


へー、原産国日本なんだ・・・・
ramen005


え、中国製造(制造?)ってどういうことよ?
ramen006


ふむふむ、作り方は・・・・「うーめん」って・・・・「ぉ水」って・・・・「ぐらに煮て」って・・・・「掻きまわつて」って・・・・
ramen007


そして究極の3番。これっていったい?????
ramen003


マサヒロさん、もう食べたかしら?




  1. 2008/11/09(日) 02:30:45|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | コメント:8

無駄な努力

10月15日(水)晴れ 最高気温 +7度 最低気温 -1度

いきなりですが、私はコロッケが好きではありません。めんどくさいし、おかずにならないからです。

日本にいたとき(=20年ほど前)に作ったことはあるのですが、結婚してから一度も作ったことがありませんでした。

それが何を思ってかこの前の日曜日、本当だったら感謝祭でターキーを食べるはずの日なのに、コロッケを作ってしまいました。

今年は菜園が大豊作でジャガイモが山のようにできて、冷暗室のない私の家はクリスマスをすぎるころにはジャガイモの芽が出始めてしまうので、その前にせっせと食べないといけません。タマネギもたくさん取れたし、挽き肉はこの前お肉屋さんでさばいてもらった坊っちゃんのお母さんの肉が冷凍庫にたんまりとあるし、コロッケのための材料がバッチリ揃っていたからです。

ジャガイモ20081


食事の仕度に30分以上かけるのが嫌なズボラな私が4時半ごろから台所に立っているのをみて、子供たちが「お母さんなにやってるの?」と不思議顔。「なに作ってるの?」と興味深げなので、「コロッケだよ。」と言うと、写真を見て「へ~、おいしそう~。」しめしめ、これはたくさん食べてくれるかも。

ちゃんとキッチンスケールまで使って材料をはかり(2人分でジャガイモ500グラムと書いてあり、写真ではジャガイモが5個写っていたが、うちのジャガイモは一つで500グラム以上だった(@_@)、挽き肉とたまねぎを炒め、ジャガイモを茹でてつぶし、ああ~もうめんどくさい!!!

おまけに小麦粉やパン粉がこぼれたりしてカウンターの汚くなること!!私は台所をきたなくするのが大嫌い!きれい好きなわけではなく、ただ単にあとで掃除したくないから。

ぶちきれそうになるのを我慢して、コロッケ18個丸めて、そのうちの10個だけ夕食用に揚げました。

コロッケ10152008


一口食べると、「いかにもコロッケ」という昔ながらの正統派の味。

子供たちの反応は????

カンナ「わたし、トンカツのほうが好き~。」(私だってトンカツのほうが好きに決まってるわい(怒)

マヤ「多すぎる~」(一つしかお皿にのせてないのに!)

グレッグにこっそりと「実はわたしコロッケ好きじゃないんだよねー。ご飯のおかずにならないし。」と言うと、「ジャガイモだからな。ご飯なしで食べればいいんじゃない?」わかってないねえ、ご飯がない和食(コロッケって和食?)なんて考えられないのに。

グレッグは文句を言わずに食べてくれたので(グレッグは前にコロッケを食べたことがあると言っていた。日本に行ったときに私の母が作ったのではないかと思う。実際のところ本人も内心トンカツのほうがいいと思っていたのでは?)二人で何とか片付けましたが、冷凍庫にまだ8個も残ってるんだよねー。困ったなあ・・・・・

かにクリームコロッケとかおいしかったイメージがあるんだけど、クリームコロッケ壊れそうだし、カニ売ってないし・・・・・・20年後くらいに気が向いたら挑戦してみましょうか。







  1. 2008/10/16(木) 15:20:27|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | コメント:8

保存食作りの一日その2

9月8日(月)晴れ 最高気温 +17度 最低気温 +2度

先日の保存食作りの続きです。

姫リンゴは二年前にトモコさんがホームステイしていたときと同じ要領でジュースにしました8月下旬まだケイコさんがホームステイしていたころ、お友達のフランキーさんから電話があり「姫リンゴがたくさんありすぎてどんどん木から落ちてしまうからぜひよかったら取りにきてちょうだい」ということでたくさんもらってきました。その翌週にももう一度もらいに行ったので(>_<)、3回に分けてジュースを作り(また1リットル瓶30本以上できた 笑)、今日やっと終わりました。
姫リンゴジュース20081

姫リンゴジュース20082

去年はもうちょっとというところで霜が降りてダメになってしまったトウモロコシですが、今年は今のところ順調に実っています。毎日食べても食べても追いつかないので、先日と今日、半茹でして冷凍庫に保存しました。

まずトウモロコシの実を包丁で削り落とします。この作業が厄介で(というより無駄が出てい)困っています。包丁でどうしてもトウモロコシの粒に傷をつけてしまうし、一粒一粒できるだけ芯に近いところから削ろうとすると芯まで削ってしまっておいしくなくなってしまいます。「缶詰や冷凍のトウモロコシはどうやってその加工をしているのだろう?」と疑問に思っているのですが、グレッグに聞いてみたら、乾燥してからコンバイン(収穫・脱穀)して、後で水を加えて還元するのではないかと言っていました。カナダのグーグルで「トウモロコシの上手な実の取り方」と検索してみましたが、ただ「包丁で削る」としか書いてなく、がっかりしました。どなたかいい方法をご存知の方があれば、アドバイスをよろしくお願いします。


トウモロコシ200809081

次に砂糖と水を加え、沸騰させてから10分ほどゆでて出来上がり。私の植えている種類は「北部用超早稲極甘種」というものなので、このレシピの半分の量の砂糖で十分甘かったです。あとは一食分ずつ小袋に分けて冷凍するだけです。

トウモロコシ200809082

こんなにおいしいトウモロコシなのに、毎日一本ずつ食べ(させられ)ている子供たちは「またトウモロコシ~?」と結構うんざりした様子。(初めて食べたのがケイコさんが帰る前日の8月23日だったから、かれこれ二週間ほど食べつづけている感じ?最初はこんなに嬉しそうだった (^o^))
keikocorn20081


でも今でも外に行けばトウモロコシの芯を心待ちにしてくれている誰かがいます。
トウモロコシ200809083

「ポカポカ地球家族」のときに子牛を出産したばかりのシーンが紹介されたネリーちゃんは今年の春に太ももを痛めたため、うちの敷地内にまだいます(うちの放牧地が足りなくなってしまったため、残りの牛たちは他の人に借りた放牧地に行ってしまったため、家を留守にしています。これについてもいずれ)。
ネリー200809081

トウモロコシの皮や芯の入ったビニール袋を下げて放牧地に行くと大喜び!!私がトウモロコシを差し出すと口を開けて25cmもあるトウモロコシを丸ごと口に入れて。「カリコリ」となんともいえないいい音を立てて食べてしまいます。
ネリー090820082

この放牧地に一緒にいるほかの牛たちはトウモロコシを口の前に差し出しても横を向いてしまうので地面に落として自分で拾って食べていますが、全く躊躇せず口を開けるネリーちゃんはほかの牛に比べて3倍以上は食べています。

トウモロコシな日々とネリーちゃんの幸せはまだしばらく続きそうです。





  1. 2008/09/09(火) 15:05:26|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | コメント:10

保存食作りの一日その1

9月4日(木)晴れのち小雨 最高気温 +17度 最低気温 +8度

今日の日中はよく晴れてとてもさわやかな一日でした。なのに!!一日の大半をキッチンの流しの前で過ごした私

まず昨日もらったルーバーブを洗って刻んで冷凍、次に姫リンゴジュースを作り、そしてトウモロコシを茎から削ぎ落として半湯でして冷凍。一つ一つやたら時間がかかって気がついたらもう夕ご飯の時間(-_-メ)

とりあえずルーバーブの様子から。

以前にも紹介したルーバーブはうちにも一株あったのですが、これまで決まった家庭菜園の場所がなかったため、何度も移動される羽目になり、ついに枯れてしまいました(一般的にはルーバーブを枯らすのは不可能と言われているが)。

今年は例年になくサスカトゥーンベリーがたくさん取れたため(その様子もさかのぼっていつか紹介したいものです)サスカトゥーン・ルーバーブジャムというジャムをたくさん作りたかったのですが、一度は作ったものの、その後ルーバーブがなかなか手に入らず、困っていました。

おととい卵を届けにビヨークデールの村に行ったときに、ここに移って来て以来よくしてもらっているマーガレットおばあさんが畑でジャガイモを掘っているのを見かけました。久しぶりだったので立ち寄って話をしていたらルーバーブがあまっていると言ったので早速もらうことにしたのです。マーガレットおばあさんはトウモロコシを植えなかったといったので、翌日3本取って持っていきました。

この驚くべきおばあさんは先月93歳になったのですが、とても元気で今でも一人暮らしをしています(おまけに庭に畑もある)。昨日も朝七時前に起きて洗濯をし、アイロンをかけ、お年よりの人たちの夕食会に持っていくサスカトゥーンベリーパイを焼いて(もちろん皮も自分で焼く)、皮が余ったから家にあったプラムをいれてプラムパイも一緒に作り、お友達が来たからコーヒーを飲んでパイを食べ、私が立ち寄ったときにはオーブンの掃除をしていました。

「ほんとにルーバーブもらっていいんですか?」と聞くと、「見てよ」と言って地下にあるパントリーを見せてくれましたが、棚にジャムやピクルスなどの瓶詰めが所狭しと並んでいて、「これだけあれば10年は食べていけるわ。この前もチョークチェリーをもらっちゃっていらなかったんだけど無駄にすることも出来ないからまたジャム作っちゃったわよ。もう見たくもない。」とうんざりした様子。

耳が遠くて補聴器をつけているのと、庭を歩くときは歩行器を使う以外は、本当に元気です。つい最近までは自分で芝生も刈っていたのですが、周りの人にやめろといわれてやめたらしいです。「店で買うパンはまずいから」と言って、食パンもバンズも自分でこねて焼いています。子供と孫が「ホームベーカリーをプレゼントしようか?」と言ったらしいのですが「そんなものもらったって捨てるから」と断ったそうです(@_@)。ビヨークデールにはほかにもお年よりはたくさんいますが、ここまでアクティブなのはマーガレットおばあさんが一番だと思います。アクティブだから元気でいるのかもしれませんが、本当に尊敬の限りです。

昨日は帰ってきてから牛のフェンスを直したりするのに時間がかかり、ルーバーブに手が回らず、今日に先延ばしになってしまいました。

洗いカゴに山盛りになっているルーバーブ(予想していた量の5倍はもらった(>_<))
ルーバーブ20081

1cmくらいに切ってビニール袋に入れて冷凍しておきます。
ルーバーブ20082

今日のデザートに早速ルーバーブトルテを作りました。(もう半分くらいなくなったけど)

マーガレットおばあさん、本当にありがとう♪これからも元気で長生きしてね♪






  1. 2008/09/05(金) 14:49:30|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | コメント:6
前のページ 次のページ

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。