カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もらわれていったニワトリ

11月29日(土) 曇り 最高気温 -2度 最低気温 -10度

残念ながら今年も越冬できる鳥小屋を建てることができなかったため、45羽ほどいたニワトリはもらわれていきました。

夏の間中毎日40個近く卵を産んで、うちで使いきれない分は近くの人たちに売っていたのですが、10月に入って日照時間が短くなるとともに卵の数が減り始めました。小屋の中に小さな電灯を入れて日照時間を増やしたのですが、10月の終わり、私がサスカトゥーンに行っていた間は一桁だったと電話でグレッグが言っていたこともあり、「ああ、もうそろそろ終わりなんだなあ。」と思っていました。しかし、家に帰ってみたら妙にのどが渇いているみたいなのです。見ると水飲み場も空っぽ。

グレッグに、「ニワトリすごくのどかわいてるみたいだけど、水どれだけやったの?」と聞くと、「牛乳パックひとつ分(4リットル)だよ。」と言うのです。「えー、私毎日4つ(16リットル)は持って行っているんだよ。」と言うと、「道理で毎日すごい勢いで水飲んでいたわけだ。だけどそういうことはちゃんと教えてくれなきゃ。」あのねえ、毎日私が水運んでるの見てないの・・・・?

おまけに、水飲みの容器は下に小さい穴が開いていて、そこから水が少しずつ出るようになっていて、水を追加するときはその穴をふさいでから上のふたを開けて水を入れるのですが、グレッグは下の穴をふさがなかったらしく、上から注いでいる端からどんどん下からこぼれていたらしいのです。それも指摘すると、「ああ、あの栓、何かなあと思ったんだよ。」とのこと。全くもう、卵も産まなくなるわけだ・・・・・

そのショックから立ち直るのに10日ほどかかりましたが、その後また持ち直して、35個前後の毎日が続いていました。例年に比べて暖かかったこともあって、「まだあげちゃうのもったいないなあ・・・」などと思っていましたが、いつか寒くなるのはわかっていたので嫁入り先を探すことにしました。


chickens112920081

去年もらってくれた隣町のおばあさんに電話をして聞いてみたら、「20羽だけほしい。」といわれてがっかり。「全部もらってくれるなら届けるけど。」とも言ってみたのですが、「やっぱりそんなにいらない」と言われて、「あーあ、こんなことなら、去年電話くれた人の名前とっておけばよかった」と思いながら、仕方なく地元の新聞に広告を出すことにしました。

去年みたいに「もう処分してきれいにしてあるのを届けてほしい」と言われたりしないように、「生きているニワトリ」と明記しておきました(笑)。

やはり「タダ」のものには反応がよく、10人近くから電話がかかってきました。一番初めに電話をくれた人に譲ることにして、その人は昨日の午前中に取りに来てくれ、午後には20羽くらいならもらってくれると言ったおばあさんが来てくれました。ニワトリたちが騒がないように小屋の電気を消して、おばあさんと一緒にニワトリを捕まえて麻袋に入れていきました。それでもやはり大騒ぎになって、みんな捕まえた時にはほっとしました。おばあさんが帰ったあと、小屋の床の片隅の巣箱(?卵を産む箱)に二つ卵が残っていたのを知っていたので取りに行ったところ・・・・・・

chickens112920082


薄暗い小屋の隅になんだか白っぽいものが見え、「何これ?」と思ったら、私たちが「お二階さん」と呼んでいるニワトリが一羽だけ、床から40cmの高さのところにある巣箱にちゃっかり入っているのです。

chickens112920083

うちのニワトリたちは、ここに来る前はケージ飼いのため、止まり木に止まるとか巣箱に飛び上がるとかいうことを全くしないため、小屋の床の片隅にベニヤ板を斜めに立てかけて暗い場所を作っておき、そこにみんな卵を産んでいたのですが、なぜか「お二階さん」だけは残しておいた巣箱の中に、夏の間中必ず卵を産んでくれたのです。みんなが大騒ぎしている中、我れ関せずといった心持ちだったのかと、おかしくなってしまいました。

それにしても、「おいおい、困るよ。どうしよう一羽だけ・・・・」と思いましたが、たまたまグレッグのところにカルバンさんが何かを借りに来ていたので、「帰りにニワトリ一羽ドライブのお供に連れて行ってね。」と頼んで持っていってもらうことにしました(カルバンさんもニワトリを何羽か飼っているので無理やり 笑)。

今朝になって延長コードやえさ箱などを片付けに行くと、昨日まではニワトリの体温だけでかなり暖かかった鳥小屋の中すべてがすっかり凍っていました。もらわれた先はどちらも卵を産ませるためにまだ飼ってくれるそうなので、新しい暮らしになじんでくれるといいなと思っています。




  1. 2008/11/30(日) 13:55:57|
  2. ニワトリ
  3. | コメント:4

今年もニワトリ

5月20日(火)

今年もまた一羽一ドルでニワトリを買ってきました。家族が到着した翌日が引き取りの日だったので、妹と義弟と一緒に行ってきました。20匹ほどずつショッピングカートに乗せられて来ました。売ってくれる人がつかんでトラックの荷台に載せた箱に入れようとするとすさまじい勢いでバタバタして、一羽飛び降りてしまいました。妹のすぐそばに行ったのでつかまえるかな?と思ったにもかかわらず(私は箱の中に入っているニワトリが出ないように押さえていたので手が離せなかった)、結局つかまえたのは売ってくれた人たちの一人でした。「鳥に触るのはイヤ」らしいです。

家に運んできたのはいいのですが、小屋まで連れて行かなくてはならず、私が箱の中に半分もぐるようにして2羽つかまえ、義弟がそれを走って小屋まで連れて行くというのを25往復しました。マヤは鳥小屋のドアの近くにたってニワトリが出てこないように見張っていました。カンナは死んでしまった一羽を林の中に捨てに行ってくれました(カンナは生きているニワトリに触るのはイヤだが、死んでしまったのを捨てに行くのは大丈夫らしい)。

ニワトリたちはここに来てもう3週間がすぎましたが、あまり人馴れした様子も見せず、私が小屋に入るたびにバタバタ騒ぎ立てます。まだまだ羽が生え変わっている最中で、「今夜のローストチキンにピッタリ」みたいのもいます(肉付きが悪いが)。今はまだ一日5-6個卵を産むだけですが、はやいところ羽が生えてバリバリ産んでもらいたいものです。

ニワトリ2008051


ニワトリ2008052



ニワトリ2008053



義弟は「前に見たときはニワトリはグロテスクだと思ったけど、今回触ったりしたから愛着が湧いたな」と言っていました。それではぜひぜひ来年もよろしく頼みます。



  1. 2008/05/21(水) 14:36:55|
  2. ニワトリ
  3. | コメント:4

ニワトリもらわれる

9月21日(金)晴れ

去年の春秋にも >_<)一羽一ドルで買ったニワトリ、今年の春から初夏にかけて結構卵を産んでくれました。それらを処分する予定で今年の春にもまた同じところから一歳のニワトリを買って(私、物好き?)、二つの鳥小屋にあわせて60羽以上のニワトリがいました。今年のニワトリたちが十分卵を産むようになってきたので、去年からのニワトリには穀物と水だけ与えていて「この先どうしようかなあ~」と処分を先延ばしにしていました。

ニワトリ09202007


これらのニワトリは白色レッグホーンという、卵を産むためだけに生まれてきたような種類で、肉らしい肉は全くないのです。去年このニワトリたちを越冬させたのですが、ヒートランプ(電熱器)にかかる電気代を考えると、ほんのわずかの数の卵のためにこれらをキープするのは割に合わないというのがわかりました。中にはこういう古い鳥を(2歳とか3歳の鳥は古いとみなされるらしい)圧力鍋で煮て、瓶詰めにしてシチューとかにする人もいるのですが、私はニワトリを(って言うか、何でもだけど)処分するということにどうしても恐怖感(?嫌悪感というのではなくて、怖くて勇気が出ないという感覚)があって、「これだって家畜飼育の一部なんだから、がんばってみるか!」と時々思ったものの、結局今まで何もできずじまいでした。

「もしかしたらこの作業をいとわず、ほしい人がいるかもしれない」と思い立って、地元の新聞の「あげます」欄に広告を入れました(広告3週間分で10ドル払った)。

先週の金曜日に広告が載ったのに週末は全然反応がなく、留守電にひとつ入っていたメッセージは年配の女性からのもので、「私はローズバレー(ここから1時間ほど先)に住んでるけど、この鶏はもう羽とか内臓とか取ってきれいにしてあるの?もしそうならほしいわ。届けてくれる?」というものでした。思いっきりがっかり↓そんな手間隙かけたものをタダでやらんわい

え~、やっぱりほしい人いないのかなあ・・・・と思ったけど、昨日の夕方年配の夫婦から電話があり、「ニワトリほしいから取りに来る」と言ってくれました。

最初は15羽くらいでいいと言っていたのに、結局「全部もらってくわ。値段もちょうどいいしね(爆)」と言って全部引き取ってくれ、お礼にと焼きたてのパンをくれました

もらったパン09202007


今朝トーストにしたら、カンナが「お~いしい~。今度この人に会ったら『わたしがとっても喜んだって言っといてね』」と言っていました。

そのあとも3人から電話があり、そのうちの二人はまだ卵を産ませるためにほしい(この人たちはちゃんと越冬できる小屋があるらしい)とのことだったので、寒くなって今年の春買ったニワトリの卵の数が減ってきたら連絡すると言っておきました。

夏の間は穀物に蛋白質のサプリメントをほんの少し混ぜ、水と砕いた貝殻を与えるだけでほとんどコストがかからないので、来年の春になったらまた新しいニワトリを入れようと思います。できれば来年はきちんと越冬させられる小屋を建てられたら一番いいのですけど、そればかりは私一人ではできないので、どうなることやら・・・・




  1. 2007/09/22(土) 00:25:54|
  2. ニワトリ
  3. | コメント:14

ニワトリ増える

12月9日(土)晴れ 最高気温 0度 最低気温 -4度

ついこの前までの寒波を思うと、なんと過ごしやすい日でしょうか。冬の間ずーっとこんな風だったらいいのに・・・・なんて。


物好きと思われるのは分かっていますが、ニワトリを増やしてしまいました。地元の新聞に「1歳のニワトリ 一羽一ドル」という広告を見つけ、電話をして15羽買うことにしました。

今年の春からニワトリを飼い始め、今でも20羽いて、毎日卵を10-12個産んでくれています。家で新鮮な卵が食べられればいいからと思ってはじめたニワトリですが、この夏には一日18-20個産んでくれて、とても家だけでは消費しきれませんでした。そこで卵を食べそうな近所の人に声をかけて、少しだけ売ることにしました。その一人が銀行で働く人で、毎週一度2ダースの卵を持って銀行に行く私を見て、銀行で働いているほかの人たち3人が、その人たちも欲しいといってきたのです。「じゃあ、あるだけ。秋になったらニワトリ処分すると思うからそれまで。」ということで始めたのですが、秋口になっても結構産んでくれてるし、別の小屋を改造して越冬できそうにしたので、いまだに卵は順調に売れています。

時々ほかの人からも頼まれて、自分たちで食べるのを控えることもあって(今日持っていきたいから、今朝は食べるのをやめておこうとか 笑)これじゃ本末転倒じゃあと思ったりもしました。

そういうことで、20羽も35羽もちょっと餌が増えるくらいで変わらないだろうと思って昨日買って来ました。隣町に行く途中のそれほど遠くないところで1000羽くらい飼って卵を売っている農家で、若鶏が卵を産み始めたから、古いのを600羽くらい処分したいとのことでした。電話していったときにはもう15羽ケージに入れてくれてあって、それをダンボール箱に移して連れて帰りました。移すときに足を持って逆さ吊りにされてたりして、「結構ニワトリって丈夫なのかな?」なんて思ってしまいました。

家に帰って鳥小屋に移してビックリ。かなり毛が抜けています。私のニワトリたちが寒いため鳥団子になって固まって寝ることが多いからちょっと汚いなあと思っていたのに、それどころじゃない!!あと、うちのはレッグホーンでもとさかがこのように目にかぶさっているタイプなのですが、
ニワトリ12094


今回買ったのは、トサカがピーンと立っています。
ニワトリ12095


「ちゃんと止まり木に止まるから」と教えてくれましたが、うちにいるのは全く止まり木に止まらないので小屋から取ってしまってあります。朝行ったらまたまたビックリ。

フラミンゴですか?(乗っているのは餌を入れるドラム缶)
ニワトリ12091


このままローストチキンにできそう。
ニワトリ12092


そして極め付きはこれ!

ニワトリ12093

怪鳥現る! こんな恐竜いませんでした?

15羽お願いしたけど、「一羽おまけしておいたから」って言ってたけど、もしかしてこれのこと?みんなほんとに卵産んでくれるんでしょうねえ?? 頼むよ、これで新しい車買うんだから(笑)

最後にもう一度(笑)
ニワトリ12096




  1. 2006/12/10(日) 08:11:09|
  2. ニワトリ
  3. | コメント:25

出産介助(?)

11月30日(木)晴れのち雪 最高気温 -12度 最低気温 -25度

何の出産介助でしょうか?牛ではありません。

昨日晴れたなと思ったらどんどん気温が下がり、朝見たら、マイナス25度でした。スクールバスが玄関のところまできてくれることになったので、子供たちは寒い中でバスを待たずにすみました(道の状態などによって遅れることもあるので、冬の間家の中で待っていられるのはありがたいです)。

一足先に出かけた私ですが、夕べからブロックヒーターをつないでおいたのでこんな寒い中でもエンジンがかかってくれる1987年製の45万キロ走っている車にも感謝です。

今日気温はマイナス11度くらいまで上がるといわれていて、朝の様子からしたらとても信じられないと思っていましたが、午後になって気温が上がったと思ったらまた雪が降り出しました。全くもう。

とにかく、お昼前に家に帰ってきてニワトリの小屋の掃除をしたり、卵を取ったり、水を追加したりして私がバタバタとしているのにもかかわらず、一羽じっと目をつぶったまま動かないニワトリがいました。トサカは鮮紅色をしていましたが、どこか具合が悪いのかなと思って持ち上げてみると、お尻から卵が半分はみ出したままつっかえたようになっていました。ニワトリは逃げようともがきましたが、卵の先端にはちょっと乾いた血のような赤いものがついていてしばらくこのままでいた様子がうかがわれました。「詰まっちゃったのかな?」と思って腹部を片手でちょっと締め付けるようにしてもう片方の手で卵をつまんで引っ張り出そうとしたら、すぐにポロッと取れました。ちょっと粘液とか出ていて、子宮脱っぽい感じもしたので心配でしたが、そのあと見に行ったら少し餌を食べていたので大丈夫だといいなと思います(それか、駄目なら潔く逝ってもらいたい)。

この取れた卵ですが、とがった方からではなく、丸まった方が先に出てきた(つっかえていた)ので、「もしかして逆子だったから自力で産めなかったのかな?」と思ったのですが、夕食のときに(あとから思えば悪いタイミングだった)グレッグに聞いてみたら、「僕が思うに丸っこい方から先に出てくると思う。」と言って、ここでは書きたくないような食事時にとんでもない例えを持ち出して説明してくれました。

その後、卵がどういう向きででてくるのか気になってインターネットで検索したりしましたが、そんな情報どこにも見つけることができませんでした。赤ちゃんも一番大きい頭が先にうまれるのだから、卵ももしかしたら丸っこいほうから出てくるのかもしれませんが、卵の形からしたら、とがっている方から徐々に出てきたほうが楽なような気がします。誰か知っている人がいたら教えてください。


  1. 2006/12/01(金) 13:14:06|
  2. ニワトリ
  3. | コメント:17
前のページ 次のページ

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。