カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヒヨコ庭デビュー



7月23日(木) 晴れ 

「OOデビュー」などという言葉はもう死語なのかな?

まあそれはいいとして、ヒヨコたちもだんだん大きくなってきたので、外に出すことにしました。「キツネ、タヌキやイタチに食べられる。鷹に食べられる。」などということをまわりから散々聞いていたので、しっかりした囲いがない私たちは心配でずっと小さい鳥小屋の中で飼っていたのですが、いくらなんでも手狭になってきてしまいました。外に出て新鮮な空気を吸って虫を食べたり草を食べたりしたほうがずっと健康的だし、どうしようかなと思っていたところ、友達のカルバンさんが来て、「僕のところは鳥小屋の外にベニヤ板で囲いをしてあるだけだよ。」と言ったので、「何だ、そんな簡単なものでいいのか。まあとりあえずやってみるか。」と思って近場にある材料を使って囲いを作りました。

外に出そうとして小屋の戸をあけても、みんな躊躇して全然出てくる気配がないので、100羽近く、一羽ずつ捕まえて出してやりました(笑)。

chickdoor


外に出てみたら、やっぱりうれしそう。いきなり地面に穴を掘って砂を体にかけているのもいます。「真っ白できれいなニワトリ」になるはずだったのに「茶色でホコリっぽいニワトリ」になってしまいました。

dustbath07221

このくらいになるとトサカや足の様子でオスかメスかわかるようになってくるのですが、一羽超でっかいオンドリを「ボブ」と名づけました。

カンナとボブ

bobkanna


夜になると小屋の中に入れて戸を閉めておくのですが、夕暮れに行ってもなかなか入りたがらずカンナと二人で後ろから追い立てて小屋に入れるのが一苦労だったのですが、昨日忙しかったためほとんど暗くなりかけてから行ったら、自分たちでちゃんと入っていました。えらいわね。

ロッキーシリーズに出てきた「ミスターT」と言う名前のボクサー役の人(話が古すぎてすみませんね)に似たオンドリがたくさんいます。

mrt


ヒヨコのときは目が真っ黒でとてもかわいかったのに、大きくなるにつれて目が鋭くなることが、かわいくなくなる最大の原因なのでは?

変化の途中。

chickeye

まあ、たくさん食べてたくさん動いておいしく育ってくださいますように(笑)。

chicks07222





スポンサーサイト
  1. 2009/07/24(金) 01:54:27|
  2. ニワトリ
  3. | コメント:1
<<もう少しお休み | ホーム | ニワトリその後>>

コメント

狭い所で押し合いへし合いしていた所から開放されて、さぞのんびりした事でしょう。
みんなそれぞれの格好をして、楽しそう。先を思うと、ちょっとかわいそうだけど。
美味しいお肉になることでしょう。
手のひらに乗せていた時とくらべると、あっという間に大きくなりましたね。
こちらを向いて構えている鶏、『なんか用でもあるんかい。』って野太い声で言いそうな!!!

  1. 2009/07/24(金) 16:51:38 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。