カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雨まだ続く

水浸しの畑

5月29日(月)雨

これは、田んぼではありません。すっかり水浸しになってしまった家の裏の大麦畑です。

先週水曜日に20mm、金曜日に28mm雨が降り、昨日と今日で39mm降りました。今日も激しく降っているかとても激しく降っているのどちらかで、ここまで来るともうたくさんです、お願いだからやんでくれ~といった感じです。

私の野菜畑もすっかり水没してしまっているし、放牧地にいる牛たちもずぶ濡れでかわいそうです。今朝、ほんの少しだけやんだ時には、子牛たちは放牧地中を走り回っていました。

天気予報では明日から回復すると言っていますが、全く当てにならないカナダの気象庁のことですから、実際明日になってみないと分かりません。

まだ種蒔きが終わっていない農家もあることですし、水浸しになってしまって育たない(あるいは穀物が病気になってしまう)畑もあるかもしれません。農業は自然相手なのでどうしようもないですが、愚痴を言いたくもなります。

でもこんな中、夜8時過ぎ、良い子はみんな寝ているような時間にフードつきのレインコートをかぶって自転車で庭を走り回っている二人組みがいます。わだちがつくのが面白いのか、水を跳ね上げるのが楽しいのか良く分かりませんが、なんだか雨が降ると一段と元気になります。


スポンサーサイト
  1. 2006/05/30(火) 12:48:10|
  2. 天気
  3. | コメント:3
<<蚊 出現 | ホーム | フロスティー>>

コメント

日本では、子供は風の子と言うんだけど、所変われば雨の子なんだねー。まあ、元気でなにより。

バナナを4本?5本?もうなずけますね。
  1. 2006/05/30(火) 16:29:08 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

A&Mさんへ

子供は風の子という表現で思い出すのですが、風の日が好きだったわけではなく、子供だって寒くていやなのに、大人だけ暖かいところにいて「ほらほら、子供は風の子だから」とかいって、無理やり外へ出されたような記憶があるのですが・・・・
  1. 2006/05/31(水) 12:00:03 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

追い出した記憶は無いんだけど!!
都合の悪い事は思い出さない事にしよう。
でもその当時、家の中も外もあまり温度差は無かったと思うよ。隙間がいっぱいの家だったから。
  1. 2006/05/31(水) 14:59:58 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。