カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スケートデビュー

飾りを取ってしまったツリー

1月8日(日)曇り 最高気温-6度 最低気温-10度

金曜日の夜は誰でもスケートができる日なので、この前庭で練習したからもう人前に出ても恥ずかしくない!と、ビヨークデールの村のリンクで挑戦することにしました。グレッグにいっしょに行ってもらおうと思ったら、「頭が痛いから行かない。」と断られ、「もしかして、私と行くのが一家の恥さらしになって、いやなんじゃないか。」と思いました。子供たちが、「私たちが教えてあげるから大丈夫だよ。」と言ってくれたので、3人で行くことにしました。

リンクに行ってみたら、「え、ここはどこ? この人ごみは何? みんなどこから来たの?」というくらい、ものすごい込みようなのです。リンクの半分はホッケーをする人たち、残りはすべる人たちというようになんとなく分かれていたのですが、数えてみたら70人以上いました。今までグレッグが子供たちを連れて行ったときの様子と話が違うと思って、周りの人に「いつもこんなにたくさん来るの?」と聞いたら、「そんなことはない。今日はいつもより多い。」といわれ、何で私がはじめてやろうと思ったときに限って・・・と悲しくなりました。

とにかく転ばないようにしようと気をつけて滑りましたが、鬼ごっこをしている子供たちとかいて、みんなものすごいスピードで、好き勝手な方向に滑っているのです。誰かが近くに来るたびに、「ギャー来ないでエー!私は止まれない!」とか叫びながら滑りましたが、子供たちはみんな私よりずっと上手なので、よけていってくれました。

今日(日)の午後もフリースケートの日だったので、また行ってきました。今日は来ていたのは10人以下で、ぶつかる心配もなく、思う存分練習できました。グレッグも一緒に行ってくれたので、どうやって止まるかと、後ろ向きにすべるやり方を教わりました。止まるためには、ある程度スピードを出して滑っていないといけないので、今のところ私は、徐々にスピードを落として止まるか、周りの壁につかまって止まるかのどちらかです。

前からずっとスケートをやってみたいと思ったので、がんばって練習したいと思います。

サスカチュワンには、ウクライナから昔移民してきた人たちが結構いて、1月7日くらいが、ウクライナ地方の人たちがクリスマスを祝う時期なので、町などに行っても、大体このくらいまでは、クリスマスの飾りを出しています。私たちの家でも、昨日クリスマスツリーを片付けました。小さなツリーだったにもかかわらず、なくなったら部屋の片隅がぽっかりあいた感じです。林の中に捨てるために外に出したら、おかあさんネコがカリカリとかじっていました。おいしいのかしら?


スポンサーサイト
  1. 2006/01/09(月) 13:32:47|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ネコのシマちゃんパート2 | ホーム | 冬休みが終わって>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jordefarms.blog36.fc2.com/tb.php/24-aa08ad2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。