カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダブルトラブル

7月11日(金)曇り時々雨 最高気温 +16度 最低気温 +9度

最近はっきりしない天気が続いていて、まだ干し草刈りは始まっていません。これほど遅い年は今まであったでしょうか?昨日はおまけに3cm程の雨が降りましたが、サスカチュワン州の南東部ではトルネード(竜巻)があったり、野球のボールの大きさほどのあられが降ったりしてひどい被害にあったところもありました。

さて去年初産でどちらも子牛の面倒を見なかった坊っちゃんゴゴちゃんのお母さんですが、今年もだんだん出産が近い様子を示してきていたので、毎日何度も見回りをして気をつけていました。

しかし!

日曜日に違う放牧地に移そうと牛たちを連れて行ったら、坊っちゃんのお母さんのおなかが凹んでいておっぱいがとても張っていました。ガガ~ン・・・・(-_-メ)

それまでいた放牧地に戻って探したら、木の近くで寝ている子牛を見つけましたが、舐めてもらった様子とかミルクを飲んだ様子とか全くありません。またですか・・・・・

母親のいる放牧地に連れて行こうとしましたが全然歩こうとしないので、抱え上げて四輪バギーにまたがって、ひざの上に乗せたまま四輪バギーを運転するはめになりました(グレッグが言うには体重40kgはあるとのこと(-_-))。途中でもがいて飛び降りようとするので、落とさないように片腕でしっかり押さえこんで800mほど乗せていきました。

母親に近づけても全く興味を見せず、知らんふり。このままでは仕方ないのでまた四輪バギーに乗せて今度は家の近くの柵まで運んできました。その日は粉末の初乳を与えましたが、翌朝グレッグが、「母牛が子牛を生んだ放牧地に戻ってきている」と言ったので、もしかしたら子牛のことを思い出したのか???と期待をして呼びに行きました。しかし、一匹だけで柵のほうに戻るのを思いっきり嫌がって逃げていってしまったので、全員を連れに行ってその中から親牛だけ残しました。

何とかヘッドキャッチャーに入れることができたので子牛を呼びにいって母親からミルクを飲ませようとしたのですが、最初はおとなしくしていたのに、途中から蹴る蹴る!ああ~ダメだ。

と思ったら、昨日の朝早く放牧地に行ったらゴゴちゃんのお母さんがすでに子牛を生んでいました。前夜10時ごろ見に行ったときにはまだまだといった様子だったのになぜ・・・・?

子牛の匂いをかいだりは少ししたのですが、全く舐めるわけでもなく、ミルクを飲ませるなんて論外と言った様子で、こちらも何の興味も示さず。

グレッグから「何でこんな牛をとっておいたんだ?」と怒られて最悪。去年は初産だったから様子がわからなかっただけで、今年は気をつけてすぐに親子の絆が生まれるようにしようと思っていたのに・・・・・・

結局二匹揃って哺乳瓶飼育。子供たちに夏休みの仕事がもう一つ増えました。(カンナがマスクをしているのはこのあとニワトリの餌をやりに行くため)
ダブルトラブル07112008


坊っちゃんのお母さんはとても体格がいいのでそのままお肉屋さんに連れて行こうかと思ったのですが、獣医さんに聞いてみたら「体のホルモンなどが元に戻るまで産後2週間くらい待ったほうがいい」と言われてがっかり。ヘッドキャッチャーから出さずにトレーラーに積めたらどんなに楽だったことか。今度つかまえれるかどうかはっきり言って自信がありません。ロープを掛けてみたけど、別に引っ張ってついてくるわけでもないし、何のため?って感じ。

坊っちゃんのおかあさん07112008


ああ~考えが甘かった。嫌だ嫌だ、何でこうなるの?

スポンサーサイト
  1. 2008/07/12(土) 14:29:23|
  2. | コメント:6
<<我が家のハリポタ事情 | ホーム | 夏休み突入>>

コメント

またまた大変な事ですね。
世の中、まったく甘くない。重い牛を膝に抱えての片手運転とは、まるで軽業じゃないですか。
良く頑張りました。
また子供達は本当によくやってくれますね。
いっぱいいっぱい褒めてあげて下さい。
忙しい日が続きそうですが、どうぞ体に気をつけて過ごしてください。
  1. 2008/07/12(土) 15:35:38 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

二人組みの服装が寒そうですね。。。

それにしても、最近は育児放棄が多いですねえ。
この前インターネットで、育児放棄したレッサーパンダの赤ちゃんを、家猫が育てているという写真を見ました。
それも二人組み同様、なかなかかわいかったですけど。
完璧、外野の意見ですねー。
  1. 2008/07/13(日) 23:49:09 |
  2. URL |
  3. マックス #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

のどもと過ぎれば・・・
その時になってから「しまったv-356」と思うことは多いものである。。。
「何とかなってくれ!!」なんて人間の淡い願いは牛さんには届かないねv-406

牛さん売るかどうかって、ジュンコさん一任なの?
グレッグ氏、、、怒ってもねぇ。。。v-388
  1. 2008/07/16(水) 22:50:17 |
  2. URL |
  3. Beko #-
  4. [ 編集]

A&Mさんへ

実はこのあと双子が生まれて、母親が一匹しか面倒を見ないため、もう片方を哺乳瓶飼育することになってしまいました。これじゃあ、ダブルならぬトリプルトラブルです・・・・涙

子供たちが夏休みでほんとによかった。
  1. 2008/07/19(土) 15:40:02 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

マックスさんへ

この日はとても寒くて、私は思わずロングジョン(長ズボン下)をはいてしまいましたよ(笑)

A&Mさんのところに書こうと思ったんだけど、7月がやっぱり一番きれいだと思うんだよね~。見渡す限りの畑が黄色だったり緑色(それも穀物の種類によって緑色が微妙に違う)だったり空が青くて大きな雲が浮いていて・・・・

菜園の野菜も育ってきてるし、ニワトリも毎日35個ぐらい卵産んでるし。

おまけにプレーリーの夕立はすごい迫力だしね。これはぜひ実際に体験してもらわないとわからないんだよねー。

今度ぜひ夏にお越しいただきたいものだわ。言うのは簡単(笑)
  1. 2008/07/19(土) 15:45:18 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

Bekoさんへ

「今度こそ頼むよ」なんていう根拠のない祈りが通じるわけはないのである・・・・・(-_-)

グレッグひどいよね。こういうことになってしまって落ち込んでいるし、十分がっかりしたり後悔したりしているのにそれに追い討ちをかけるように文句言わなくたっていいじゃないねー?こういうときに励ましてくれるのが普通の人だと思わない(怒)?
  1. 2008/07/19(土) 15:50:01 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。