カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子牛の出産始まる

子牛ケアセット一式

5月6日(土)晴れ・曇り

今朝もう一匹子牛が生まれていました。昨日の午後見に行ったときはもうそろそろだなあと思ったくらいでしたが、そんなにすぐ産むとは思いませんでした。様子からすると、たぶん昨夜遅く生まれたと思います。早速子牛ケアセット一式を持って見に行ってきました。雄牛だったので、まず写真真ん中の去勢用輪ゴムをはめ、次に角があるかチェックしました。もし有角なら生まれたときから頭に角の素になる出っ張りがあるため、そこに写真左の除角ペーストを塗ります。(今日の子牛はなかったため何もせず)最後に写真右の耳標をつけて終わり。作業そのものは1分もかからないのですが、睾丸が二つともちゃんと降りているかとか、角の素になる出っ張りがあるかどうかとか確認するのに時間をかけています。

今日の子牛はとても活発でうろうろ母牛の周りを歩き回っていて、母牛も草を食べたり、子牛をなめたりしてじっとしていなかったので、子牛が横になるまで20分くらいそこで待っていました。

昨日妹夫妻を空港に送っていきました。朝早かったので、道端に鹿がいて、今回野生動物をあまり見なかった妹はとても喜んでいました。その後ハイウェーの脇の畑の大きな水たまりに白鳥が6羽も休んでいて、本当にびっくりしました。初めて見た!スノーギースと呼ばれる白い雁はよく見かけるのですが、昨日見たのは首が曲がって、くちばしのもとが黒い本物の白鳥でした。

帰ってきて夕方になったら、グレッグが隣の畑(牛がいるのとは反対側のほう)を見て、「何か黒いものが二匹いる!」といったので双眼鏡を出してみたら、何と熊でした。家から700mくらい離れたところでしたが、丸々した熊が走っていました。

その後、夕食を取っているときには同じ畑のもう少し近いところに二匹のエルクが草を食べていました。全く回りを警戒する様子もなく、15分くらいそうしていましたが、夕食を終えた娘たちが庭でトランポリンをはじめたら(本人たちによると消化にいいらしい)時々顔を上げて「何だ、あの音と姿は?」と思っているようでした。

その後、地元出身のカントリーミュージックの歌手(デビューしたばかり)が
図書館の資金集めのためにコンサートを開いたのでみんなで行ってきました。子供たちがたくさん来ていて、「みんな踊って!」と言われ、のりのりで踊っていました(特にうちの上の娘はすごかった)。両親は、「日本でレコード売ってたら買うからね。」と言っていました。

去年種牛を雌牛たちと一緒にしたのが7月28日だったので、計算すると5月4日から出産が始まる予定です。今朝放牧地を見回ったら二頭くらいもうすぐ子牛を産みそうな感じになっていました。



スポンサーサイト
  1. 2006/05/07(日) 02:10:36|
  2. | コメント:4
<<カナダでの日本食 | ホーム | 家族の訪問>>

コメント

はじめまして。

はじめまして。最近ブログを始めましたAKIと
申します。すこしジャンルが違うかもしれませんが。ブログランキングから来ました。

一応自分は現在カナダに留学しています。

自分も一回はファームステイをしてみたいなんて思ってます。
子供の頃一度、牛の出産を手伝いました。
なんかのファーム学校だったと思います。

本当に大変だった記憶があります。
でも自然の中で動物の世話は憧れます。
そんなあまいものではないんでしょうが。

それでは。また遊びに来ます。





  1. 2006/05/07(日) 18:40:12 |
  2. URL |
  3. Aki@留学生が挑戦するブログアフ #-
  4. [ 編集]

出産が始まって忙しくなりますね。でもうれしい季節でしょうか?私の農場では出産は年中あるので、季節感がないです。
  1. 2006/05/07(日) 20:06:35 |
  2. URL |
  3. cowbell #bV.rN02k
  4. [ 編集]

AKIさんへ

はじめまして。コメントありがとうございました。ブログランキングからということでしたが、どのようにして私のブログを見つけたのでしょうか?自分では全く見つけられませんでしたが。また使い方を教えてください。お願いします。
  1. 2006/05/08(月) 13:13:31 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

COWBELLさんへ

コメントありがとうございました。ご指摘いただいたとおり、子牛の出産の時期は不安もありますがとても楽しい時期でもあります。

酪農をなさっている方は、年中牛乳を供給しなくてはならないから、一年中出産に立ち会っていらっしゃるわけですよね。それもまた大変だなあと思います。
  1. 2006/05/08(月) 13:16:06 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。