カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近のニュース

1月20日(金)晴れ 最高気温 -18度  最低気温 -23度

昨日から冷え込み、サスカチュワンのいつもの冬という感じになりました。

来週の月曜日は、カナダ連邦政府の選挙があります。自由党、保守党、新民主党、ケベック党が主な政党ですが、ケベック党はケベック州のカナダからの独立をうたう政党なので、サスカチュワン州には(あたりまえだけど)立候補者がいません。

お互いの政党をけなしあうような選挙運動はどこに行っても同じみたいですが、今朝ラジオを聞いていたら、昨日サスカトゥーン市内で地元のテレビ局が主要三政党の立候補者を招いて議論する生番組の中で、こんなことがあったといっていました。
視聴者も電話で質問などをしてその番組に参加できたのですが、二番目の電話の主が、ある政党の立候補者に対し、「あなたは性的犯罪に問われたことがあるのではなかったか。」といって、その立候補者が、「なんてとんでもないでたらめを言い出すんだ。あなたの名前を教えて欲しい。」と言ったら、電話がぷつっと切れてしまったらしいのです。

テレビ局がどうもおかしいと思って、その電話がどこからかかってきたか追跡したら、別の立候補者の選挙事務所だったのです。その立候補者に問いただしたところ、「うちの選挙運動のチームにそんなことをする人がいるわけはない。誰かが、いたずらでやったんじゃないか。」といったそうですが、その辺の人が、丁度生番組の時間に選挙事務所に入ってきて、自分の番が来るまで電話を待っていてそんないたずらを言うわけは絶対無いと呆れてしまいました。

あまりにレベル低すぎ。

また、今日の別のニュースで、アメリカから日本に輸出された肉の中に、特定危険部位が混ざっていて、米国産の牛肉の輸入がまたストップしたといっていました。

カナダ産は今のところ何も限定がないということですが、グレッグは、「カナダはアメリカに対して頭が上がらないから、自主的にとりあえず私たちも輸出を控えますとか言うんじゃないの、まったく情けない。」と半分冗談ながらも愛想を尽かしていました。日本は、今までもアメリカとカナダをひとまとめにして「北米産の牛肉」といって取り扱っていたので、どういう風になるでしょう。やっと解禁になってわたしたち農家も安堵していたところなのに、あまりのずさんさに呆れます。

年齢判定基準にしても、カナダは出荷する牛たちに個別認識票をつけて、どの牛がどこから来たかをトレースバックでき、生年月日もそれによってわかるのですが、アメリカはそのシステムが大幅に遅れています。

政治的なことで私たち生産者たちが一番被害を受けるのが悔しい現実です。



スポンサーサイト
  1. 2006/01/21(土) 02:45:28|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<のどかではない田舎 | ホーム | ティズデールの日本人>>

コメント

アメリカ産牛肉の危険部位混入は、本当に残念なニュースです。
どうして、ようやく再開したのにそんなずさんな商品を出荷したのでしょう?
アメリカ人が安易なのか、何なのか?

輸入再開されてから既に1300トンあまりが輸入されたそうですが、日本での売れ行きはあまり良くないと報道されていました。
今回の輸入停止でますます評判を落としてしまうことは間違いありません。
検査方法が不完全なのに、再開に踏み切ったことに対して日本国内では批判的な意見も少なくないのです。
「それ見たことか」というニュアンスのインタビューがテレビで流れていました。

アメリカの加工業者は、一業者という意識で仕事をしてはならないはず。北米すべての畜産業者の前途を担っているのだと自覚して仕事をしてほしかった。
アトランティック何とか社は「うっかり間違えた」と声明を発表した模様。
アメリカ農務省は緊急記者会見で「肉には自信がある」とこの期に及んで言っている。
呆れる。。。
  1. 2006/01/21(土) 10:13:19 |
  2. URL |
  3. マックス #lvSQ64M2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jordefarms.blog36.fc2.com/tb.php/27-c29f12d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。