カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

電話不通

10月19日(金)晴れ 最高気温 +11度 最低気温 0度

昨日は一日中小雨と霧で湿度100%、今朝は晴れたものの霧が晴れるまでにまたまた時間がかかりました。午前中にインターネットの天気予報を見たら、今日は晴れ、明日は曇り、夕方から小雨になって日曜日には雪か雨の可能性が40%あると出ていました。麦わらのベーリングがまだ残っているので、気が気ではないのですが、こんなに湿っていてはどうしようもありません。

今日は晴れたものの風がほとんどなかったので乾燥するまでに時間がかかり、お昼頃の湿度は79%とでていました。午後になればベーリングができるかなあと思いましたが、庭の草を触ってみても水滴がまだ残っています。

こういうときの判断が自分ではどうしてもできないので(自分で判断すると「これじゃベーリングなんてムリ」という結論にすぐ達してしまうのですが、今後の天気予報を見ると、「天気が悪くなりそうだから少し湿気ていてもベーリングしてしまった方がこれ以上雨にあたるよりはまし」としたほうがいいのか、悩む)グレッグに電話をしてみました。600kmも離れたところにいる人に電話をしたって相手も迷惑なだけかもしれないけど、何か参考になることを言ってくれるのではないかと期待を込めて電話したのですが、あいにくトラックの中にはいなかったので、私は外に出て他のことをしていました。

しばらくして(午後二時ごろ)家に入ったら、グレッグから「今トラックに戻ったら電話があったようだったのでかけてみた。これからはトラックにいるからまた電話してくれ」と留守電が入っていたので、また電話することにしました。

ところが、受話器をとっても何の音もしないのです。まずは「電話が壊れたか?」と思い、別の電話をつないで見ましたが、何の音もしません。「また電話線が切れたか?」と心配になり、携帯電話の電波の通じるところまで行って電話会社に連絡しようと思いました。しばらくトラックで走っても全く電波が入りません。「この辺こんなに入りが悪かったか?」と思い、家のほうに戻りながら隣家に寄ってみました(家から1.6km先)

「電話使える?」と聞くと、隣人のゲリーさんが「え?知らない。ちょっと待って・・・・だめだね、全く音がしない。」「ホッ、良かった。うちだけじゃない。じゃあ、もう一件先に行ってみるから。」といって、3.5km先の次の隣人のところに行きました。そこのおばあさんがちょうど玄関の前に座っていたので、「電話通じる?」と聞くと、「いや、通じないよ。」「じゃあ、郵便取りに行くから、そこで電話は通じるか聞いてみるわ」と、ビヨークデールの村まで行きました。郵便局でもやはり電話は通じず、その人が聞いたところによるとプリンスアルバート(ここから2時間ほど)で主要の電話線が切れてしまい、サスカチュワン北東部の電話が全て通じなくなっているらしいのです。

それぞれの隣人のところにまた立ち寄って様子を報告しながら帰途につきました。

夕方のニュースによると、プリンスアルバートで工事をしていたところ、誤ってバックホーで電話線を掘り上げて切ってしまったらしいのです。携帯も緊急もインターネットも全てが遮断されていたとのこと。結局戻ったのは午後7時過ぎだったので、結構広範囲で被害があったようです。作業していた人、責任重大じゃないの~?

まあ、とりあえず自分のところだけじゃなかったということで心強かったし、今日のうちに戻ってきてくれてよかったです。田舎とはいえ(田舎だからよけいにか?)どれだけ電話に頼っているか思い知らされた半日でした。

今になってもう一度天気を調べたら、明日は晴れのち曇り、日曜日は晴れ時々曇りと出ています。うーん、ベーリングどうすればいいんだろう・・・・・

スポンサーサイト
  1. 2007/10/20(土) 15:10:38|
  2. 田舎のお話
  3. | コメント:10
<<初めての外食 | ホーム | 麦わらベーリング>>

コメント

いのち綱ともいうべき電話が不通となったら、さぞかし心細かったことでしょう。それが自分の家だけとなったらなおさらだけど、みんな一緒だったから、いくらかほっとした事でしょう。『工事をする人しっかりしてよ』って言いたいわね。
  1. 2007/10/20(土) 16:59:42 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

『赤信号、みんなで渡れば怖くない』って心境!?とはちょっと違うかな?
でも、自分の家だけだと修理費とか発生するし、やっぱりご近所も一緒だと心強いですね。
お隣まで1.6kmそしてさらにそのお隣まで3.5km。。。遠い!!
まるで我が家の牧場のような。。。v-12
  1. 2007/10/20(土) 20:13:16 |
  2. URL |
  3. おかん #H3HDo6sQ
  4. [ 編集]

そんなに広い範囲、日本だったら大騒ぎでしょうね。こちらでは最近、駅の改札が広範囲でシステムダウンするって事故がありました。
普段何気に使っているシステムが意外に脆弱だったりするもんですね。

ところで、デンワ線が切れて、携帯も使えなくなるの?
  1. 2007/10/21(日) 00:54:52 |
  2. URL |
  3. だぎん #-
  4. [ 編集]

電話が通じないのはコワイですねぇ。
しかしそんなに広範囲に落ちてたとは知らなかった。
そんな大事な線が簡単に切れちゃうところにあるってところが、さすが田舎(笑)。

最近ホント湿ってますよね。
朝霧が出てることも多いし、結局週末天気悪いし。
もうすぐ冬ですね・・・(ってまだ一応秋だと言ってみる)
  1. 2007/10/21(日) 15:10:04 |
  2. URL |
  3. じゃすみん #-
  4. [ 編集]

文明の力?

電話線がつかえなかったのは大変でしたね。 しかも携帯もだなんて。 でもご近所が○○キロも離れていても気軽に声掛け合えるほど仲が良いのが羨ましいです(^^)

やっぱりファームを営んでいると天気ってすごい重要なんですね。
結構雨風が多くてびっくりしてます。この時季の雨はバンクーバーだけの物だと思ってました。
この週末にベーリングできました? ってベーリングって何?
  1. 2007/10/22(月) 10:42:21 |
  2. URL |
  3. Kiki #-
  4. [ 編集]

A&Mさんへ

最初電話がつながらなくなったときには、「またうちだけか?(以前もそういうことがあったので)」ととても心配しましたが、回りもそうだということがわかって「じゃあもうどうでもいいや」と途端に大船に乗った気分になりました(笑)。

そのあと何にもニュースにならないんだけど、私としてはその会社の責任問題に発展したのか?というところに興味があります。
  1. 2007/10/23(火) 14:34:25 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

おかんさんへ

停電だったら(先週停電もあった)電話して、「あんたのところも停電?」って聞けばすむんだけど、電話不通だと連絡のとりようがなくて困ります(笑)。

でも回りもそうとわかった途端、おかんさんの言ったとおり、まさに「赤信号、みんなで渡れば怖くない」でしたよ♪
  1. 2007/10/23(火) 14:36:51 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

だぎんさんへ

電話が復旧したときに「OOの地域は市内電話は復旧しましたが、緊急、携帯はまだ回復していません」なんてラジオで言っていたんですよ。だから「へ~、携帯も使えなかったのかあ・・・」と思った次第です。だけど、携帯なんてケーブルいるの?変な感じですよね。

私が昼間携帯で連絡をとろうと走り回っていたとき、ケーブルが切れていたから使えなかったのか、ただ単に電波の入りが悪かったのか?の区別がつかないのがとても情けなかったです。
  1. 2007/10/23(火) 14:40:29 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

じゃすみんさんへ

プリンスアルバートより北東全部っていったらかなりのエリアですよねえ。10年程前、うちにバックホーで来てくれた人も作業始めて3すくい目でザックリ電話線やっちゃって「まさかこんなところにあるとは思わなかったぜ」みたいなことを言ってたけど、もうちょっと気をつけてくれーって思いますよね(笑)

これから少し天気が回復するみたいですよ。もう少し秋にがんばってもらわなきゃねえ♪
  1. 2007/10/23(火) 14:43:37 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

Kikiさんへ

電話や電気が使えなくなっちゃうと、ほんとに陸の孤島状態なので、「自分のところだけじゃないだろうな」って真っ先に確認してます。もし自分のところだけだったら電気会社や電話会社に連絡しないと直しに来てくれないので。

おかげさまで麦わらのベーリング完了しました。ベーリングとは、干草(牛のえさ用)とか麦わら(作物を脱穀した後に残る殻と茎。牛たちの寝床用に敷くためのもの)を丸い大きなマシュマロみたいに丸める作業です。ワトソンに行く途中に見たかな?

7月ごろ、一度記事にしましたので機会があったら見てくださいね♪
  1. 2007/10/23(火) 14:48:14 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。