カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グレッグ トラック運転教習にかよう

11月3日(金)曇り 最高気温 -5度 最低気温 -16度

朝温度計を見たら、マイナス16度。外に出たらキーンという寒さでした。それでもマイナス30度の日が何週間も続いたあとだったら、マイナス16度が穏やかで過ごしやすいと思うのですから、何ごとも見方次第ということでしょうか?ちなみに日曜日はプラス6度で小雨という予報が出ています。なんだか極端。

今週の月曜日から、グレッグは大型トラックの免許取得トレーニングのために隣町のティズデールに通っています。このコースは、カナダ連邦政府が低所得の農家を対象に、技術を身に付けるために(それによって農業の幅を広げる、農業以外からの収入を得られるようにする)必要なトレーニングなどにかかる費用を負担してくれるシステムを通じて行われているものです。

グレッグはこの援助プログラムを使って、「油田などで働くための安全に関する知識(産業に対しての知識、特殊なガスの環境のもとで働くための知識、応急処置、など)」、「牛の人工授精の技術の取得」を既に受けていて、今回のトラックの免許が終わったら、「溶接工としての資格のアップグレード」というのも受ける予定です。グレッグは若いときに溶接の学校に行って資格をとったのですが、それにもいろいろレベルがあって、もっと上のレベルがあるといろいろな仕事につきやすいのです。技術的にはできるらしいのですが、要するに「資格の紙」がないので、それがネックなのです。このコースを取ればさまざまな州で通用する資格が取れるらしいです。グレッグの割り当て金はそれでもう使い果たされてしまったと思いまが、どの技術も資格も有益だと思います。

私もその援助プログラムからは承認を受けている(条件 = 貧しい)のですが、取ってみたいコースがないので、まだ一度も受けていません。「ピアノの調律士」の資格を取ってみたいなと思うことはあるのですが、自分がやりたいことをやればいいというわけではなく、そのコースを受けて技術を取得することによって自家の農業(農家)環境を向上するもの(それによって仕事に結びつくもの)でないといけないので、ちょっと的外れという感じです。あと、子供がいるのでどこか遠くで行われている(例えばサスカトゥーンの大学とか)コースを受けるわけにも行かないし、トラックの運転免許も興味ないし(車軸がいくつもあるトラックにトレーラーをくっつけて牽引バック・・・新しく覚えた言葉♪しながら細い道を入っていくなんてとても神経持たない)、なんかいいコースないかしら?人工授精のコースがまた開かれたら、行ってみたいなと思っています。

とにかく、グレッグは朝7時前には家を出なくてはいけないのですが、月曜日には新しく買ったシリアル(ブラン・・・小麦のふすまが入っているもの)を私が食べてみたかったので、 それを朝食としました。「お弁当必要なの?」と聞いたら、「知らない。」というので、一応サンドイッチを作って持っていってもらいました。帰ってきてから、「みんなお昼どうしたの?」と聞いたら、「ボク以外はみんなどこかに出かけた。」と言ったので、「じゃあ、明日からどうする?食事代も経費の一部としてカバーされてるんじゃないの?」と言ってみました。「多分そうだと思うけど、お弁当持ってく。」え~い、めんどくさいやつじゃ。私だったら外食の機会があれば躊躇なしに出かけていくのに、グレッグは外食が概して嫌いなのです。

シリアルがあまり好きではない(というか、しっかり朝食をとったという気にならないらしい)グレッグは、火曜日の朝食もシリアルにされると思ったのか、前の日よりも早く起きて自分でベーコンを焼いている音が聞こえてきました。私は着替えながら、「お~、このコーヒーの香りにベーコンと目玉焼きが焼ける音とにおい。たまらないなあ。」とうれしくなって電気のついている台所まで行きました(グレッグの人気度アップ100%↑)。「おお~、いいにおいだねえ。」といってカウンターを見たら、お皿がひとつしかなく、フライパンの中には一人分のベーコンと目玉焼き!!!「え、ちょっと何これ、自分の分しか作らなかったの~?」「え、だって起きてくるかどうか知らなかったから。」人気度急降下500%↓↓↓

「お弁当欲しいって言ったの自分じゃん、あんまりだ。ドアあけたり音してたのに。」と、驚く、おこる、呆れる、ガッカリする、笑える、が全部入り混じったなんとも複雑な気持ちにさせられました。「あ、じゃあ今作るから・・・」いいです。自分でやりますから。とりあえず、翌日からは私の分も一緒に焼いてくれています。結構優しいじゃない。人気度回復50%↑

生徒は全部で8人だそうで、「ほかは若い人ばかり?」と聞くと、「37歳から55歳まで」とのこと。驚いたことに、その55歳の人は字が読めないとかで(字が読めないことに驚いたわけではなく、そのコースを受けていることに驚いた)、援助プログラムの方で、その人のために手伝ってくれる人を雇って(そのお金もその人の割り当て金から出る)問題を読んであげて、答えを書いてあげてるそうです。今日ひとつテストがあって、「その人どうだった?」と聞いたら、「通ったらしいよ。」とのこと。もしこれで免許をもらえて、トラックの運転手を職業として選んだら(グレッグみたいに免許取るだけが目的かもしれないけど、でもグレッグだってトラックの運転手の仕事をする可能性がないわけではないし。法的にできるわけだから・・・受かればだけど)その人、荷物積載の条例とか申請用紙とか読んだり書いたりしなくてはならないことになると思うんだけど・・・・・・どうなんでしょうか?

コースはあと2週間続きます。グレッグ、頑張って。(コースも朝ご飯作りも。せっかくなので手出しせずそのままにしておきます♪)



スポンサーサイト
  1. 2006/11/04(土) 11:12:13|
  2. 日常
  3. | コメント:14
<<牛の餌やり | ホーム | うちに帰る牛たち>>

コメント

おう、おう、頑張ってますね。利用できるものはなんでも大いに利用しなくっちゃ、援助プログラムでもグレッグさんでも。
やっぱり愛妻弁当が一番なんでしょうね。健康のためにも、ここは一踏ん張りしてあげて下さいな。
  1. 2006/11/04(土) 15:49:41 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

クスクス。ハ、ハ、ハ、ハー

大いに笑わせていただきました!
人気度↑したり↓したり。夫婦って万国共通ですねー。
グレッグさん頑張っているんだ!大人になって家庭を持ってから、資格を習得するって大変な努力が必要です。寒い中、グレッグさん頑張っているんですね。おいしい愛妻弁当を作ってあげてください。
  1. 2006/11/04(土) 16:20:31 |
  2. URL |
  3. Tママ #-
  4. [ 編集]

そうそう、GregさんはJunkoさんの手作り料理が一番好きなんですよ♪
前にお会いしたときもそんなことおっしゃってましたものね。
でも+100ー500+50=ー350%でまだまだマイナスですね(笑)。
先日離農予定しているって言った義姉カップルも、このトレーニングコースで得た資格で仕事を探す予定みたいなんですよ(ちなみに彼らが住んでいるのはTisdaleとCarrot Riverの中間あたりのAylshamっておそらくBjorkdaleよりも小さい町の郊外です)。政府からのサポートは農業従事者のためのものなのに、それで離農されるんじゃ本末転倒???って思ったりもしましたが、農業に就いたことのない私には偉そうなこと言えないですものね・・・。
溶接工の仕事はかなり需要高いみたいですよ。
夫も以前基礎の1日コースを取ったんですが、資格を持ってる人はかなり少ないうえに仕事が多いと講師が話していたと言っていました。
Junkoさんも何か受けられるといいですね!ピアノの調律士とか、農業に関係なくても、農家の副収入になるものならOKしてくれても良さそうだけどなぁ。
  1. 2006/11/04(土) 18:07:53 |
  2. URL |
  3. じゃすみん #-
  4. [ 編集]

グレッグさんはお勉強と朝ご飯つくり、淳子さんはお弁当つくり。。お二人とも頑張って下さいね。

  1. 2006/11/04(土) 20:39:36 |
  2. URL |
  3. まみっこ #-
  4. [ 編集]

マイナス16度!まだ11月になったばかりなのに、こっちの真冬ばりですねー!

援助プログラム、いいですね♪
私も受給資格ある自信がありますが、あいにく日本は、ハローワークでも職業訓練の講座を受けられる期間が決まっていた…はず(退職して何ヶ月以内、とかなんか)
講習を受けるためのお金を稼ぐところから頑張らなくちゃですv-356
それにしても「油田で働く」資格とか、すごいですね。文化(?)の違いを感じますねー。
寒いですが、留守を預かるjunkoさん共々、頑張ってください♪
  1. 2006/11/04(土) 21:06:27 |
  2. URL |
  3. うしまとん #-
  4. [ 編集]

ベーコンと卵の焼ける音&匂い、私も大好きです。とはいってもうちでは義理の両親宅での日曜日のブランチの時だけだけど...
なぜだかベーコン&卵ほど人に作ってもらって嬉しいものはない...

Gregさんも朝早くから頑張ってますね。junkoさんも巻き添え?くっているけれど、二人で乗り越えてください...

それにしても、人工授精のコースって?
  1. 2006/11/05(日) 07:17:17 |
  2. URL |
  3. もも #-
  4. [ 編集]

うふふ。グレッグさん、やっぱり、やさしいじゃあ、ないですか~!それにしても、人気度のアップとダウンには、笑わせてもらいました(笑)
「牽引バック」使ってますね~。
  1. 2006/11/05(日) 09:54:27 |
  2. URL |
  3. うしおばさん #-
  4. [ 編集]

Tママさんへ

確かに、成人してから(年をとってからって書こうと思ったけど、認めたくなかったので)新しいことを習うのって大変ですよね。ピアノだって、何十年も前に習った曲がすっと弾けても、新しい曲は全然覚えられませんから・・・・・

  1. 2006/11/06(月) 00:51:20 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

じゃすみんさんへ

グレッグ、私の手料理が好きというわけではないと思います。サスカチュワンに来てからおいしいレストランにめぐり会ったことが一度もないので(全然出かけないんだけど)、ましてティズデールではそれに輪をかけて・・・・ってことで、外食がいやなんだと思います。私だったら、チキンデライトだってA&Wだって誰かがお金払ってくれて外食できるなら何でも大歓迎ですけどね。
  1. 2006/11/06(月) 00:54:36 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

まみっこさんへ

ありがとうございます。頑張るようにグレッグに伝えておきます(笑)。私のほうは、どっちにしろ子供たちのお弁当も作るから、みんなまとめて少し早く終わらせることができて便利です(何を作るか決まってればだけど・・・・考えるのがいやなんです)。
  1. 2006/11/06(月) 00:57:47 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

うしまとんさんへ

金曜日、マイナス16度だったので、「もう駄目だ、これで真冬に突入だ。」って思いましたが、何とか持ち直してくれてよかったです。今朝はマイナス5度で雨!!降ってます。水って0度で凍るんじゃなかったですか???

この援助プログラム、本当に助かります。農家の経営が厳しいときに、こういう風に自己向上のために助成金をもらえることはありがたいことです。もし自分が何かのコースに参加しているために手伝いを雇わなくてはいけない場合も(牛の餌やりとかの)、その費用を出してもらえます。
  1. 2006/11/06(月) 01:04:05 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

ももさんへ

朝の卵とベーコンの匂いって、たまらないですよねえ。だから、台所に行ってお皿が一枚しか出ていないのを見たときのショックは本当に大きかったです。くらくらって感じ。

人工授精とは:

カナダでは一般的に雄牛(種牛)を雌牛と一緒に放牧して自然に交配させるのですが、人工授精をする人は(純血種を育ててる人、酪農家に多いです。あと、日本では肉牛もほとんど人工授精)雌牛の発情期に種牛の精液の入ったチューブを雌牛の体内に差し入れて交配させるのです。

実際私たちが人工授精を使うかどうか分かりませんが(このコースによって「人工授精師」という資格が得られるわけではなく、自分のところの人工授精を自分でできるというだけ)知っていて悪いことではないと思います。
  1. 2006/11/06(月) 01:12:07 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

うしおばさんへ

グレッグ、優しいっていうか・・・・・ そこにたどり着くまでが長すぎますよね。目覚まし時計鳴って一緒に目を開けてるんだから、普通もう一人分作るでしょうが。ちょっと打ちのめされた感じでした。
  1. 2006/11/06(月) 01:15:54 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

おかんさんへ

矢印の↑向きが、多すぎますよ(笑)。
  1. 2006/11/06(月) 01:17:39 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。