カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

早すぎる子牛ちゃん



4月3日(月)晴れ 最高気温 +6度 最低気温 -5度

これでも雪解けが進んでいて、前に比べたらフェンスの杭がだいぶ見えるようになり、毎日トラクターで通るところだけひどくぬかるんでいます。

しばらく前からD11(牛の番号)がもうすぐ子牛を産みそうな感じだったので、ずっと気にしていました。この牛は去年の春流産してしまい、種牛が思わぬときに交配してしまったのです。ほかの牛たちの子牛の出産は5月の中旬から始まるのに、困ったなあと思っていました。先週の土曜日の夕方5時ごろ、グレッグがトラクターで餌をやりに行ったらD11が麦わらの上で休んでいたので、近くまで見に行ったら両前足の先が5cmくらい見えていたらしいのです。しばらく様子を見ていましたが全く進展しないので一度家に帰ってきて、今度は7時半頃私が見に行きました。牛たちのいるところは家から1.2kmくらい離れているので、行くだけでも20分位かかります。(道があまりにもぬかるんでいるので四輪のバギーでも行けないので、歩くしか方法がない)さっきとほとんど様子が変わっていず、あまりいきむ様子もなかったので、もしかして頭の位置が悪いのではと心配しました。(普通だったら、水泳の飛び込みのように前足と鼻の先から出てくる)

去年の夏牛舎を取り壊してしまい、建て替えていないので、拘束することもできず、この牛はペットの牛ではないためあまりなついていず近くに行くと後ずさりして逃げてしまうので、手を入れて確認することもできません。結局9時過ぎまで見てましたが、変わりがないのでもう少し時間を置くことにしました。

10時過ぎになってグレッグがもう一度行き、真夜中近くになって戻ってきたと思ったら、みんなが水を飲みに来てその牛も子牛の足が後ろから8cmくらいでたままずっと歩いて戻ってきたというのです。深い雪の中を何時間も牛と一緒に歩いて、牛は大丈夫かと心配にはなるし、いいかげんにしてほしいとうんざりするしで、「まだ水呑場にいるから見たければ見に行けば?」という感じでした。行ってみたら、柵の近くで横になっていて、ちょうど私に後ろを向けていたので素早く手を入れたら、鼻の先に触ったのです。とりあえずこれで位置は正しいことが確認されたので、少し安心しました。

翌朝早く見に行ったら(また1.2km先まで戻っていってた)子牛が生まれていました。母親は子牛のことをなめて乾かしてやっていて、一応母親という自意識はあるようでした。種牛は有角のシメンタールという種類だったので子牛にも頭に角のもとになる小さな出っ張りがあり、四角張った頭をしていました。(無角の牛は頭の先が割ととんがっている)だから、産むのに手間取ったのかもしれません。その出っ張ったところに角が生えないようにするクリームを塗り、去勢用のゴムバンドをしました。

昨日はそのまま親子水入らずで過ごしたのですが、今日になったら母親が群れと一緒に水を飲みに来ようとしたとき、途中ではぐれてしまったようで、除雪された道のひとつにぼんやりと立っていました。母親のところまで連れて行こうと思ったのですが、ものすごく強情で動こうとしないのです。しばらくしたら母親が迎えに来て、そうしたらそのあとをおとなしくついていきました。

無事に育ってくれるといいです。明日でも写真をとりたいと思っています。

スポンサーサイト
  1. 2006/04/04(火) 13:58:29|
  2. | コメント:6
<<ぼんやりの子牛 | ホーム | 子供部屋>>

コメント

牛の赤ちゃん 元気に育ってくれるといいですね。
それにしても、牛も淳子さんも、たくましいね。
そこで育てられる牛たちは、本当に幸せものだと思います。
  1. 2006/04/04(火) 17:46:31 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

本当にたくましい。農業生活も長くなって、もう何がおきても大丈夫という感じですね。頼もし~い!
日本に比べてここはめちゃくちゃカントリーだなーと思うことが多々あるのですが、Junkoさんのダイアリーを見ると、私がいかに便利に暮してるかを思い知らされます。これからもがんばってね。
  1. 2006/04/07(金) 12:21:23 |
  2. URL |
  3. Maki #-
  4. [ 編集]

Makiさん、こんにちは。私全然たくましくないよ~!!不便なだけ。何やるにもやたら時間かかるし。

たまに、ピザのデリバリーでもないかしらとか思うんだけど、ないんだよねー、これが。(あたりまえ・・・)
  1. 2006/04/07(金) 12:32:04 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

ブログのコメントありがとうございましたe-420
嬉しくなって早速おじゃましています。
HPのお写真もすっごくキレイで一人で感嘆の声をあげていました。
うちの牧場と比べたらすごい力強い赤ちゃん子牛だなって感じました。元気に育ってほしいですね。

またおじゃまします。
リンクさせてもらってもいいですかv-362
  1. 2006/04/07(金) 12:54:56 |
  2. URL |
  3. まみっこ #ncVW9ZjY
  4. [ 編集]

早速

今年の第1号が誕生したんですね~!
無事出産できたようで、なによりですね。おめでとうございます!
それにしてもやっぱり日本の管理された飼育とは全然違いますね~。でもそうやって自然に近い形で育てられるのって本当に理想的だと思います。
ただ寒くなると放牧では子牛ちゃん達には厳しいでしょうから、こらから寒くならないといいですね~。
生まれたてのカワイイ子牛にチュパチュパされたいなぁ。いいなぁ・・・、あ、でもこの子牛ちゃんはママ牛と一緒にいるから、あまり人なつこくはならないのかな。

Saskatoonはぐんぐん雪が溶けて、うちの庭もあんなに雪が深かったのに、もう半分以上地面が見えています。春ですね~。
  1. 2006/04/07(金) 14:28:06 |
  2. URL |
  3. じゃすみん #-
  4. [ 編集]

じゃすみんさん、この子牛人なつっこくなっちゃうかもしれない・・・・ 

お母さん牛に見放されてるとか、ミルクが出ないとかならともかく、すぐそこにあるのにピンと来ないなんて。お願い!何とか見つけて!!と毎日祈っているのです。
  1. 2006/04/07(金) 15:04:30 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。