カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

石拾い

9月30日(土)晴れ夜夕立
私たちの敷地はやたら石が多いところで、こんなに石が多いと知っていたら絶対買わなかったよな~と思うほどすごいのです(もっと下調べをすべきだった)。

石に機械が当たると故障につながるので毎年耕す前後には石を拾っているのですが、耕すたび、雪解けのたび、雨が降るたびに増えたり地表に上がったりしてくるようで全く終わりというものがありません。

先週バックホーのおじさんにきてもらって50ヘクタールの畑の石を掘り出してもらいました。
バックホー1

バックホー2


重機に詳しくない私ですが、このバックホーはほんとに便利そうでぜひ欲しい一台です。あったらいろいろに使えそうです。70馬力でそれほど大きくない機械なのですが、ずいぶん大きな石をどんどん掘り出してくれました。二つくらい大きすぎて掘り出せない石があったため、石の脇に更に深く穴を掘って石をその穴に転がしました。

このバックホーのおじさんは仕事が速くてとてもいい人なのですが、注意にかけてるところが時々あって、私たちが移ってきたばかりに近くから古い家をもらうことになってそれをのせるために地下を作るときにきてくれてバックホーで地面を掘ってくれたのですが、3すくい目ぐらいで電話線を掘り出してしまって(もちろんぷっつり切れた)「やいやい、こんなところに電話線があるなんて思いもしなかったぜ」みたいなことを言って線の両端を持ってどのワイヤーをつなげば電話がつながるか一生懸命探してくれたのです。電話のコードの中には8本くらいワイヤーがあって(白4本と色つき4本)その中の2本さえつながっていれば電話はつながるのです。その組み合わせを見つけるのが結構大変だったのですが(おまけに地面の中をちょうどいい長さで通してあるわけだから、線を引っぱる余裕がない)、おじさんは「バックホーが仕事をしてないときにはお金を請求しないから」という主義なので(でも電話線切ったの自分ですけど)まあやってもらうことにしました。やっと正しい組み合わせを見つけて地面においてその上に板をかぶせておいたのですが、帰るときになっておじさんがトラックでその板の上を踏んでしまってそのはずみでまた線が外れてしまったのです。本人はそのことに全然気づかずに帰り去ってしまったので今度は私たちが懐中電灯を手に線と格闘しました。

そのあとも雨が降ったりするとよく外れて、何年かは不便な思いをしましたが、3年位前に今の家に移るときに線を引きなおしたのでもうその問題はなくなりました。

大きな石

まあとにかく、掘り出した石を今度はグレッグがトラクターで畑の外に押し出しました。ひとつとても大きくてトラクター一台では動かせなかったので、牛の餌やりの小さいトラクターにつなげて二台で引っぱりました。

それ以外にもまだ石がたくさんあったので、今日家族総出で石拾いをしました。カンナとマヤがトラクターに入って、ギヤを最低速に入れておいて畑の中を運転してもらいました。歩くのと同じくらいの速度なので私たちは石を拾ってはトラクターのフロントエンドローダーのバケツの中に入れ、一杯になるとグレッグが畑の外に捨てに行きました。

ちょうどサスカトゥーンから友人のマサヒロさんが来ていたので、一緒に手伝ってもらいました。
石拾い1



子供たちはしばらくトラクターの運転を手伝っていたのですが、やはり途中から遊びたくなってしまってこの石の積み上げてあるところで遊んでいました。そのあとは私がラッキーにもトラクター運転を担当し、重い石拾いはマサヒロさんとグレッグが担当しました。
石拾い3

石拾い4


おまけに今日は気温が20度もあってエアコンの効いたトラクターの中は最高でした(失礼、二人)。

大きな石で思い出すのは、去年大きなパワーショベル(バックホーみたいだけど、タイヤではなくてブルドーザーや戦車のような鉄の板の連結したようなので動くもの)を持っている人に来てもらって古い建物を壊したときに、すぐ近くにあった石を掘り出してもらおうと思ったらその石が車よりも大きいものでとても掘り出せず、横にものすごく大きな穴を掘って、バランスを崩させて自分の重みで穴に落としました。
石拾い5


身長130cm弱のカンナがとても小さく見えます。おまけに地下水も湧いてきた。

これまでより1000個くらいは石が少なくなっていることは事実なんですが、実際違いに気がつくかなあ・・・・




スポンサーサイト
  1. 2006/10/02(月) 13:17:41|
  2. 農作業
  3. | コメント:7
<<マサヒロさんとの出会い | ホーム | テリー・フォックス・ラン>>

コメント

あのでかいトラクターを子供達が運転するなんて
すごいねー。日本じゃとても考えられない事ですね。
電話のケーブルが地下を通っているのも初めて
知りました。それにすごい石、仕事はつぎつぎと
ですね。体も労わって下さい。
  1. 2006/10/02(月) 14:30:30 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

あの辺り、農地の真ん中に石をゴロゴロ積み上げているのを良くみかけますが、あれもJunkoさんたちのように石を掘り起こして集めたものなんですね。最初に見たときは、農地の真ん中に石を積み上げたオブジェなんて、しゃれてるわ~、なんて呑気なことを考えたものですが。
1000個はすごいなぁ。それに、カンナちゃんより大きい石って・・・。
  1. 2006/10/02(月) 17:12:28 |
  2. URL |
  3. じゃすみん #-
  4. [ 編集]

なんだか私はバックホーのおじさんとお友達になれそうですわ。とても他人とは思えません。
石拾いは大変ですが、放っておくと機械の修理代に直結なのですよね。経験あります。
 我が家のトラクターは昨年からエアコンが効かなくなりました。だから、夏はとってもホットです。でも、運転しながら、汗をだらだらかくと実際はどうであれ、たっぷり仕事をしたような気持ちになります。暖房はかろうじてまだ大丈夫。うちでもダブルのトラクター使ってますけど、それは傾斜がきついからなのですが、そちらはぬかるみがひどいからなのでしょうか?
  1. 2006/10/02(月) 20:24:30 |
  2. URL |
  3. おかん #-
  4. [ 編集]

カンナちゃんがのっている石、すっごいね。
石というか岩?!
こちらも石だらけの土地ですが、淳子さんのところに比べたら申し訳ないほど少ないし石のサイズも小さいです。
積み上げられた石をみたら私も遊びたくなりました。
  1. 2006/10/02(月) 20:25:40 |
  2. URL |
  3. まみっこ #ncVW9ZjY
  4. [ 編集]

じゃすみんさんへ

うちからそう遠くないティズデールの辺りは石フリーゾーンでとてもいい土なのに、この辺は石だらけです。一番初めに開拓した人たちの苦労は図りきれないものだったのでは・・・・・
  1. 2006/10/03(火) 06:10:15 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

おかんさんへ

うちでも、全部ある乗り物の中で(乗用車含め)エアコンの効くのはこのトラクター一台です。真夏日にこの中で仕事をすると、ありがたさ倍増です。

このトラクター普段はシングルホイールなのですけど、畑を耕す機械を引っ張ったりするときに牽引力をより有効に使うためにダブルのホイールを取り付けます。
  1. 2006/10/03(火) 06:13:36 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

まみっこさんへ

そうそう、石じゃなくて岩ですね。それも超でかい!

子供たちは何でも遊び場にしますね。
  1. 2006/10/03(火) 06:14:46 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。