カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

牛と暮らして一番うれしいこと

6月9日(火)曇り時々雨 最高気温 +11度 最低気温 +4度

昨日のお昼ごろから久しぶりの雨になりました。今年の春はいつまでも寒い上に全く雨が降らず、放牧地や牧草地の草の伸びがとても悪く心配していたところだったので、まさに恵みの雨となりました。

しかし、子供たちは今週から水泳の練習(爆)。これではプール開きの日と全く変わらない暖かさ(と言うか「寒さ」(笑)。でも帰ってきた子供たちに聞いたら「とっても楽しかったー」だそうです。いいわね、陽気で。

さてさて、子牛の出産はおかげさまで順調にいっていて、今日までで26頭生まれました。

私にとって牛を飼っていて何が一番うれしいかということは、それまでブラシがけをさせてくれなかった牛にブラシをかけることができたときです。牛は警戒心が強く、最初はなかなかブラシをかけることができません。離乳したばかりの子牛の時期、まだ柵の中にいるときに仲良くなっていればいいのですが、一度放牧地に出してしまうとなかなか気を許してくれず、近づいていっても歩き去ってしまうことが多いのです。

出産の始まる少し前から時間のある限りできるだけ放牧地に行って牛たちにブラシをかけるようにしました。ほとんどの牛たちは私がブラシを持っていくと喜んでブラシをかけてもらうのに、「この分では一生ブラシかけられないだろうなあ」とあきらめていた4-5歳の牛たちが4頭いました。

離乳した子牛は一般的に好奇心旺盛なので、前から近づいていってしばらく手を差し出してじっとしていると、そのうちににおいをかいで、舐めて、触らせてくれるという順番で、それを何回か辛抱強く繰り返しているうちにおでこにブラシをかけることができます。そこから少し腕を伸ばして首(うなじ?)にブラシをかけ、嫌がらなければ肩にブラシをかけることもできます。最初は体の横に回られるのが嫌なようで、正面からだったらブラシをかけさせてくれても、横に動くとすぐにどこかに行ってしまいますが、それを何回か繰り返しているうちに「大丈夫なんだな」と安心してくれるようで最終的には全身にブラシをかけることができ、最後には首(のど)にブラシをかけてもらうのを目をつぶってご満悦するようになります。

なついていない大人の牛は、前から近づくとすぐに逃げてしまうので、おなかがいっぱいで放牧地に寝そべっているときに、「ハロー、グッドガール」と話しかけながら斜め後ろから近づいてお尻にブラシをかけます。そのときに立ち上がらなければ大成功。牛は結構怠慢なので、最初に「気持ちいい」と思ってしまえば動きません。

それでも最初にブラシをかけれるのは始めたところから動かずに手を伸ばして届く範囲のみ。そこから少しでも動くとすぐ立ち上がって歩き去ってしまいます。これをまた何度か繰り返し、やっぱり「大丈夫だな」と思ってもらえれば立っているときにでもブラシをかけることができるようになります(それでものどにブラシをかけることができるまでには子牛よりもずっと時間がかかると思う)。

こんな風にして、今年の春まで全く近づくことさえできなかった4-5歳の4頭の牛にブラシをかけることができたときには信じられない気持ちで、本当にうれしくなりました。

牛と仲良くなれるといいことはほかにもたくさんあります。続きはまた今度。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/09(火) 15:23:15|
  2. | コメント:8
<<牛に振り回された一週間 | ホーム | ヒヨコその後>>

コメント

あなたはよっぽど牛が好きなんですねー。
私だったら「ブラシかけられるの嫌い。」って言えばすぐパスして一手間省こうとするんだけどなー。
幸せな牛達ですね。
待望の雨が降って緑一色になるんでしょうね。
  1. 2009/06/10(水) 16:02:00 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

オイラは立ち去る牛を追いかけ、更に嫌がられる・・・というパターンですが。。。
首すじとかゴシゴシしてるとき、「ん~~、そこそこ。」っていうかんじで首伸ばしてる牛の表情はいいよね~~。
  1. 2009/06/10(水) 16:30:26 |
  2. URL |
  3. Beko #-
  4. [ 編集]

私が一番うれしいのは

牛たちがみんな一斉に飼槽に顔を突っ込んでもくもくむしゃむしゃ餌に食いついている時v-238
具合の悪い牛もいなくて、食欲があって、好みの餌を給餌できているときはうれしいなぁ~♪

もちろん妊娠鑑定で受胎が確認された時も、ミルクを飲ませた後にグルグル私の周りをすりすりしながら寄って来る子牛もかわいいv-10
が・・・・

そのまま大きくなると肥育期間中に自分が危険v-40
  1. 2009/06/11(木) 15:15:23 |
  2. URL |
  3. おかん #H3HDo6sQ
  4. [ 編集]

こんにちは。
すてきな日記でした。ブラシかけ、楽しいですよね。
個人的には「ハロー、グッドガール」って呼びかけがかわいいなと…。英語ではふつうの感じなんでしょうけど。
考えたら、そういうふうに牛一頭に対して話しかけてる農家さんって、意外と少ないかも、、はい、とか、おい、とかいう呼びかけはしても。
仕事さきで、お姉さん、とか、お母さん、とか牛に呼びかけている農家さんがいて、私もすっかりうつってしまいました。
  1. 2009/06/19(金) 09:54:23 |
  2. URL |
  3. とみ #-
  4. [ 編集]

A&Mさんへ

牛、最高になごむ動物ですよ。「ブラシかけれた!」と言うときの達成感(ちょっと大げさ?)も最高です♪
  1. 2009/06/22(月) 04:19:55 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

Bekoさんへ

私も「何でえ、いいじゃんー」って無理やり後を追っていって嫌がられることよくあります(笑)

あの恍惚の表情、たまらないよねえ(笑)
  1. 2009/06/22(月) 04:23:15 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

おかんさんへ

みんなそれぞれうれしいことがありますよね。

でも大きくなった牛に「もっとブラシかけろ!」と強要されるのはイヤですよね(笑)。たぶん本人はまだ子牛のつもりなんだけど、大きいんだから危ないよねえ。
  1. 2009/06/22(月) 04:26:49 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

とみさんへ

ブラシかけ、やっぱり楽しいですよね。

私は牛にいつも話しかけているような気がします。ブラシをかけながらも、「元気?気持ちいい?もっとかけてほしい?」とか、常に何か言ってますね。うるさいって思われてるかも(笑)
  1. 2009/06/22(月) 04:28:54 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。