カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

うーん、考えてもみなかったけど・・・・

10月28日(日)晴れ 最高気温 +10度 最低気温 -3度

昨日の朝はマイナス10度まで冷え込み、日中もプラス3度ほどにしかならず、寒い一日でした。けれどもここは晴れていたので良かったものの、グレッグがトラックの運転の仕事をしているところは(ここから6時間ほど西)金曜日に10cm程の雪が降ったそうです(-_-メ)。サスカトゥーンでも少し降ったということだったので、ちょっとくらい寒くても私は文句は言いませんよ。(それにもう少ししたら、マイナス10度なんて「快適じゃ~ん」と思うようになるのだから(@_@))

先日、まだグレッグが家にいたときに、近所に住むバックホーの運転をするおじさんが寄ってくれました。牛の放牧地に行く小道にある土管が今年の雪解け水の勢いで流されてしまったため(おまけにその辺はきちんと整地されていない)、バックホーで水の流れるところを掘りなおして、土管を埋め、土をしっかりと寄せてもらおうと思っておじさんに電話したのです。夏の終わりに心臓の手術をしたというのは聞いていましたが、その後もうよくなってバックホーに乗っているのか知らなかったからです。

バイパスの手術をしたのは実は3週間前で、経過はいいのだけど痛みがあるからバックホーの操作はまだしていないと言っていました。この人はヘビースモーカーで、いつもコーヒーを飲みながらタバコを吸ってやたら「ゴホゴホ」とひどい咳をしていたのですが、さすがに咳とクシャミは胸にこたえるらしく、タバコをやめたと無念そうに(笑)言っていました。「咳やクシャミがそろそろ出るな~・・・とわかってるときは心構えがあるからいいんだけど、急に出たときは胸がこっぱみじんにに砕けるかと思うよ。」と言っていて、その様子を想像して思わず笑ってしまいました(「笑ってる場合じゃない、全く不謹慎な」と言われそうですが、このおじさんの話しっぷりを聞いているとやたら面白おかしくて笑える)。

その手術の様子を教えてくれたのですが(もちろん本人は麻酔をかけられているために手術前の医者から説明されたことを教えてくれた)、心臓の手術をするために、心臓が動いてると「生きた魚に触ってるようでぬるぬるして自分の手を切っちゃうんじゃないかと心配になる」から、心臓をとめて血を抜いてから手術するらしいのです。「心臓が動いているためにすべって患者の体に被害があっちゃいけないからというわけではなく、医者が自分の指でも切っちゃいけないっていうのを心配してるなんて呆れるな」なんて言ってたけど。まあ、確かに言われてみればそうだけど、そんな人工的に心臓を停止したりして、手術後(4時間くらいかかったらしい)に蘇生(?復活?)しようとしてできなかったらどうしてくれるんだろう・・・・・と、ドキドキしてしまいました。

どうやって心臓を停止させて血を抜くのか聞きませんでしたが、元に戻る可能性100%なんでしょうねえ~(@_@)

「胸からね、しばらくの間はこうやってワイヤーが二本突き出てるわけさ。もし心臓が停止したままだったり止まっちゃったりしたら、電気をかけてショックを与えるのさ」。さすが重機を操作するおじさん、グレッグと「車のバッテリーが上がったときと同じようなもんだな。心臓の手術だって、エンジンを取り替えたようなもんだから、これでしばらくはいけるよな」なんて合意してるし・・・ひょえ~、そういうもの?

私としては、家族全員が今のところ健康であることにあらためて感謝してしまいました。手術がどんなふうに行われるかなんて、考えてもみませんでした。それではおじさん、体調が万全になったらよろしくお願いしま~す。

スポンサーサイト
  1. 2007/10/29(月) 14:36:35|
  2. 日常
  3. | コメント:12
<<盛りだくさん(@_@)の一日 | ホーム | 我が家のソックリさんその2>>

コメント

大変な手術の話を、聞いている人を笑わせながら話せるなんて・・・。豪放というか、陽気というか、病気のほうから逃げ出していってしまいそうですね。
咳やくしゃみが胸にこたえて、本当は随分つらいのでしょうにね。
じゅんこさんの周りの人たちって、人を楽しませるセンスを持っているみたい。
お世話になるおじさん、早く元気になってください。
  1. 2007/10/29(月) 16:21:09 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

うちのとうちゃんのお父さん私にとっては舅さんは私がお嫁に来て一年後にこの方と同じ手術をしました。
とっても元気でそんなことは微塵も感じさせませんが。
その手術で大分まるくなりました。
お嫁に来たコロは随分怒鳴られましたがいまはそんなことも少なくなりました。
かあちゃんが上手く乗り切れるようになったというのもあるかとは思いますが(笑)
大きな手術をしたひとって結構おおらかな人が多いですよね。
  1. 2007/10/29(月) 20:26:25 |
  2. URL |
  3. みもりの里のかあちゃん #-
  4. [ 編集]

そのバックホーのおじさん、『今日から僕をアトム君と呼んでくれたまえ』とかおっしゃってませんでしたか?(笑)あるいはサイボーグとか。。?

胸の切開手術をされた方(女性)に、『おっぱいどうするの?』と聞いたら、「開いて半分ペロってよけておくの」v-12「あら、後で元に戻すから大丈夫なのよ」v-12v-12v-12

医学の進歩はありがたいと思います。
おじさんも元気になって、またバックホーで活躍されますように!!
  1. 2007/10/30(火) 06:36:52 |
  2. URL |
  3. おかん #H3HDo6sQ
  4. [ 編集]

>車のバッテリーが上がったときと同じようなもんだな。心臓の手術だって、エンジンを取り替えたようなもんだから、これでしばらくはいけるよな

笑ってしまうけど、なんかすごい会話~!
でも、みょ~に納得!?
私はロデオやってたけどアバラにヒビが入った程度の怪我しかしたことないので、こんな大きな手術信じられない。しかしこっちの人ってタフですよね?
  1. 2007/10/30(火) 12:57:21 |
  2. URL |
  3. まいど、Jakeでんねん #-
  4. [ 編集]

ぎょえ~!ぎょわ~!すごいー!
読んでるだけで怖いです(T_T)
医学の進歩ってすごいんですねー。

一瞬も休まずに動いてくれている心臓に感謝状を贈りたいですね(笑)
  1. 2007/10/30(火) 17:38:41 |
  2. URL |
  3. うしまとん #-
  4. [ 編集]

あばらにヒビが入った程度でも、くしゃみや咳が出たらすごく痛いですもんね。
そうそう、身構えていればまだいいのですが、不意に出たときはこたえたものです。
「胸がこっぱみじん」というのは、いい表現ですね。
あばらのヒビくらいじゃ、そこまではなりませんが。
  1. 2007/10/30(火) 21:24:50 |
  2. URL |
  3. カウベル #bV.rN02k
  4. [ 編集]

A&Mさんへ

あまりにおもしろくて、「ちょっとクシャミしてみてくれないかなあ~」なんてこっそり思ってしまいました(笑)

本人は大変だと思うけど、そんなことを全く感じさせないいいおじさんです。早く体調100%になってもらいたいものです。
  1. 2007/10/31(水) 15:25:27 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

みもりの里のかあちゃんへ

かあちゃんにどなるなんて、失礼な舅さんですねえv-412私だったらぶち切れてます(だから「淳子が日本に帰るなんて考えられない」ってグレッグが言ったんだね。絶対持たないって。笑)

かあちゃん、えらい!
  1. 2007/10/31(水) 15:27:51 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

おかんさんへ

そっちの話こそ、ひょえ~って感じですよ。まあ、言われてみればなるほどなあって思いますけど。

おじさん、何ていうニックネームがいいかしらねえ?(笑)
  1. 2007/10/31(水) 15:29:36 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

Jakeさんへ

何となく、言っていることがとてもよく理解できてしまうでしょ?おかしいんだけど説明が的確なんですよね、これ。

あの~ねえ、「こっちの人ってタフですね」っていってますけど、日本人でロデオやってる人っていうだけでタフですよ(>_<)
  1. 2007/10/31(水) 15:32:05 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

うしまとんさんへ

普段、健康にしていると気がつかないことですよね?体の複雑な機能にはほんとに感謝しますよね。もっといたわらないと・・・・パパイヤの汁でスキンケアから始めようかしら(爆)
  1. 2007/10/31(水) 15:33:42 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

カウベルさんへ

「胸がこっぱみじん」というのは、いい表現ですね。

いやあ、ほめられてうれしいです(ほめてない?)。いつも怪しい日本語を笑われているばかりなので(笑)。カウベルさんもあばらの骨折をしたんですか?あれって自然治癒を待つしかないわけですよねえ。なんか気の長い話という感じがします。絶対その間に咳やクシャミしますよねえ・・・・・・痛すぎ(-_-メ)
  1. 2007/10/31(水) 15:36:22 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。