カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりにまた停電

3月16日(月)曇り時々小雪 最高気温 -7度 最低気温 -15度

昨日の朝8時前、日本の妹に電話をしました。しばらくするといきなり「ブツッ!」という音がして切れ(--)・・・・・停電ですか?

一瞬停電するということは割りと頻繁にあるためしばらく待っていたのですが、15分位しても戻ってこないので電気会社に電話してみました。停電の連絡は入っていないからということで、担当者を派遣するからといういつもどおりの対応。

念のため「停電の友」の隣人に電話をしたらまだ寝ていたらしく「え、停電?知らない・・・・・ちょっと待って。ああ、停電してるわ」とのこと。よかった。私たちだけじゃなかった。カルバンさんから電話がかかってきたので聞いてみたらちゃんと電気がついているとのこと。またこの辺だけ?何でいつもこうなるの?

一時間ちょっとしたらやっと電気が戻ってきてほっとしたところ、電気会社の人が携帯から電話をかけてきて、「あの今お宅のちょっと南にいるんですけど、雪にはまっちゃったんで助けに来てくれますか?」グレッグは「トラクターのブロックヒーターつないでないし(つないであっても停電じゃ意味ないんだけど)、四輪駆動のトラックもないけど、とりあえずトラクターのエンジンがかかるかどうかやってみるよ。」といって電話を切りました。外はマイナス12度。急いで外に出て行くかと思えばトイレに寄ったりしてぜんぜん急いでいる気配なし。全くグレッグっていつもこうだよなあ・・・・・・

しばらくして外に出て行ったのですが、トラクター、予想通りうんともすんとも言わず、グレッグはブロックヒーターやバッテリーの充電器をつないでいました。それから一時間位してからまた電気会社の人から電話があり、「あの、グレッグはトラクターのエンジンかけることができましたか?」ずーっと車の中で待っているのね(笑)。かわいそうすぎ。それから15分位してやっとかかり、無事に電気会社の人たちのトラックを引き上げることができました。

私たちのところから6.5kmくらい先に行ったところでヒューズが飛んだそうで、そのヒューズの箱のすぐ近くに住んでいる人に電話をしてみたら、自分の家と隣家の間の林のところにヒューズ箱があり、自分のところが電気が切れて隣で切れてなかったらそれが原因だとすぐわかると教えてくれました(笑)。前回停電したのも全く同じ場所だったらしく、いやになってしまいます。私たちって運の悪いところに住んでいるのね・・・・・














スポンサーサイト
  1. 2009/03/17(火) 14:41:52|
  2. 田舎のお話
  3. | コメント:2
<<男女の見分け方 | ホーム | かわいいブラッキー>>

コメント

今時珍しい停電話、またですか?
いかにもカナダ的なグレッグさんの対応、電気会社の人が冷凍にならなくて本当によかった。
でもグレッグさんのとった行動は、正しいのかもしれませんね。中途半端にならずに仕事が出来るから。
目先の事だけ見ずにじっくり考えよう。
  1. 2009/03/17(火) 15:48:02 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

A&Mさんへ

また停電でした。やっぱり冬だから1時間も停電してるとだんだん寒くなってきて、「早く電気戻らないかしら?」と心配しました。

グレッグは相変わらずですね。なんとも表現の使用がありません。
  1. 2009/03/18(水) 14:07:32 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。