カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グレッグのいとこの訪問 続き

8月20日(月)雨のち曇り 最高気温 +17度 最低気温 +11度

ティムたちはキャンプを終えて今朝次の目的地に向かったはずです。金曜日にキャビンにチェックインしたとき、土曜日は60%、日曜日は100%の可能性で雨が降るといわれたと言っていたのに、どちらもほんの少しだけぱらついただけで、あとは曇りでした。今朝は朝早くから午後遅くまで雨が降っていたので、ほんとにいいタイミングでした。

土曜日の午後、牛の餌などを終えて私もキャンプ場に合流しました。子供たちはその日にやったことを矢継ぎ早に(ほんとにその表現そのまま)教えてくれ、とっても楽しんでいる様子がありありとうかがえました。
キャンプ場08182007


夕食はボートを借りるところの近くにある公園内のレストランでとることにし、そこまでみんなで歩いて行きました。途中に誰でもタダでできる釣り堀(というか、池のようなところに魚を入れてある)があり、子供たちは順番に釣り糸を投げ入れました。みんな水藻を上手に釣り上げ、それぞれ拍手していました(笑)。
釣り堀08192007


翌日曜日、私は家に一度帰り、子牛たちのミルク、ニワトリの水、放牧地の牛たちの水やり(ついでに家の中にいるネコのブラッキーに挨拶 笑)をしてキャンプ場に戻りました。10時過ぎにつくと、みんなはまだパジャマ姿でシリアルを食べているところでホッとしました(爆)

11時過ぎ、ボートを借り、7人全員で乗り込みました。これは底が平らになっているポントゥーンというボートで、ティムは車椅子のまま乗れます。ただ、車椅子からは運転ができないため、ボートなど運転したことのないミシェルと私がボート操作について教わり、いざ出発!

ティムは実家が海沿いにあるためサーモンフィッシングなどを何度も経験していて、釣り未経験(ミシェルはとても小さいときに一度、私はカナダに来たばかりにグレッグのお姉さん一家に湖に連れて行ってもらったことがあって以来)の私たちにとっては心強い存在でした。ここは川をダムでせき止めたところであって、案内所でもらったたよりない地図と、ボートについている深度計をたよりに上って行ったのですが、深さがものすごく極端で、7mくらいのところにしばらくいたかと思えば急に300mまで深くなり、そうかと思うと水藻がたくさんあって深さが1mくらいしかないところまで行ってしまったり、ちょっとハラハラしました。どちらにしてもスピードの出るボートではないので、「ゆっくり行けばいいよ。」と焦らず行ったのがよかったと思います。
ミシェルボート運転


子供たちはボートの一番後ろで自分たちで作った歌を振り付きで歌って超ご機嫌!
ボートの上での子供たち


しばらくして釣りをはじめました。一番エンジョイしたのはマヤ。ティムがカギ針にミミズをつけると、「こんどはわたしがやりたい!」と言って自分でミミズをつけて、何も釣れなくてもずーっと辛抱強く釣りざおを持っていました。。カンナもミミズをつけるのは平気みたいでしたが、ミシェルの娘のエマちゃんは、「ミミズがかわいそうだからもう使わないで」とミミズを保護する立場に回ってました(笑)

釣りをするマヤ
マヤ 釣り08192007


大きなペリカンやハゲワシもいました。

ペリカン
ペリカン08192007


途中でサンドイッチとココアを飲み、結局4時くらいまでボートに乗っていました。

しかし、ボートを貸してくれたところでアイドリングの設定を低くした(しすぎた)ため、しばらくすると一度エンジンを停めて釣りをしたあとまたエンジンをかけようとするとかからなくなってしまったのです。かけてもすぐ止まってしまうので、かけたらすぐスロットルを上げて回転を早くしないとならず、「これでかからなかったらどうしよう・・・・・誰かを呼び止めるしかないよねえ」とちょっと心配になりました。

幸い無事にドックまで戻れましたが、最後の方は「やっとかかったからこのチャンスを逃すな!」みたいに必死になってしまいました(>_<)

結局ティムに30cm強のスズキ、私に20cmくらいのスズキがかかり、子供たちがリールを巻いたり、ネットで魚を捕まえたりするのを楽しみました。
ティム釣り


一度はカンナの持っていた竿がものすごくしなり、ティムに代わってもらいましたが、それでも魚がものすごい力で引っぱるのでティムは釣り糸全部を出し、そのあとはボートのエンジンをかけて釣り糸を手繰り寄せながら魚の後をついていきましたが、結局はえさと針ごと逃げられてしまいました。川カマスの一種ではないかということでしたが、どちらにしてもあの竿と糸では太刀打ちできる相手ではなかったらしく、仕方がなかったということです。でも、そんな大きな魚をちょっと見てみたかった気もします(笑)

キャビンに戻ってたくさんのハグと「また会おうね」のやりとりのあと、私たちは家路に着きました。とってもいい思い出をありがとう♪







スポンサーサイト
  1. 2007/08/21(火) 14:52:52|
  2. 日常
  3. | コメント:10
<<「クリームハニー」入り生キャラメル作る | ホーム | グレッグのいとこの訪問>>

コメント

楽しそうな一日!いい時間が過ごせてよかったですね。ボートに乗って釣り、子供たち喜びそう~。歌を歌ってご機嫌そうな子供たちがうらやましい。わたしはあまり戸外に行ってないなぁ~涼しいところでいい景色を見ていたいな。今日はここでいい景色を見せてもらいました♪thanks!!
  1. 2007/08/21(火) 15:33:37 |
  2. URL |
  3. azu #PynBBHHs
  4. [ 編集]

これこそ”カナダ”という感じの、楽しいワイルドな二日間でしたね。
大人も子供もみーんな楽しそう。雰囲気が伝わってきます。
子供達にとって本当にいい思い出ができましたね。
出来事を矢継ぎ早に話してくれたなんて、子供達の嬉しさが手に取るようにわかります。
ああ、いい夏休みでした。
  1. 2007/08/21(火) 16:43:13 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

楽しい時間が過せて本当に良い夏休みでしたねv-221
ボートの上での子供達の写真、子供達の表情がすばらしいe-267いつも仲良し2人組みだけれど、いっそう表情が輝いてますe-460
動物を飼っていると、泊りがけの参加が出来なくて(我が家も同類でした)少し寂しいのだけれど、今回のように距離が近くてちょっと頑張れば参加できることがあるといいですよね。次回はグレッグさんも是非ご一緒に(o^-')b
  1. 2007/08/21(火) 20:12:18 |
  2. URL |
  3. おかん #H3HDo6sQ
  4. [ 編集]

azuさんへ

日本はまだまだとっても暑いんですってね。戸外にも出たくなくなりますよね。

ここはほんとに素敵なキャンプ場でした。子供たちが遊べるところがたくさんあって。釣りもボートも楽しかったようです。私自身も、予想していたよりもずっと楽しめました(^^)もしカナダに来たら、一緒に行きましょうね♪
  1. 2007/08/22(水) 14:34:53 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

A&Mさんへ

みんなすっかり仲良くなって本当にいい体験でした。夏休みのすてきな思い出ができたと思います♪
  1. 2007/08/22(水) 14:35:59 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

おかんさんへ

本当はグレッグが帰ってきていることを見込んでボートの予約とかしてあったのだけど、どたん場で都合がつかなくなってしまってミシェルがほとんど運転するはめになってしまいました。上手に運転してくれたし、エンジンがかからないトラブルさえなければ最後までもっとリラックスできたと思います。

みんなにとっていい思い出になりました。子供たちがこれからも連絡を取り合ってまた会う機会があったらいいなと思います。

こんどはグレッグも一緒に家族でキャンプにでも行きたいものですね♪
  1. 2007/08/22(水) 14:39:52 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

いい!!すごくいい!!
「夏休み満喫中」ってかんじだわぁv-353
子供同士ってすぐに仲良くなるよねぇ。いいよねぇv-411
それにしても、逃した魚はやっぱり大きいらしい?

ペリカンって野生の??
  1. 2007/08/22(水) 22:11:33 |
  2. URL |
  3. Beko #-
  4. [ 編集]

大物!!(@_@)
「老人と海」を思い出しちゃいましたよー。
(で、勝手に魚のイメージが巨大化して一人興奮)

子供さんたちが楽しそうに歌っている場面は、なんだか自分が同じくらいの年だった頃を思い出しました。
魚釣りにいく車の中で、みんなで考えたヘンテコ過ぎる歌を大合唱したっけなぁ(笑)
今思い出すと、聞いていた大人は愉快だったか、恥ずかしかったか(-_-;)

素敵な夏を過ごしましたねe-266
  1. 2007/08/22(水) 22:23:02 |
  2. URL |
  3. うしまとん #-
  4. [ 編集]

Bekoさんへ

ほんと、子供たちってすぐ友達になるよね。いいことだと思うよ♪

ペリカンは野生ですよ。すごく大きくてビックリ。
  1. 2007/08/26(日) 03:44:22 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

うしまとんさんへ

偶然!私たちも魚を追いながら「老人と海」のことを話してたんですよ~。この本を読んだのもうしまとんさんの影響を受けてだったねえ。思い出したわ。

子供たちの歌、ボートの上で誰も周りに人がいないところでよかったって感じでしたよ(笑)本人たちはノリノリだったけど(>_<)
  1. 2007/08/26(日) 03:47:00 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。