カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

テリー・フォックス・ラン

9月30日(土)晴れ 

昨日は学校でテリー・フォックス・ラン(ウォーク)が行われました。これは、マニトバ州ウィニペグ生まれでブリティッシュコロンビア州のバンクーバーの近くで育ったテリー・フォックスという青年が、18歳のときに骨癌と診断され、右足をひざ上15cmのところで切断し義足の生活を始めたのですが、将来の癌の研究に役立てばと願って「希望のマラソン」と名づけたカナダ横断のマラソンを計画し、実行したことが起源となっています。テリー・フォックスは1980年4月12日にカナダ最東端の大西洋の水に足を浸け、一日42kmのマラソンを太平洋に向けて始めました。残念ながら143日後の9月1日、オンタリオ州のサンダーベイまで来たところで癌の転移のためマラソンを中断せざるを得ず、1981年6月28日、22歳の若さでこの世を去りました。彼が走ったのは5,373km(カナダを横断するのにあと3,000kmくらい残っていた)ですが、その後もカナダ国民が彼の遺志をついで、毎年彼の名前にちなんだテリー・フォックス・ランが各地で行われています。これまでで4億ドル以上が世界各地から寄付され、癌治療の研究に当てられているそうです。
テリー・フォックスTシャツ


ビヨークデールの学校でも毎年この行事があり、2週間くらい前になると子供たちは募金用紙を学校からもって帰ってきます。本当だったら近所の家とかを回って募金をお願いするのですが、私はそういうのに行くのがあまり好きではないので(いつも同じ人にお願いしているから)家族だけ(+遠方の祖父母の名前も載せて)で寄付をしています(だからうちの子供のはたいした金額が集まっていない。ごめんね、テリー・フォックス。まあボランティアしたからそれでよしってことで)。

父兄に当日の道端の監視を依頼する連絡も回ってくるので承諾しました(大体4-5人)。私が担当するのは学校から私の家のほうに行く道の角でした。子供たちは学校から出て1マイル四方(トータル6.4km)のルートを走り(歩き)ます。

昨日はそれまでとはうって変わっていい天気だったので待っている間に写真をとりました。
青空1

青空2


こんなサインも持たせてくれたのですが(テリー・フォックス・ウォーク実施中なので注意)この道はとにかく誰も通らないので不要と思いました。でもまあ気持ちだけ。
テリーフォックスサイン


車を道の脇に止めて子供たちが来るのを待っていたら、近くの農家のおじさんが通り、「何してるの?」と聞いたので、「道に迷った。」と言ったら、ニヤッとして、「まさか車壊れたんじゃないだろうね。」と言われました。何でそんなこと思うんだろう??と憤慨。
青空3


本当に走ってるのか?と思うぐらい待っていたら、やっと先頭走者が登場しました。
先頭走者


走っているのは最初の10人くらいで、あとはみんな散歩気分。カンナは9番目に登場。
テリーフォックス・カンナ


マヤは85番目くらいに登場しました(一年生から高校3年生まで全員で90人ちょっと)。
テリーフォックス・マヤ


日本のマラソン大会を思い出すと「頑張る」とか「苦しい」とか「一生懸命走る」とかいうイメージがありますが、こちらは中間点でお菓子と水をもらったりしてなんだかのんびりムードでした。

でも天気がよくて本当によかったです♪

スポンサーサイト
  1. 2006/10/01(日) 02:01:12|
  2. 子供
  3. | コメント:6
<<石拾い | ホーム | カンナ眼医者へ行く>>

コメント

いろいろな行事があるんですね。
写真から、そちらののどかなようすが伝わってきて、思わず深呼吸したくなりました。
カンナさんもマヤさんも、ちゃんと走ってるじゃない、とても楽しそうに。お母さんが居てくれて、うーんと嬉しかったんだと思うよ。
  1. 2006/10/01(日) 07:51:10 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

とてもうれしそうに走ってくるお嬢さんたち。きっと思い出に一枚になると思いますよ。我が家の長男も小学一年生の時に参加したロードレースで、休憩所においてあるバナナを沿道にいた私に「はい!お母さん」と渡して走っていって周囲の笑を誘ったことがありました。(まるで、とても親孝行をしたような表情で)  それにしても9番目はともかく、85番目まで数えるのは大変!! 青い空。広い大地。構えない服装。本当に自然の中に溶け込んでいるように見えます。
  1. 2006/10/01(日) 13:52:08 |
  2. URL |
  3. おかん #-
  4. [ 編集]

Terry Fox Runは確か日本でも主要都市で毎年やってるはずですよね。今や世界中に広まってるみたいで、彼がカナダ人だったって、私はこっちに来てから初めて知りました。
うちの近所の高校でも、今週末子供たちが走っていたようです。
レースじゃない、こういうマラソンが子供の頃からできるっていいですよね。日本のマラソン大会は“勝たなくちゃ”ってのが強すぎて、私も嫌いでした。早く走ることばかりがいいことじゃないのにね。
秋晴れの気持ちいい日に走ることができて、カンナちゃんもマヤちゃんも本当に楽しそうですね♪
  1. 2006/10/01(日) 18:23:10 |
  2. URL |
  3. じゃすみん #-
  4. [ 編集]

A&Mさんへ

マヤはわたしの所に走ってくるところの写真をちょうどとったのであって、他はずっと歩いてましたよ。でも二人とも翌日は筋肉痛でした。そんなこと初めて!
  1. 2006/10/02(月) 14:01:59 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

おかんさんへ

息子さんのバナナの話、ほほえましいですね。にっこりさせられてしまいました。マヤのは、残りに何人いたか数えたので、大体差し引くと85位くらいってところです。そういわれてみると、こちらには体操服って物がないんですよね。好きなかっこうして歩いてました。
  1. 2006/10/02(月) 14:04:30 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

じゃすみんさんへ

テリー・フォックス・ラン、日本でもやってるんですか?知らなかった。

日本のマラソン大会って好きな人いるのかしら?どうもいいイメージがない。ああいうイベント、こちらでは受け入れられにくそうですよね。こちらのはなんだかのんびりしていていいです。
  1. 2006/10/02(月) 14:07:22 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。