カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

週末のカーリング

カーリングリンク

2月13日(月)曇り 最高気温 -13度 最低気温 -18度

土曜日にまたカーリングの続きに行って来ました。これは、隣村のシルベニアというところで行われたトーナメントです。(トーナメントなどというとカッコよく聞こえますが、週末にチームを募って何試合かやるだけのこと。こういうのをボンスピルと呼びます。語源は何なのか、どんな意味がある言葉なのかは分かりません。)

11時に最初の試合があり、相手のミスによりなぜか勝ってしまいました。写真でも分かる通りとても小さいリンクで、(ビヨークデールのリンクよりも更に小さい!)寒くなってからリンクに水を張って自然に凍らせたものなので日ごとにすべり具合などが違うため、上手な人たちでも、カーリングの石がどのようにすべるかなどを予測することがとても難しいのです。私とグレッグなんて8年ぶりにカーリングをやって、金曜日の試合の後から内股とか背中とかが猛烈に痛くなっていて満足に歩くこともできない状態だったのに勝っちゃって、申し訳ない感じです。

参加料は一チーム100ドルで(一人あたり25ドル)最低でも3ゲーム保証され、土曜日の夕食と(ターキー、マッシュポテト、ロールキャベツ、二種類のサラダ、パン、デザートと飲みもの)、成績ごとの賞品が含まれます。私たちは夕食後もう一ゲームあり、そのときには体中が痛いのに加えておなかがいっぱいで曲がるのがとても苦しい状況でした。結局その試合は最終回に逆転されて負けてしまいましたが、それでも全体で二位になって、わたしはねじ回しなどの工具一式(これでグレッグのを借りなくてすむ。いつもどこにおいてあるか探すのに作業のほとんどの時間を取られている)、グレッグは折りたたみ式のピクニックテーブルを賞品に選びました。

今も体中の筋肉が痛くて、息を深く吸うたびにあばら骨がぎしぎし言う感じで、椅子に座ったとき足を組もうと思っても痛すぎて組めないのですが、誘ってくれた友人のカップルと久しぶりにゆっくり話もできたので、いい二日間でした。

翌日の日曜日は子供たちがお友達の誕生日パーティーに呼ばれていたのでそれに出かけました。その子はここから20kmくらい離れたところの湖の近くに住んでいて、一緒に呼ばれたあと二人のお友達も途中で乗せていきました。湖は凍っているのでスノーモービルでその子のお父さんとお母さんが私たちを対岸まで渡らせてくれ、そちらの緩やかな斜面でそり遊びなどをしました。

私もクレージーカーペットと呼ばれるプラスチックの下敷きの長いようなもので滑ったら、顔や頭、体中に雪をかぶり、ポケットの中まで雪だらけになりました。焚き火でホットドッグやマシュマロをローストしたり、ホットチョコレート(ココア)を飲んだりしてとても楽しみました。とてもたくさん遊んだのに子供たちはまだ遊び足りないようだったので、一緒に連れて行った二人のお友達に帰りに家に寄ってもらい、夕ご飯近くまで遊んでから、家に送っていきました。

今日は風がひどく、明日から寒くなると言うことですが、昨日はそり遊びにもってこいの穏やかな晴れた日でよかったです。

スポンサーサイト
  1. 2006/02/13(月) 13:29:33|
  2. 日常
  3. | コメント:0
<<The Catcher in the Rye | ホーム | 雪に悩まされた二日間>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。