カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大騒動の牛移動

11月5日(水)曇り 最高気温 0度 最低気温 -3度

私たちの農場は牛の数のわりに放牧地面積が狭いのが悩みの種です。今年は春先の天気が悪く放牧地の草の成長がとても遅くて、7月中旬にはほとんどの放牧地の草を食べ尽くしてしまった状態でした。そのあとは穀物として収穫するために育てていた大麦を毎日少しずつ刈り取って畝一本ずつにエレクトリックフェンスを張り毎日食べさせていたのですが、そんなことをしていても絶対足りないのは目に見えている状態でした。

ひょんなことからカンナのお友達のブルックリンちゃんのお父さんと話をしていたとき、「うちの放牧地、いつも借りてた人が今年はいらないって言ったから、よかったら貸してあげるけど。」と言ってきてくれたのです。これは願ってもない話だと、早速牛たちを移動することにしました。


移動と言っても25kmほど離れた場所のため、私たちのトラックとトレーラー(一度に成牛5-6頭ほど乗せられる)を私が運転し、友達のカルバンさんから借りたトラックとトレーラー(一度に成牛10-11頭までOK)をグレッグが運転して移動することにしました。

我が家のトレーラー
うちのトレーラー2008084

カルバンさんのトレーラー(うちのものの2倍ほどある)
カルバンさんのトレーラー2008081


牛たちは悪い予感の通り、トレーラーに乗るための通路に入るのを嫌がって毎度毎度のどたばたロデオの激怒状態で、おまけに一度なんて動いて15mくらいしたと思ったらカルバンさんのトレーラーの後ろのドアが開いてしまって、積んだばかりの牛たちが一気になだれ出てきてしまったのです。

牛たちが通りたがらない通路
通路2008083

出てきた9頭はあっという間に家の裏の大麦畑に入ってしまい、走り回って追いかけて通路に戻しいれたころには、暑さと脱水状態と疲れで心臓がバコンバコンいって、熱射病で倒れるのではないかと思うほどでした。

それらをもう一度トレーラーに積んでいるとき、私はこめかみを蜂に刺され、「痛いっ!」と思ったのですが、気にもせずそのままにして運転し始めました。しばらくして妙に腕がかゆいなあ・・・・頭も死にそうにかゆい・・・・おなかもかゆくなってきた・・・・・と思って腕の内側を見ると、ものすごいじんましんになっていてビックリ!何で何で?と思いましたが、思い当たるのは蜂(実はスズメバチ)に刺されたことだけ。それまでにもミツバチには何度も刺されたことがあるし、スズメバチにも一度刺されたことはあるのですが、じんましんになどなったことがありませんでした。しかし最近は「蜂刺され=アナフィラキシー」というイメージが頭の中にあるため、大丈夫かと心配になってきました。前のトラックにいるグレッグに一応様子を伝えて、家に帰ってきてから早速病院に電話して、お医者さんに見てもらったほうがいいか聞いてみたら、「息が苦しいとか、みみずばれになってるとかでなければ大丈夫です。抗ヒスタミンの薬があるならそれを飲んで、これからはそれを常時持っているようにしてください。」と言われました。あいにく抗ヒスタミンの薬がなかったため、とりあえず花粉症のときに飲む薬を飲んでおきました。

次のグループを運ぼうとしている最中に、今度はグレッグがスズメバチに唇を三箇所も刺され、追い払おうとして手を振り回しているときにめがねが牛たちのいる通路に落ちてしまいました。「これはもう踏まれておじゃんだな」と思ったのですが、なんと足と足の間に落ちているのを見つけ、無事に取り返すことが出来ました。見回すと、牛たちの通路の向こう側に直径15cm程のスズメバチの巣を見つけました。牛たちが柵に当たるたびに巣がゆれて、怒った蜂が出てきていたのです。もうこれは危なすぎるからやめようと言うことで、翌朝明るくなって蜂たちが動き出す前にグレッグがタイガートーチと呼ばれるポータブルの発炎灯(?)で巣を焼ききりました。

タイガートーチと呼ばれるもの
タイガートーチ2008082

スズメバチの巣を焼ききったあと
スズメバチの巣を焼いたあと2008085

おかげさまで私のじんましんは2-3時間ですっかり消え、グレッグも唇がはれただけでほかに被害はありませんでした(ただし、私のこめかみおよび顔半分の腫れは3日間ほど続いた。知人が『何でグレッグは口を刺されたのかなあ?』と言ったので、『口汚くののしっていたからじゃないか?』と言ったらその人は非常に受けてくれて私は大満足)。それ以来どこに行くにも抗ヒスタミン剤を持っている私です。

巣を焼ききったあとはスズメバチはもう現れず、その日に何とか全ての牛たちを運び終えました。

まずこれが行きの大騒動。








スポンサーサイト
  1. 2008/11/06(木) 14:11:01|
  2. | コメント:8
<<大騒動 続き | ホーム | 帰ってきました>>

コメント

聞くも涙、語るも涙の物語ですね。
一度蜂に刺されると、次は大変なことになると聞きますから十分気をつけてください。
二人ともショック状態にならなくて本当によかったです。
まあ何とか牛を移動できて、めでたし!ですね。
  1. 2008/11/06(木) 16:45:02 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

スズメバチ・・・v-399
ダメな人は一度目でもダメだって言うから、お2人とも強靭な体の持ち主で何よりでした。

しかし、自分で焼くとは・・・。
日本だったら絶対その道のプロか役場に即e-85です。
しかしまぁ、そちらなら除去してくれるの待ってたら何日もすぎちゃいそうだねv-390

しかし無事で何よりでした。
次からは注意して、点検してからにしてねぇ~~v-218
  1. 2008/11/06(木) 23:36:23 |
  2. URL |
  3. Beko #-
  4. [ 編集]

うわ~ 大変でしたね!!!
奴らや知らないうちに変な所に巣食ったりしますからねぇ・・・
でもそれってアレルギーなんでしょうか?
それより、何度も刺されたことがあるってすごいですね。
自然と共存するってそういうことなのかも。
私は一度だけ刺されたことがありますが、しばらく痛かったものの何の反応もなく終わったので良かったです。

牛さん達って案外従順じゃないんですね。
それともその通路が恐かったのかしら?それとも牛さん達はその蜂の巣に気付いていたとか?
何はともあれ、無事に終了されたようでお疲れ様でした!あ、いや無事じゃなかったのか!
  1. 2008/11/07(金) 01:42:20 |
  2. URL |
  3. Kiki #-
  4. [ 編集]

牛の移動、お疲れ様でした。
牛の移動の大変さが目に浮かびました。
1頭だけでもてこずる事があるのに。
牛もいつもと違う様子だと動かないしな。

充分に草を食べられるようになってよかったですね。
食べさすものがないのは辛いですもんね。
  1. 2008/11/07(金) 12:51:58 |
  2. URL |
  3. まみっこ #ncVW9ZjY
  4. [ 編集]

A&Mさんへ

蜂刺されも全くあなどれませんよね。今はいつも薬を持っています。

牛の移動、めでたしと書いてくれてあったけど、これは3ヶ月前の騒動の第一篇です(笑)。
  1. 2008/11/07(金) 16:11:08 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

Bekoさんへ

スズメバチにはほんとにビックリしました。まさかあんなところに巣があるなんて・・・・妙にウワンウワンしているなあって思っていたんですけどね(笑 ボケすぎ)
  1. 2008/11/07(金) 16:12:48 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

Kikiさんへ

多分、これはアレルギーになるんでしょうね。私の花粉症も昔は全然そんなことなかったのに、ここ数年毎年なっていますから。

ミツバチも周りにいるし、夏の間はどうしても外にいる時間が長いから、刺される危険はいつでもあるんでしょうねえ。これ以上ひどくならないことを祈るばかりです。

牛たちはねえ・・・・やりたくないと思うととても頑固です(笑)
  1. 2008/11/07(金) 16:15:44 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

まみっこさんへ

放牧地が足りないのは、ほんとに大きな悩みです。うちの牛たちは、この敷地内の放牧地の移動をするのは全然問題がないのですが、トレーラーに乗ることなどほとんどないので(生まれて初めてだったのが90%以上)、そういう面でなかなかスムーズに行きませんでした。

来年はどうするんだろう????今から心配(-_-)
  1. 2008/11/07(金) 16:18:24 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。