カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カノーラのコンバイン終了

10月6日(土)雨 最高気温 +5度 最低気温 +2度

8月の終わりにカノーラ刈り取りの記事を書いたきりで、コンバインはどうなったの?みたいになっていましたが、昨日やっと完了しました。今日は一日雨だったので、その前に終わることができてホッとしました。

経緯がやたら長くなってしまいますが、カノーラを刈り取ったあとグレッグはトラックの運転の仕事に戻り、10日後に帰ってくる予定だったのですが、交代の運転手が辞めてしまい(あるいはクビになったかのどちらか)、代わってくれる人がいなくなってしまったので、代わりの人が見つかるまで続けることになりました。トラックの持ち主(ようするにグレッグのボス)が新聞広告を出して何人か応募してきたらしいのですが、誰かを採用するところにまでこぎつけなかったので、グレッグは9月24日頃まで運転していました。それでもそろそろコンバインの仕度を始めないと、ということで、持ち主に了解を得てトラックをとめて家に帰ってきました(持ち主としては、トラックが動いていないと収入にならないから、誰も運転しないでとめておくのは無念(大げさ?)である)。

うちのコンバインはとても古いので、動かす前にいろいろ修理が必要で、グレッグが2-3日費やしたところでトラックの持ち主から電話があり、「交代の運転手を見つけたから、トレーニングしてほしい。」と言ってきて、グレッグは再び仕事に舞い戻り。3日ほど一緒に運転して仕事の内容を説明して、10月1日(日)にまた帰ってきました。

その後も修理を続け(その他にも、脱穀する穀物によってギヤをはめ変えたりしなくてはいけない)、コンバインを始めたのは火曜日の午後から。その日は私が運転してグレッグはコンバインの後ろを歩いてもみ殻と一緒にカノーラの実がたくさん落ちてきたりしないかとか、全てがきちんと作動しているかとかの点検から始めました。

翌朝は霜が降りすぎていて湿っていたので、午後になるまで始められなかったのですが、木曜日は天気が良かったので早くから始めて夜10時半ごろまで続けました。昨日の午後に40ヘクタール全て終わりました。

うちのコンバインは1960年代後半のもので、規模が小さく、牽引式なのでとても時間がかかります。コンバインの速度は時速1.5kmで、歩くより遅いのです。

コンバイン風景20071


カノーラの畝をこのように拾っていくのですが、スピードを速くすると、すぐに詰まってしまって引っ張り出すのに余計に時間がかかるため、ゆっくりでも詰まらせないようにと、最低速ギヤで40ヘクタールのろのろコンバインしました。

コンバインピックアップ20073


うちのコンバインは、125馬力のトラクターで引っぱっているのですが、最新のコンバイン(もちろん自走式 牽引式のコンバインは1990年代中頃で生産が打ち切られた)は、500馬力近くあり、速度も時速9kmくらいで脱穀できるそうです。ただその代わりお値段もとてもよろしく、一台4000万円くらいします。(うちのコンバインの1000倍以上の値段 

コンバイン風景 前から20072


コンバインの収納タンクがいっぱいになると、ダンプトラックに入れます。これを何度か繰り返し、トラックがいっぱいになったら、収納倉庫までもっていきます。

コンバイン風景トラック20074


刈り取ったときには緑色だったカノーラの実も、今はすっかりこげ茶色になりました。

コンバイン風景カノーラ20075


トラックの荷台を斜めにして、後ろからカノーラをホッパーといわれる大きなたらいのようなものに流します。

コンバイン風景トラックホッパー2007


コンバイン風景トラックホッパー22007


このホッパーから収納倉庫の屋根の穴まで、オーガーという名前のパイプの中にらせん状のきりのようなものがグルグルしている機械でカノーラを運び上げます。

コンバイン風景収納倉庫2007


7月下旬の猛暑のため、収穫高はやはり予想していた量の三分の二くらいとがっかりするものでしたが、とりあえず無事に終わってホッとしました。次は麦わらのベーリングです。



















スポンサーサイト
  1. 2007/10/07(日) 14:24:51|
  2. 農作業
  3. | コメント:5
<<マヤ8歳になる | ホーム | 子牛二匹と子供二人>>

コメント

最高気温五度とは随分寒くなりましたね。
コンバインのお仕事本当にお疲れ様でした。
でも無事に収穫できておめでとう・・・。
作業の様子を読んでいると、いかにも農作業をしているって感じでのどかです。これが、高い機械代のために何かを犠牲にするって事になったら、ちょっとつらいものがありますものね。
まあ、一休みしてください。
  1. 2007/10/07(日) 15:13:20 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

お疲れ様でした~!!e-466

それにしても500馬力のトラクターv-4054000万円v-399も驚きですが。。。
その1000分の1の1960年代後半のトラクターってv-12v-12同級生e-3
こりゃぁウチのべーラー君はまだまだ頑張ってもらわなくっちゃv-91
  1. 2007/10/07(日) 22:11:56 |
  2. URL |
  3. おかん #z68dFP4o
  4. [ 編集]

↑同感。。。
トラクター4万円ってこと?
収益効率の面で、新型トラクターを上回ってるじゃない??
良い買い物したv-218
  1. 2007/10/08(月) 01:17:01 |
  2. URL |
  3. マックス #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

A&Mさんへ

どうもありがとうございました。コンバイン無事に終わって本当にホッとしました。

先ほどは電話もどうもありがとう。マヤも喜んでいましたよ♪
  1. 2007/10/08(月) 15:23:43 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

おかんさんとマックスさんへ

ちょっと、誤解されてしまったかしら?1960年代後半製で4万円のものは「コンバイン」であって、「トラクター」は1975年製で値段はコンバインの50倍も(笑)します。

どちらも私より後輩ですね(-_-メ)

あ、そうだ、牛の餌やりのトラクターは私より先輩よ。

おかんさんのべーラーはまだまだ若いですよ。

マックスさん、「良い買い物」ってねえ・・・・・動いてくれてる間はありがたいけど、壊れたりする可能性が高いし、壊れるとなかなか部品もないし、思いっきり非効率的みたい。
  1. 2007/10/08(月) 15:30:00 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。