カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近の出来事その2-学校の手伝い5/11

ピニャタを割る

5月13日(土)

上の娘のクラス(小学校2/3年合同)の社会の授業でいろいろな国について学んでいます。これまでメキシコ、ブラジル、オーストラリア、ナイジェリア、ケニア、中国、そして日本について勉強しました。5/11(木)はその総まとめの日で、クラス13人を4つのグループに分け、4つのコーナーでいろいろなことをしました。中国のコーナーではアルミホイルで船を作って競争をするドラゴンボートレース、ナイジェリアのコーナーでは顔に模様を描いてきれいにデザインされた布を頭に巻き、クッキングコーナーではいろいろな国のデザートを作り、日本のコーナーではもちろん折り紙をしました。

私を含め4人の親がボランティアをし、各コーナーを担当しました。折り紙でいぬ、ネコ、ウサギ、家、コップを作りました。グループが少人数だったおかげでみんなに目が届き、上手に作ることができました。でも、日本の子供たちはいつ頃鶴などを折れるようになるのだろう?と疑問に思いました。今日見た限りでは、「キチンと折る」とか「角を合わせる」とか言うことがとても難しいようで、今日折ったものから一歩進むのはかなりすごい努力が必要な感じがしたけど。

その後みんなでメキシコのコーナーに行き、ピニャタと呼ばれる中にお菓子などの入った張りぼてをたたいて割るゲームをしました。グループごとにピニャタを作ってあって、一人二回ずつバットを振りましたが、すいか割りと同じように、全然関係ないところで振り回している子供もいて、とても楽しかったです。

最後にみんなで作ったデザートを食べ、みんなとても満足げでした。
やっぱり、自分で何かを作るということは充足感を与えてくれるなと思いました。



スポンサーサイト
  1. 2006/05/14(日) 13:33:23|
  2. 子供
  3. | コメント:1
<<子牛の出産続く | ホーム | 最近の出来事その1-両親帰る(5/10)>>

コメント

沢山の国のことを勉強するのですね。
珍しいことがあって楽しそうですね。
  1. 2006/05/14(日) 19:28:49 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。