カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サスカチュワンの春その2

雪解けの始まり

3月28日(火)晴れ 最高気温 +10度 最低気温 -2度

前回から三日しか経っていないのに、気温がずいぶん上がりました。朝も6時前から明るくなって、夜暗くなるのは8時ごろです。冬至のころ、朝9時近くになってやっと明るくなり、午後4時過ぎると薄暗くなってきていたのを思うとずいぶんな違いです。

昨日の朝4時ごろ、外でドスーンという大きな音がして、もしかしたらこれはと思ったら、やはり屋根の雪がすべり落ちた音でした。犬やネコが下敷きになっていないか心配したのですが、夜だったのが幸いして、みんな無事でした。そのときは西側の雪が全部落ちたのですが、午後になって東側の雪がみんな滑り落ちました。これで屋根が壊れる心配はありません。

近くの農家の人の、農機具がしまってある大きな倉庫(16mx33m)の屋根が雪の重さで壊れてしまったそうです。農機具には保険がかけてありましたが、倉庫の保険は包括保険にもかかわらず、雪による被害は除外されているというのです。鉄骨の建物なのに、火事の場合はカバーされて、雪はカバーされないというのも変なものです。雪によるダメージを保険でカバーするなら、別に保険料を払わなくてはいけないということでした。そういうことはみんな知っているのでしょうか。何かひどい感じ。

気温が緩やかに上昇しているため、雪解けはまだ始まったばかりです。これで急にプラス20度とかになったりすると大変なことになると思いますが、今くらいにゆっくり進んでくれたら対処できるかもという感じです。子供たちは庭の水たまりで遊んで大喜びでした。




スポンサーサイト
  1. 2006/03/29(水) 14:21:15|
  2. 天気
  3. | コメント:3
<<子供部屋 | ホーム | サスカチュワンの春その1>>

コメント

ほんの三ヶ月ばかりの間に、明るい時間が倍にもなるなんて~   さすがカナダと言うところかしら。
屋根の雪も無事?に無くなっておめでとう。一つ仕事が減ってよかったね。
  1. 2006/03/29(水) 15:09:18 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

そっちで日中10度というのは、平年より暖かいのですか?こちらもこの時期いつも洪水の心配をしないといけないので、急激な温度上昇それも雨を伴うものは恐いです。
こちらは毎日雨という天気予報ににもかかわらず、きのう朝になるとブルースカイに太陽がでていて、1日中天気が良かったです。カナダの天気予報は全くあてになりません。
  1. 2006/03/31(金) 04:08:48 |
  2. URL |
  3. Maki #-
  4. [ 編集]

春ですねぇ

本当に、毎日どんどん雪が溶けていきますね~。
うちの庭も、芝生が見え隠れし始めました。

屋根の雪は被害がなくて本当に良かったですね。
私の義姉の家でも、留守中に屋根の雪が重くなりすぎて倉庫の屋根が潰れてしまい、中のボートが壊れちゃったと言ってました。彼らもボートは保険でカバーできるはずと言ってましたが。

でもやっぱり春のこのポカポカ陽気はいいですね~!しかし町中はすでにホコリっぽくて。
早く雪解けのあとのホコリが舞う季節が過ぎて欲しいなぁ。
  1. 2006/04/01(土) 05:26:14 |
  2. URL |
  3. じゃすみん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。