カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ケイコさんホームステイ終わる

9月1日(月)

ってもう一週間以上前のことなんですけど・・・・

ホームステイしていたケイコさんが、5週間のファーム生活を終えて8月24日に日本に帰りました。今ごろ文化的な生活に戻っているのでしょうねえ・・・・


前回のトモコさんのときと同じように、ものすごく目立つ例の鮮やかな青のライオンズのジャケットを着てくるのかと思っていたのですが、紺色のカーディガンで登場したため、まず「ジャケット着てないの?」と思わず(笑)聞いてしまいました。「手持ち荷物の中に入っていたんですけど、スーツケースを取ったあとに行き会うと思ったので荷物を受け取ってから着ようと思っていたんですけど・・・・」と言っていました。

帰りはけなげにも家からこのジャケット着て帰っていきました。やたらカッチリしていてくつろげない感じなんですけど。

ケイコさん帰りの空港で

これまでで4人のホームステイを受け入れ、それぞれ個性があるのはもちろんですが、みんないい子達で本当に嬉しく思いました。カナダで発行されている日本語新聞などを読むと「今の若い人たちって・・・・」みたいな記事に遭遇することもあるのですが、ここに来た子達はみんな素直で礼儀正しくて感心しました。

もし将来うちの子供たちがこういう立場に立ったら、ちゃんとできるだろうか?とあらためて考えてしまいました。行儀よくふるまえるだろうか、他人の気持ちになってものごとを考えれるだろうか、自分の考えをきちんと言えるだろうか、違った環境に溶け込むことができるだろうか・・・・

親としての自分がまずしっかりしなくてはいけないなと考えさせられました。子供たちにそういう機会がいつかあればいいと思いますが、その前にあの2人組みのマナーを何とかしなくては・・・・









スポンサーサイト
  1. 2008/09/02(火) 14:20:00|
  2. 日常
  3. | コメント:6
<<保存食作りの一日その1 | ホーム | もう9月>>

コメント

お疲れ様でした。
我が家も以前は研修生やら体験学習生を受け入れていました。残念ながら、そんなに良い子ばかりではありませんでしたが、はじめは格好つけていた男子なども我が家に来て明らかに態度が変わり、研修を終える頃には本当に素直になって後から手紙をもらったり、親御さんからまで礼状が届くと、ちょっと大変でも後味が良かったのを覚えています。

自分もそうやって他所の農家のお世話になって実習させていただきました。そして子供たちも非農家であってもそれなりの必要な施設や職場で実習させていただいています。(さぞ邪魔だろうと思うのですが・・・--;)
みんな順番で恩返しみたいなものなのかもしれません。いつか彼女が受け入れる立場になって、淳子さんたちの思いを知る日が来れば、更に良いことだと思います。

研修や実習に入るほうの立場であっても、受け入れる立場であっても、それはひとつの出会いですよね。お互いに学ぶことが出来れば最高です。
だからお子さん達、きっと大丈夫ですよ(^^)v

って、うちの子たちは大丈夫なんだろうか????
  1. 2008/09/02(火) 16:10:47 |
  2. URL |
  3. おかん #H3HDo6sQ
  4. [ 編集]

けい子さんは田舎暮らしを楽しんでくれたことでしょう。めったに出来ない経験なんだから。
今頃、哺乳瓶で世話した子牛の事を気にしているんではないでしょうか。
良い子達にめぐりあえて、よかったですね。
  1. 2008/09/02(火) 16:33:57 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

結局レジャイナには来られなかったのでしょうか?
なかなかお会いできなくって残念・・・

ホームステイした子がいい子で良かったですね!
ライオンズクラブ関係だからはずれがないとか?
レジャイナでは日本人のホームステイ事情を聞いたことはまだないですがバンクーバーでは本当に当たり外れ激しいようですよ。
都会を選ぶ子は世間知らずが多いのでしょうかね?

淳子さんの所に泊まれる生徒さんはラッキーでしょうね!
きっと今までステイした子達含めケイコさんも素敵なカナダの思い出を作って帰国したことでしょう。

子供達のマナー・・・ 耳が痛いです(笑)
親になって始めてわかったけど結構躾って大変ですよね。
うちの上の子はなんだか時々Attitudeがすでにあって困ってます。
そしてそれを許すことができない頑固な親なもんですでにしょっちゅう喧嘩していて先が思いやられますよ。
  1. 2008/09/03(水) 05:23:31 |
  2. URL |
  3. Kiki #-
  4. [ 編集]

おかんさんへ

研修生や体験学習生などであれば農家で学ぶという目的がはっきりしているのでしょうけど、このようなホームステイだともっと一般的な(ただ単に海外で生活をしてみるみたいな)漠然とした渡航になるので、イメージと違っていたと思うこともあるかもしれませんね。

おかんさんの言っているように、一つ一つの出会いからお互いに何かを学ぶことができたら本当にいい経験になると思います。
  1. 2008/09/04(木) 13:52:02 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

A&Mさんへ

私もケイコさんに「行こうと思って来るような所じゃないんだから、長い一生のうちの5週間、こんな経験をしてみるのもいいんじゃないの?」と言っておきました。励ましになったかしら(笑)?
  1. 2008/09/04(木) 13:53:47 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

Kikiさんへ

電話で話したときにはレジャイナ行きは99.9%予定していたのに、結局いけずじまいでした。がっかり(-_-メ)ぜひいつかお目にかかりたいものです。

子供たちのしつけって大変ですよね。一人前に外に出せるようになるまでの親の責任って重大だなあ~とあらためて思っています。

うちの子供たちattitudeはないんですけど、やたら陽気でやかましくて言うこと聞かないし、返事だけはやたらいいけど全然やらないし・・・・全く困ったものです(>_<)
  1. 2008/09/04(木) 13:57:45 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。