カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近の出来事その1-両親帰る(5/10)

畑で休む雁の群れ

5月13日(土)曇り/雨 最高気温+13度 最低気温 +5度

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。

5月10日(水)、日本から訪ねて来てくれた両親が帰国しました。朝4時半に家を出て空港に向かいました。始めの30分くらいものすごく深い霧で、センターラインと路肩の線は見えましたが、周りを見ようとすると少し混乱してしまうような感覚に襲われました。このままずっとサスカトゥーンまで霧だったらどうしようと不安でしたが、日の出とともにものすごくあっさりと消え去ってしまい、ほっとしました。

10日前両親たちを迎えにサスカトゥーンに行ったときと比べ、明らかに緑が増え、色も濃くなっていました。しかし畑のぬかるみ具合はあまり変化がなく、三箇所ほどの畑が大きな池になっていて、そこに北へ移動中のスノーギース、カナダギースと呼ばれる雁の群れがたくさん集まって休んでいました。空港へ向かうときは少しスピードを落として見ただけでしたが、帰りにこの写真をとろうと止まって窓をあけたら、ガアガアというものすごい鳴き声の合唱に圧倒されました。

5/5(金)に妹たちを送っていったときには、私のぼろい車だと空港までたどり着けないかもしれないと言う不安があってトラックで行きましたが、「微振動がある」「やかましい(ディーゼル車なのでよけいに)」「シートのすわり心地が悪い(ボロ車のほうがまだマシ)」という指摘があり、「お父さんたちにはトラックに三時間乗るのは無理。別に会社に行かなくちゃいけないとか言うわけじゃないし、途中で車が壊れたらもう少し長く滞在してもらえばいいんじゃないの?」と言う無責任な(親の体を思っての?)娘たちの結論により、私の車で行くことにしましたがばっちり無事に着きました。

帰りに少し疲れてきたのでどこかで休もうと思い、「向こうにメルフォートの町の穀物貯蔵庫が見えてきたから、その近くのガソリンスタンドの駐車場で止まろう。もう一頑張りだな。」と思いながら走っていたら、標識に「メルフォート 26km」とかいてあったので、「え?まだそんなにあるの~?」と気が遠くなりそうでした。でもそのすぐ近くに写真の鳥たちがいたので、写真をとっていたら(声を聞いていたら?)すっかり眠気も覚めてしまいました。

家に帰ってみたら、朝からの食器が出しっぱなしで(私の母は家を出る寸前までおにぎりを作るのに使ったボウルなどを洗ってくれていたのに)、家は散らかり放題で、洗濯物はたまっていて、一気に現実に引き戻されてしまった。

我が家を出てからちょうど26時間後に無事家についたとの連絡がありました。すごい長旅で大変だったと思うけど、同時になんだかあっけない感じもしました。子供たちも忘れかけていた日本語をだいぶ取り戻したようで、本当によかったです。今度はいつ来てもらえるかな?
スポンサーサイト
  1. 2006/05/14(日) 12:59:59|
  2. 日常
  3. | コメント:1
<<最近の出来事その2-学校の手伝い5/11 | ホーム | カナダでの日本食>>

コメント

半月ほどの間に三回もドライブでお疲れさんでした。バンクーバーでお握りを食べていたらうらやましそうに見ながら通る人がいました。きっと日本人だね。おいしかっですよ。
  1. 2006/05/14(日) 19:22:53 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。