カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さよなら、ブラッキー

5月30日(土) 晴れ 最高気温 +22度 最低気温 +1.1度

夕べは霜警報が降りていて、家庭菜園に植えたトマトやとうもろこし(早く収穫できるように家の中で発芽させて畑に移植した。思惑通りにうまくいくといいけど)にビニールシートをかけたりして心配しましたが、幸いなことに+1度まで下がっただけでした。農家のほとんども例年に比べてとても遅い種まきをやっとの思いで終わっていてそろそろ芽が出始めているこの時期の霜は、大変なダメージになります。

家の中で飼っている三本足のネコのブラッキーを亡くしてしまいました。この前の日曜日になんだかトイレ用の箱の中にじっと座っていることが多く、箱から出てきても何も出ていず、また入っていくのです。しばらくしたら姿がどこにも見えなかったので心配になって探し回りました。普通だったら名前を呼べば必ず走って来るのに、全く返事もなく、どこに行ってしまったのだろうと家中を探していたら、地下の予備のベッドルームに敷いてある寝袋の中にじっとしていました。

その後ずっと元気がなく、2回ほど吐いたりしたので翌月曜日の朝に獣医さんに電話してみました。何かあるときにはお世話になっているケルビントンの獣医さんに説明したら、「尿に結晶があって管を通らなくなっているようだ(尿閉塞)。早く尿管を開いてやらないといけないのだけど、自分はほかの仕事で手が回らないから別の獣医さんに頼んでもらうしかない」といわれ、ここから1時間ちょっとしたところのニパウィンの獣医さんに連れて行きました。

一日預けて翌日電話したら、「やはり尿管が詰まっていたので管を差し入れて導尿した。検尿したらかなりの血が混じっていて、いろいろなバクテリアも入っていた。管を入れたまま一晩置いたのでずっと尿がぽたぽたと出ていて、今日は水も飲んで尿も澄んでいるから、ここにこのまま預かっていてもいいけど、家に連れて行っても大丈夫ですよ。」といわれ、迎えに行くことにしました。

車に乗るのをいつもは嫌がって落ち着きなく動いたりするのにその日はじっとしたまま時々切なそうに「ニャー」とないていました。

結局尿毒症にかかっていたらしく、何でこんなことになったか聞いてみたら、「まず去勢したオス猫はかかりやすい、ストレス、激しい気温の変化、食事の影響(缶詰の魚は悪いらしい。「ツナ好きみたいで、ツナ缶を開けたときの水を喜んで飲む。」といったら、えらく叱られた。一ヶ月に一度あるかないかなんですけど・・・・といっても、それはいけないことだと言われた。)、体質、水分不足、運動不足・・・・」などなど要因はいろいろあってこれだ!と決めるのは難しいらしいのです。

これは慢性的な病気になりやすいらしく(特に去勢オス)、これからは特別な餌を与えて食餌療法をしていけば再発を防げるかもしれないと言われたのですが、家に帰ってきてからも水は少しなめるものの、餌は全然食べないのです。

薬を無理やり飲ませ、様子を見ていたのですが、だんだん体力もなくなってきているようで、カンナも「なんだか生きる気力をなくしてしまったみたい」と言っていました。木曜日の夕方には体温も低くなっていて、時々大きな声で鳴いて見ていて気の毒でした。「どの位すれば快方に向かうんだろう?」と思っていたのですが、金曜日の朝3時ごろひときわ大きな声で鳴いて起こされました。

あまりに気の毒で、ブラッキーを抱いてインターネットで尿毒症について見ていたら、ブラッキーの示している症状が末期に近いような様子で、そのあとは痙攣、昏睡状態、そして死亡することがままあるらしいのです。今までずーっと元気だったのに、何で急にこんなことになってしまったのかかわいそうでかわいそうでたまりませんでした。

朝になってまた獣医に電話して様子が回復していない旨を告げ、この後どうしたら言いかと聞くと、「5-10日間くらい入院して点滴を打ちながら治療をする」と言われたのですが、それにかかる費用は(私たちにとって)膨大だし、その時点では腎臓機能が侵されているかどうかの検査をしていないからその結果も別料金で翌週まで待たないとわからないし、それで必ず直るという保証もないしと言うことで、いろいろ考えて安楽死をしてもらうようにお願いしました。

結局グレッグがティズデールに行く用事があったのでそちらの獣医(そのほうが近いのだけど、あまり個人的に好きではないので治療は頼まなかった)にお願いすることにしました。

自分の子供のようにかわいいブラッキーにさよならを言うのは本当につらく、カンナもマヤもとても悲しがっていましたが、仕方がないという結論になりました。

今でも家の中のソファーの上や日なたや窓辺にブラッキーがいるような気がして、「大切な人を失った人たちはみんなこういう思いをしているんだろうなあ・・・」と思ったりしています。

みんなに好かれていい人生だったと思ってくれていたらうれしいです。私たちに楽しい思い出をたくさんくれてありがとう。こんなに早く逝っちゃって寂しいけど、ブラッキーのことずっと忘れないからね。

さよなら、ブラッキー。本当にありがとう。


赤ちゃんのときのブラッキー。2003年5月生まれ
blackybaby20031

2006年の夏に足を怪我して切断したため、家の中で暮らすことになった。
blacky200612131

ブラッキーの写真は、寝ているか子供たちに抱かれているかのばかり。
blacky1221320062

獣医さんから帰ってくるときの車の中。この時点ではよくなると思っていたのに。
blacky052620091


スポンサーサイト
  1. 2009/05/31(日) 15:06:15|
  2. 犬とネコ
  3. | コメント:25
<<ヒヨコその後 | ホーム | サスカチュワンの春並みの忙しさ>>

コメント

本当に辛く悲しい決断でしたねv-409

牛だったら尿石症?&ウィルス感染による尿毒症?
先週ラジオでペットフードの特集をしていて、好物だからと言って同じものを食べ続けさせるのは良くないとか言ってましたし、同じ原材料でも価格の差があってそれは船便の保存状態による違いだとか。

お悔やみ申し上げます。
みんなの心が早く癒されますようにm(__)m

PS,うちの牛舎にブラッキーそっくりの子猫(野良)が居るけど、ご実家に送りますか?(ウソ)
  1. 2009/05/31(日) 17:08:26 |
  2. URL |
  3. おかん #H3HDo6sQ
  4. [ 編集]

ご冥福をお祈り申し上げます。

PAからです。

日記を読んでからブラッキーさんのお写真を読んで、切なくなりました。

あまりにも可愛くて、そして、長い期間、一緒に居られたのですね。お嬢様たちもがっかりでしょう・・・・。

返信有難うございます。

本当ですか!?是非、遊びに行きたいです。
実は友達から貴女様のお話を聞いた時に確か、そのテレビ番組のHPで調べて、貴女様の住んでいる町を地図で夫(カナダ人)と共に確認をしたのです!
私達には子供が居ませんので、二人でのんびり暮らしています。PAには大人の日本人は居ないと思いますが、留学生の高校生はたくさん居ます!

友達がお嬢さんたちの日本語を褒めていましたよ!

うわあ~嬉しいなあ。
PAにもいらしたのですね。
PAでも何かやったりする事があるのですね。
でもあの北京オリンピックの前に日本のソフトボールのNational Teamが来たりして、何だかすごく不思議な感じがしました。

私はPAには98年から移動しました。(Saskatoonから)

また、日記を楽しみにしています。
  1. 2009/05/31(日) 17:26:19 |
  2. URL |
  3. ff #-
  4. [ 編集]

ホームステイをさせて頂いていた時に、ブラッキーが夜部屋に来て、一緒に寝たことがありました。
のびのびとしていて、人懐っこい温かみのあるネコちゃんでした。

ご冥福をお祈りいたします。



  1. 2009/05/31(日) 17:32:00 |
  2. URL |
  3. ともこ #-
  4. [ 編集]

悲しいです。
みんなに可愛がってもらったブラキーは
幸せ者でした。
  1. 2009/05/31(日) 19:37:17 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

愛犬ベコを亡くしたときのことを思い出してしまいました。。。
ネコでも犬でも、家族だもんね。。。
お気持ちお察しします。

他の動物たちが元気で長生きできますように。
  1. 2009/05/31(日) 20:33:39 |
  2. URL |
  3. Beko #-
  4. [ 編集]

ブラッキー、残念でしたね。
毛並みの綺麗な小さいカワイイネコちゃんだったから、娘さん達もJunkoさんも、居なくなってしまうのとっても寂しいでしょうね・・・。
去勢オス猫の尿管閉塞は、本当に多いんですよ。
特に若いうちに去勢しちゃうと、尿管がしっかり発達しなくて、後年になって問題になることが多かったりしてね。
そういう猫を飼ってる場合は、餌はもちろん、初期症状の段階を見逃さないようにきをつけないといけないんですけど、見逃さないのも難しいんですよね・・・。
一度悪くなると、結構症状進むの早くて、苦しんで死ぬことになってしまうので、私は安楽死処置がイヤで臨床獣医にはなれなかったクチですが、安楽死という選択は決して悪いものじゃなかったと思います。

猫といっても家族ですものね。皆さんが早く元気になれるよう、お祈りしてます。
それにしても子猫ブラッキー、かわいすぎ♪
  1. 2009/06/01(月) 00:04:15 |
  2. URL |
  3. じゃすみん #-
  4. [ 編集]

あんなに可愛がっていたブラッキー、さぞかし皆さんの悲しみも大きいでしょうね。本当に残念です。
溢れる愛情に包まれてきっと幸せだったろうと思います。

うちの昔飼ってた猫は腎臓を悪くして死んでしまいました。ペットフードやかまぼこなんかが良くないと言われました。
同じものを食べてもまるっきり平気で長生きするものもあるし、人もほかの生き物も、こういうのは難しいですよね。
  1. 2009/06/01(月) 07:09:57 |
  2. URL |
  3. うしまとん #-
  4. [ 編集]

じゃすみん様

Junkoさん、ちょっとお借りしますね。

コメントを拝読し、疑問が湧きましたので質問させてください。
「若いうちに去勢しちゃうと、尿管がしっかり発達しなくて、後年になって問題になることが多かったり」との事ですが、これは牛にも共通して考えられるのでしょうか?
うちでお世話になっている診療獣医師は、やはり同じような理由で割合去勢が遅めです。
Jorde Farm(あるいはカナダ)では、濃厚飼料を多給することはないように見受けられますので問題はないと思いますが、日本のような飼養管理(特に肥育期間)にトラブルの原因になることもあるのかな?と去勢バンドの使用とあわせて考えてしまいました。
お手数でも教えていただければ有難いです。
  1. 2009/06/01(月) 09:38:09 |
  2. URL |
  3. おかん #H3HDo6sQ
  4. [ 編集]

おかんさんへ

ブラッキーが病気になってからキャットフードをいろいろ見比べてみたのですが(遅すぎる)、本当にいろいろあってびっくりしました。ネコだから魚を食べるものだと思っていたのに、ツナ缶とかはいけないらしいのを教わりました。

それでは質問に関しましてはじゃすみんさんに説明してもらいますね♪
  1. 2009/06/02(火) 15:19:38 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

ffさんへ

ぜひ遊びに来てください。超田舎でびっくりすると思いますが、覚悟の上でどうぞ(笑)。もしよかったら今度コメント欄の「秘密(管理者だけに表示許可)」と言うところをクリックして連絡先を教えてください。

  1. 2009/06/02(火) 15:22:56 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

トモコさんへ

どうもありがとう。ブラッキー、ほんとに人懐っこかったよねえ。それに家の中でずーっといるのに悪いことを全然しなくてとても手のかからないネコでした。

とっても残念だけど、いい思い出がたくさんあるからよかったなって思っています。
  1. 2009/06/02(火) 15:26:18 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

A&Mさんへ

突然のことでほんとに悲しかったけど、みんなでかわいがったから、それを覚えていてくれたらうれしいです。
  1. 2009/06/02(火) 15:28:27 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

Bekoさんへ

どうもありがとう。ペットでも家の中で飼っていると余計に情が移る感じがします。ほかの猫たちももちろんかわいいんだけど、どうしてもここまで思い入れるのはいないもんな・・・・
  1. 2009/06/02(火) 15:32:13 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

じゃすみんさんへ

妹が、「足を切断したときにもうだめだと思ったところを3年も生き延びたんだから、それだけでもよかったかもね。」と言いましたが、その通りかもしれません。それでも、家の中に入ってからブラッキーへの愛着が増したような気がするので、もしこのまま外に住んでて病気になったらここまで悲しく思わなかったかもしれませんね。

おかんさんからの質問にお答えいただけますか?お願いします♪
  1. 2009/06/02(火) 15:37:00 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

うしまとんさんへ

親バカ丸出しのブラッキーネタブログ、たくさんありましたよね(笑)

残りの猫たちが元気で長生きできますように、と子供たちと話しをしました。でも何が原因かわからないと言うのもねえ・・・・しかたなかったのかな。 
  1. 2009/06/02(火) 15:50:04 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

日記のタイトル見て、2日ほど読むの躊躇してしまったのですが・・・。
あー、やっぱりそうだったのか。って、切なくなりました。
安楽死はつらい決断ですね。私もこれまで犬やウサギをたくさん亡くしました。末期の痛々しい悲鳴や、日々弱って行く姿を見ているも、本当に苦しいです。
これからはブラッキーが淳子さん達家族を見守ってくれるはず。
  1. 2009/06/02(火) 15:53:10 |
  2. URL |
  3. はにばに #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/06/02(火) 17:45:18 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

おかん様へ

そういや牛も多かったですね。とくに肥育和牛の尿石症。忘れてました~、ハハ。

素因は濃厚飼料の多給って言われますよね。
確かに食いつきを良くするために、濃厚飼料は塩分が多めに含まれてるので、もし尿管閉塞の牛が出た場合は、与える餌を工夫することで、防げることもあると思いますが。

んで、どうして去勢牛や猫に多いかと言うとですね。当然ご存知と思いますが、これらの動物は、尿管が通る部分(要は陰茎)が体の割にとっても細くて長いですよね?彼らの尿道は、陰茎が伸びるときのために、体の中で、S字カーブを描いて折り畳まれるようになってるわけで、そのカーブのところで結石が詰まりやすいんです。
去勢を早い段階ですると、体の(特に生殖器)の成長を促すホルモンのバランスが当然崩れるわけで、そうなると陰茎部分も十分発達せずに、細くなってしまうので、尿道も細くなって、さらに詰まりやすい、というわけなのです。

私の牛の獣医やってる友達は、”健康管理は食生活が基本、これができてない農家は病気が多い”と、農家で食べさせてる飼料の指導に力を入れていました。
人間も動物も、基本は同じなんですよね~。
猫も犬も牛も馬も、たいていの動物は塩分の多い食べ物(人間のご飯とかね~)を好みますが、必要以上の塩分は毒、なんですよね。
まあ塩分だけが結石の原因じゃあないですけどね。
もちろん動物の体質によるところも多いわけだし。

去勢バンドの使用は、そういうわけで、確かに濃厚飼料を与えねばならない日本のスタイルでは、あまりお勧めできないのかもしれませんね。でも、早く去勢することのメリットもあるわけで。これは獣医と農家の好みで決めるしかないでしょうね~。

つないで飼う乳牛と違って、放牧牛だと、発見遅くなる、というのも原因の一つでしょうね。
初期症状(尿を出すときにきばってる、少量何度も放尿する、尿が出ても少量、血が混じる、など)を見逃さないのも大事なポイントなんですけど、多頭飼育だとなかなか目が行き届かないものだし。

こんなんでお答えになってますでしょうか???
  1. 2009/06/02(火) 21:06:55 |
  2. URL |
  3. じゃすみん #-
  4. [ 編集]

じゃすみん様

ご丁寧な説明を頂き、ありがとうございますm(__)m

記憶が正しければ、尿石症の原因のひとつにCa;P比があったと思います。
日本では現在のところあまり去勢バンドを使用して初生時に去勢する方法は行なわれていませんが、十分に尿管が発達するのがどれくらいの月齢なのかな?と思った次第です。
我が家では、子牛で出荷は殆どしていませんで、30ヵ月齢まで肥育して出荷するために獣医さんがそれを考えて去勢を遅らせているのかと考えました。

尿道閉塞症の去勢牛を手術で人口尿管を肛門下部に誘導して排尿させる牛を見たことがありますが、肥育期間満了まで持ちこたえることが困難だと聞きました。

現在は有効な薬も沢山出ていて、実際にはあまり困ることはないのですが、注意を怠らずに牛に接したいと思います。
ありがとうございました。
  1. 2009/06/02(火) 22:25:46 |
  2. URL |
  3. おかん #H3HDo6sQ
  4. [ 編集]

おかん様

あ~、そうでしたね。ふすまとかはPが多いんだった(汗)。尿結石の種類もいろいろありますからね~。

尿道が成熟する時期って、本当に完全に成熟するまで待つのなら、1年以上かかると思いますが、そうなると性行動とかも出始めるし、保定するのが大変とか、他の要素も入ってくるので、だいたい6ヶ月くらいが目安になってるんじゃなかったかと思いますが。
もっと早いんでしたっけ???

ちなみに猫の場合、私は必ず6ヶ月過ぎるまでは待つように勧めてます。それ以上早いと、睾丸が降りてきてないこともあるし。8,9ヶ月くらいが理想かなぁ。
  1. 2009/06/03(水) 21:45:46 |
  2. URL |
  3. じゃすみん #-
  4. [ 編集]

はにばにさんへ

どうもありがとうございます。ブラッキーがいなくなってしまって家のなかはなんだか寂しくなってしまいました。ブラッキーは寝てばかりいたような気がするのに、それでもいなくなると何かが欠けているようです。

生き物相手だと仕方ないことだけど、やっぱりつらいですよね。
  1. 2009/06/05(金) 15:01:03 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

鍵コメさんへ

連絡先ありがとうございます。明日メールしますのでよろしくお願いします♪
  1. 2009/06/05(金) 15:02:30 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

じゃすみん様

度々ありがとうございま~す(と可愛く言ってみる)

1年ですか~。。結構かかるのね。
ウチで去勢してもらうのは7ヵ月齢(雌雄群を分けているから)ですが、一般的にはもう少し早いようです。悪さ(?)をしないうちに芽を摘むと言ったところかな?(笑)

淳子さん、ゴメンね~ありがとーv-222
  1. 2009/06/05(金) 15:22:59 |
  2. URL |
  3. おかん #H3HDo6sQ
  4. [ 編集]

ご無沙汰でした。
久しぶりのコメントです。
飼っている生き物の死はつらく悲しいものですね。
いつも本当の幸せを与えられたのだろうかと私もなやみます。
写真を見ているときっとブラッキーは幸せだったのだなと感じました。
ご冥福をお祈りしています。
  1. 2009/06/05(金) 16:38:01 |
  2. URL |
  3. みもりの里のかあちゃん #-
  4. [ 編集]

みもりの里のかあちゃんへ

お久しぶりです。コメントありがとうございました。かあちゃんのところでもいろいろ生き物を飼っているから、別れも経験しますよね。

ブラッキーは私たちを本当に和ませてくれるかわいいネコでした。死んでしまって残念だったけど、幸せな暮らしだったと思っていてくれたらそれが慰めです。
  1. 2009/06/11(木) 04:58:05 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。