カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

離乳成功?

12月15日(土)小雪 最高気温 -12度 最低気温 -20度

しばらく見ない間にブログ作成時のフォーマットが変わっていてビックリ。おまけに今せっかく書いた記事が保存ボタンを押したら消えてしまった。どこに行ったのじゃ~(怒)?

春に生まれた子牛たちを離乳させたいと思っていたのですが、11月はとても寒くなってこれじゃあストレスになりそうだと、天気が少し和らぐのを待っていました(ってもう12月の中旬だけど (-_-メ)。

親子を選り分けるのに使う柵のゲートが悪い位置についているため牛たちがその柵の中に入りたがらないのがわかっていたので、ひと月以上も前からそのゲートと反対側の位置にある板の一部を取り外してスムーズにはいれるようにしておきました。牛たちはとても記憶力がいいので、なんか怪しいと思っていたらしく(その柵を使うのは離乳のときくらいなものなので)、しばらくその柵の中に入りたがらなかったのですが、ひと月たっても何も悪いことが起きなかったので(笑)少し安心したようでした。

今週は少し穏やかになるということだったので、今がチャンス!と思い、火曜日にその柵の中で餌をやりました。本当は水曜日に離乳させたかったのですが、いきなり突風+雪になってしまい、これでは仕方がないと今までいた防風林のある放牧地に戻して餌をやりました。

木曜日にもう一度集め、今度は仮のゲートを閉めて、一晩閉じ込めておきました。昨日(金曜日)親牛だけを餌で釣ろうと思ったのですが、餌をやった時間がいつもより遅くなってしまったためとてもおなかがすいていたのと、板をはずした部分がかなり広かったので仮のゲートがとても重くて動かしづらかったのが災いして、みんながなだれのように出てきてしまい、全くコントロールできない状態でした。

みんな放牧地に歩いていってしまいましたが、餌を柵の中に入れて呼びに行ったら素直に後をついて戻ってきてくれたので、またみんな閉じ込めてゲートを閉めておきました。

今朝もう一度挑戦!と思って板の一部をはめなおしたり、幅の狭いゲートに取り替えたりしている私を牛たちはとても疑い深い目で見ていて、ゲートをあけて呼んでも近寄ろうとしないのです(笑)牛を分けるときの私のモットーは「さりげなく我慢強く」なのに、企みがばれちゃったかしら(笑)?しかしそのうち餌に釣られてだんだんとゲートから出てきて、昨日よりはずっといい状況でした。子牛が出ようとしたら前に立ちはだかって出られないようにし、何とか親牛全員(一匹以外)柵から出すことに成功しました。

グレッグがあと一週間ほどで出稼ぎから帰ってくるのでその前にどうしても離乳させたかったので、ホッとしました(二人でやるといつも私の立っている場所が悪いと怒るので、一人でやったほうがずっと楽)。

一番楽だったのはカルバンさんから借りていた種牛(名前はリトルリーバイ改めパンチ)を分けることでした。交配の時期が終わったので1歳のギャロウェーたちのいる柵に入れたいと思ったのですが、私が斜め後ろを歩いたら前にたってそのまままっすぐ柵の中まで入ってくれました。しめしめ。グレッグが帰ってきたら家畜トレーラーに乗せて返しに行ってもらおうと思っています。

今日はトラクターに50回以上も乗り降りをして大変疲れました(>_<)(トラクターは車高が高いので乗るときにドアの取っ手をつかんで体を引っ張り上げないといけない)。牛たち、また騙しちゃってごめんね~。今も外に出るとモ~モ~と鳴いているので柵の向こうとこちらにいてくれるものと期待します。お願いだから脱獄しないでね、頼むよ。ちゃんと離乳できていたら写真でも撮りたいと思います(笑)
スポンサーサイト
  1. 2007/12/16(日) 17:11:36|
  2. | コメント:4
<<離乳その後 | ホーム | やっぱり頼んでみるものだ>>

コメント

しばらくブログに変化が無かったので、雪に埋もれてしまったかと心配しましたが・・・

牛を相手の作戦、中々大変ですね。
離乳も済んだ様でよかったです。
寒さと労働に備えて、しっかり栄養をとっておいてください。
  1. 2007/12/16(日) 21:59:55 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

↑A&Mさんに同じv-404トラクターで雪にはまっちゃったかと思ってましたよe-282
離乳、牛たちにはちょっとかわいそうですが、何事もなくこのまま順調に親離れ子離れしてくれるといいですね~!我が家でも、時々離したはずなのに、朝になったら一緒の房にいたりして、せっかくの苦労(!?)が水の泡。。。なんてこともたまにありますe-330
きっと2~3日は周囲に人家なんてなくても大変にぎやかでしょうv-529v-529v-529v-392
  1. 2007/12/16(日) 22:43:48 |
  2. URL |
  3. おかん #H3HDo6sQ
  4. [ 編集]

A&Mさんへ

ご心配おかけしました。元気ですのでご安心を。

牛との知恵比べ、勝ったと思いたいです(笑)牛たちはいやな目に会うといつまでもよく覚えているので、「さりげなく」知らないあいだに分けるのが一番です(笑)♪
  1. 2007/12/17(月) 15:56:47 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

おかんさんへ

しばらくぶりでした。失礼しました。離乳大丈夫そうです。今日は一日中モ~モ~とフェンスをはさんで鳴いていました。だんだん声がかれてしまったりしてかわいそうですよね。でも一度ですめばそれに越したことはないので、誰も脱柵しないで早く諦めてもらいたいです(笑)
  1. 2007/12/17(月) 15:58:46 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。