カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

林で焚き火

焚き火でマシュマロをロースト

12月30日(金)曇り 最高気温 -4度  最低気温 -6度

今日は一日霧がかかってどんよりと曇った日でした。家の裏の林でダンナのグレッグが伐採をしていたので、子供たちと一緒にマシュマロを持って焚き火をしに行きました。林の一部を切り開いてちょっとした空き地のようにしてあって、そこで短くきった丸太をいす代わりにして焚き火をしました。

枯れ木がたくさんあったので積んで火を起こし、枝の先を尖らせてマシュマロを突き刺して火の近くで温めるととろーりと口の中で溶けて、とてもおいしいです。でもあまり火に近づけすぎるとマシュマロが燃えてしまって、真っ黒焦げになってしまうので注意していないといけません。

家の裏には畑があって、林はその更に北なので、家からは大体500mくらい離れているのですが、おかあさんネコとシマちゃんとブラッキーはずっと雪の中を歩いてわたしたちについて来ました。帰りも歩いたから、小さい猫たちにとっては結構いい運動になったと思います。

毎年年末になるとカナダの気象庁は「今年の天気に関する10大ニュース」を発表するのですが、今年は60年ぶりに降水量の記録を更新した、とても雨や雪の多い年だったそうです。カルガリーでの大洪水や浸水に始まり、サスカチュワン州、マニトバ州などでも各地で大水による被害が出ました。

過去のニュースものっていたので、去年のを見たら、「記録上最も寒い夏」と書いてあり、2年前は「平原州(サスカチュワンなど)大干ばつによる被害」というのがトップニュースでした。それ以前2-3年は干ばつによる被害が続いていて、全くなんて極端なのだろうとびっくりしてしまいました。

ここまでとても穏やかな冬でありがたく思っていますが、一月になったらどんな気候になるのか、ちょっと心配です。




スポンサーサイト
  1. 2005/12/31(土) 15:10:56|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<あけましておめでとうございます | ホーム | 穏やかなクリスマス>>

コメント

子供たち楽しそう。

寒くても平気みたいで、子供は元気だね。
とてもじゃないが、参加できそうもありません。

マシュマロ以外のものは焼かないのですか?
芋とか、きのことか、リンゴなんかもおいしそうじゃない?
  1. 2006/01/01(日) 10:43:25 |
  2. URL |
  3. max #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jordefarms.blog36.fc2.com/tb.php/20-f51dab8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。