カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年もニワトリ

5月20日(火)

今年もまた一羽一ドルでニワトリを買ってきました。家族が到着した翌日が引き取りの日だったので、妹と義弟と一緒に行ってきました。20匹ほどずつショッピングカートに乗せられて来ました。売ってくれる人がつかんでトラックの荷台に載せた箱に入れようとするとすさまじい勢いでバタバタして、一羽飛び降りてしまいました。妹のすぐそばに行ったのでつかまえるかな?と思ったにもかかわらず(私は箱の中に入っているニワトリが出ないように押さえていたので手が離せなかった)、結局つかまえたのは売ってくれた人たちの一人でした。「鳥に触るのはイヤ」らしいです。

家に運んできたのはいいのですが、小屋まで連れて行かなくてはならず、私が箱の中に半分もぐるようにして2羽つかまえ、義弟がそれを走って小屋まで連れて行くというのを25往復しました。マヤは鳥小屋のドアの近くにたってニワトリが出てこないように見張っていました。カンナは死んでしまった一羽を林の中に捨てに行ってくれました(カンナは生きているニワトリに触るのはイヤだが、死んでしまったのを捨てに行くのは大丈夫らしい)。

ニワトリたちはここに来てもう3週間がすぎましたが、あまり人馴れした様子も見せず、私が小屋に入るたびにバタバタ騒ぎ立てます。まだまだ羽が生え変わっている最中で、「今夜のローストチキンにピッタリ」みたいのもいます(肉付きが悪いが)。今はまだ一日5-6個卵を産むだけですが、はやいところ羽が生えてバリバリ産んでもらいたいものです。

ニワトリ2008051


ニワトリ2008052



ニワトリ2008053



義弟は「前に見たときはニワトリはグロテスクだと思ったけど、今回触ったりしたから愛着が湧いたな」と言っていました。それではぜひぜひ来年もよろしく頼みます。



スポンサーサイト
  1. 2008/05/21(水) 14:36:55|
  2. ニワトリ
  3. | コメント:4
<<6番出産 | ホーム | サスカチュワンの春いよいよ?>>

コメント

羽抜け鳥だけれど元気よさそうですね。
今年はもう鶏を飼うコツもおぼえたことでしょう。
生みたての卵が食べられるのはしあわせですね。
卵が来るのを、お客さんが待っているのでは?
  1. 2008/05/21(水) 20:09:13 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

羽は生え揃ってないのに、トサカだけ立派だから
気持ち悪さ倍増なのかも・・・v-393

また今年も卵のパック持ってウロウロするんだなぁ・・・( ̄・・ ̄)
  1. 2008/05/22(木) 10:51:03 |
  2. URL |
  3. Beko #-
  4. [ 編集]

A&Mさんへ

やっと10個近く産むようになってきました。そろそろ商売が始められるかな?(笑)

ニワトリ立ちまだまだ落ち着かない様子ですけど、早く慣れてくれるといいのに・・・
  1. 2008/05/25(日) 14:54:50 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

Bekoさんへ

「卵のパックもってうろうろ・・・・」って何?って思ったけど、そういえばそれって冒頭シーンだったわね~(笑)。冗談じゃない、うろうろなんてもうしませんよ。

トサカ、そのうちに真っ赤になって余計に迫力を増します。でもそうなるころには羽も生え揃って卵も生んでるはずだから、許してやろうではないの。
  1. 2008/05/25(日) 14:57:50 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。