カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アビーのお母さん出産

ミルクやり

6月8日(木)晴れ 最高気温 +14度 最低気温 +8度

今日は風が冷たい一日で夕方とても冷え込んだため、私はまた冬のジャケットと毛糸の帽子を出してしまいました。

去年の夏アビーちゃんが母牛に見捨てられて哺乳瓶で育てる羽目になったのですが、その原因が究明しました。

アビーちゃんのお母さん(E4)が出産しそうだとグレッグが言ってきたのが午後4時ごろ。グレッグはほかに用事があったため私が代わりに様子をみることにしました。4時12分にはもう足が出ていて、私がほかの牛たちをチェックするために放牧地をぐるっとしてきて4時25分に戻ってきたらもう子牛は生まれていました。

でも様子が何だか変だったのです。普通だったら母親は子牛をぺろぺろ舐めて乾かすのに、この牛はムームーと母親独特の低い声で鳴いてはいるものの、子牛を舐めるために近づこうとしないのです。子牛が起き上がろうとしてもがいたりしているのに驚いているのか、ビクビクッとしていたと思ったら、いきなりド突いた!!ちょっとちょっと待ってよ!と思いながらみていたら、またもう一度。急いでグレッグを呼びに言って、グレッグが来る前にオーツ麦を持ってきて子牛の体にかけて、残りを子牛の前の地面に少しこぼしました。もしかしたら、オーツがくっついている子牛を舐めるんじゃないかと期待したからです。でも・・・・期待は見事に裏切られ、全く子牛を舐めません。

グレッグが来てからもまた一度子牛に頭突きしたので、子牛をそりに乗せて引っ張って柵の方に行けば(ポチのいるところ)母親もついて来るんじゃないか?ということで、四輪バギーとそりを持ちに行きました。

バギーに乗って戻ってきたら、母親はミルクを飲もうと思って立ち上がり近くに来た子牛(それは本能的なもの)に3回くらい頭突きしていて、「このままじゃ子牛が殺される」ということで、子牛をそりに乗せて引っぱってきました。普通だったら子牛の後をついてくるはずなのに、全く知らん顔で、グレッグが後ろから追い立てようとしても途中で向きを変えて走って逃げてしまうのです。

風が吹いていて寒かったため子牛だけは柵の中に入れて、袋入りの初乳を溶かして飲ませました。

この牛E4にとってはこれが3匹目の子牛で、最初の子牛はちゃんと面倒を見たのに、何で去年と今年とこんな風なんでしょうか?もし明日になっても子牛を受け付けないようなら、今年の夏にお肉屋行きになるという結論に達しました。こんな牛見たことない。何がいけないんでしょうか?????





スポンサーサイト
  1. 2006/06/09(金) 16:31:51|
  2. | コメント:5
<<観那 9歳 | ホーム | 昨日の出来事>>

コメント

いろいろあって大変な毎日。大変ですねー。ご苦労様としか言えない私たち・・・・・
せめて、もっと早く寝たら?
しっかり休養をとって下さい。
  1. 2006/06/09(金) 21:38:22 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

牛のお母さんもさまざまですね。でも、母親の愛っていうのは人間も牛もかわらないんだなぁーと私がステイしたときに実感しました。
頭突きされてしまった子牛が元気に育つこと祈ってます。

私は社会学部にはいりたいと思います。うかれば是非SKに行きたいと思っています。まぁ受かればなんですけど(笑)
3月から4月くらいにいけば子牛の出産に立ち会えるので楽しみです。
blog楽しくよませていただいています。SKの様子がしれて嬉しいですヾ(♥ó㉨ò)ノ♡
  1. 2006/06/09(金) 21:42:35 |
  2. URL |
  3. さち #DyvHNWwk
  4. [ 編集]

う~ん、母性本能無いタイプなんでしょうね。めんどくさいというか。
かわいそうだけど、こりゃやっぱりお肉屋行きですかねぇ。
良い子を産んでくれるのはありがたいけど、舎飼いのホルなんかと違って、ミルク絞ってあげるのは一苦労ですものね。
牛の子育てもホントさまざまで、聞いているだけの方は楽しいですけど、Junkoさんたちはあれこれ気をもまないといけないから、大変ですよね。
まだあと少し出産ラッシュは続くのかな。がんばってくださいね!
それにしても早くまた暖かくなってほしいですね(蚊はイヤだけど)。
  1. 2006/06/11(日) 05:52:38 |
  2. URL |
  3. じゃすみん #-
  4. [ 編集]

さちさんへ

ブログ読んでくれてどうもありがとうございます。頭突きされた子牛は結局哺乳瓶育ちです。お母さん牛ったら本当にすごい勢いで頭突きして、子牛ころころ転がっちゃったんですよ。生まれたばかりなのにひどい仕打ちですよね。

大学受験のために早くから準備しないといけないから大変だとは思うけど、頑張ってください。来春ぜひお会いしたいです。
  1. 2006/06/12(月) 01:20:51 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

じゃすみんさんへ

ほんと、このお母さんひどいんですよ。でも最初の子牛はちゃんと育てたのに・・・・そこが不可解なところなんです。何ででしょうねえ?

出産は三分の二ぐらい終わったところです。そろそろ夏かな?と思いきや、また雨ですね。それもとても冷たい雨で、家ではまた暖房つけています。からっとしたサスカチュワンの夏が待ち遠しい(といって、来たら来たで暑すぎと文句言いそう)。
  1. 2006/06/12(月) 01:26:18 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。