カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雪解けラッシュ

道路にあふれた水

3月10日(月)晴れ 最高温度+12度 最低温度 -1度

先週の土曜日辺りから、雪解けのスピードが増してきました。家から100mくらい行ったところが上の写真のように少しくぼんでいるのですが、地中の土管がまだ凍ってふさがっていたため、雪解け水が道路の上を流れるようになってしまいました。昨日見に行ったときには、端のほうが少し削られているだけでしたが、今朝行ったら、道路の幅半分ぐらいから削られ始めていて、このまま行ったら道が流されてしまう可能性がありました。私たちの家からは、この道を通ってしかどこへもいけないので、流されたらちょっと困ります。

昨日道路整備をしてくれるおじさん(除雪車のおじさん)に電話をして、様子を報告したら、早速見に来てくれて、水蒸気を注入して土管の氷を溶かす機械を手配してくれるといってくれました。今朝10時ごろグレッグが出かけたときちょうどその機械がきていて、3時ごろまでには土管の中を水が流れるようになっていました。よかった。

ここから1時間くらい行ったアーバーフィールドという町は、ずいぶん低いところにあり、去年の大水で二回も浸水被害がありました。今朝のラジオで、雪解け水でまた洪水になるかもしれないと勧告が出ていました。

春になって、いろいろな動物が見れます。朝起きると何十羽というすずめのような鳥がチュンチュンいいながら地面をつついていて、ネコのブラッキーはそれを家の中からうらやましそうにじっと見つめています。リスも木登りをはじめたし、おかあさんネコはねずみを2匹も捕まえました。子牛の様子を見に放牧地まで行ったときには、北へ向かっていく雁の群れが大きな水溜りの中で休んでいました。毎日20匹近くの鹿たちが餌を食べに来て、頭で突付きあって喧嘩したりしてかわいいです。犬のチビも野ねずみと格闘して(野ネズミは小さいけどファイティングスピリットがある)、見事つかまえました。

明日は少し雨が降る予定です。こうなったら、早く雪が全部解けて、本格的な春になってほしいです。

ウェブサイトに、春の写真を追加しました。ちょうど、きれいでない時期ですが、まあ仕方ないですね。


スポンサーサイト
  1. 2006/04/11(火) 22:08:54|
  2. 天気
  3. | コメント:1
<<新しい種牛の到着 | ホーム | おりこうな子牛>>

コメント

雪が解ければ解けたで大変ですね!
泥んことの戦いもまだ終わらないのですか?
  1. 2006/04/12(水) 17:48:26 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。