カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大麦収穫はじめる

9月3日(月)晴れ 最高気温 +26度 最低気温 +9度

5月に蒔いた大麦を収穫する時期になりました。この大麦は本来は牛たちを放牧させようとして蒔いたものだったのですが、放牧地の草の伸びのよかったのと、放牧地を細かく区切って効率的に使ったせいで、50ヘクタールの大麦の畑にはほとんど手をつけずにすみました(今牛を放牧しているのが、敷地の北東の隅の水に浸かって種蒔きができなかったところと、種まきの後の度重なる雨で伸びが異常に悪かった部分)。

本当は50ヘクタールぐらいだったら一日あればコンバイン(脱穀)できてしまうのですが、うちは機械が古いのと人手がないのが災いして、まだ終わっていません。5日くらい前にグレッグがスワッサーで刈り取り畝にしてあったものを、今日少しコンバインしました。まずその前に収穫する大麦を貯蔵する場所がない事実にぶち当たったため、12mm厚さの合板を15枚買って、それをボルトでつないで直径12mくらいの輪を作り、そこを当座の貯蔵場所にすることにしました。その大きさにちょうどいいビニールシートを屋根用に売っているため、それも一緒に買ってきました。

まずグレッグが畑をコンバインし、穀物を運ぶために使うトラックに入れます。そのトラックがいっぱいになったらトランシーバーで私を呼んで、私が貯蔵場所まで運び、トラックを空っぽにしてまたグレッグのいる畑に持って行きます。その間にもグレッグのコンバインの穀物貯蔵タンクはいっぱいになっているため、トラックが戻ってくるのを待ちかねたようにコンバインから穀物を移します。と、延々とその繰り返し。

残念なことに今カメラが壊れているので、去年の収穫の様子の写真を参考までに見てください。

去年の収穫の時期は天気が悪く、麦の色もなんとなくくすんだ感じでしたが、今年は今のところとてもいい天気が続いていてくれるので、トラックから出てくる麦も黄金色に輝いて、とてもきれいです。

今日も夕方遅くまで作業をしていましたが、ボルトが折れたとかで、中断する羽目になってしまいました(それと、この時期になると露が降りるのが早いので、そうなると穀物に湿気が多くなり作業ができなくなる)。明日すぐに代わりのボルトが見つかるといいけど。

グレッグがコンバインしている畑にカナダギース(雁)の群れがたくさん休んでいました。もう南に飛んでいってしまうんだなあと思うと寂しいですが、あんなにたくさんの雁をうちの畑で見るのは初めてでびっくりしました。

夏休みが終わったかと思ったら今週末は連休で明日の月曜日も休みの子供たち。合板を組み立てるときに支えてくれたりして助かりました。一人ずつグレッグのトラクターに乗ったりして楽しそうでした(トラクターの中にはよくキャンディーなどが入っているため、それが一番のお目当てのよう)。たいした故障もなく、無事に収穫が終わってくれるといいなと祈っています。

スポンサーサイト
  1. 2006/09/04(月) 13:27:18|
  2. 農作業
  3. | コメント:10
<<思惑外れる | ホーム | 瓶詰め続く>>

コメント

収穫にも苦労が絶えませんね。無事に作業が
終わりますよう私たちも祈っております。

今年は色々大豊作のようですねー。子供達の応援で、楽しく仕事が出来る事でしょう。二人の弾けそうな声が聞こえるようです。
  1. 2006/09/04(月) 17:29:34 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

苦労の賜物

秋の収穫、大変そうですけど、黄金色の麦のにおいがこちらまで届きそうな情景ですね。手間をかけた分だけ収穫が確実に増えたのですね。フェンス張りに時間をかけたことが結果をだしたのではありませんか?カンナさん、マヤさんもお手伝い偉いなー。
  1. 2006/09/04(月) 18:02:06 |
  2. URL |
  3. Tママ #-
  4. [ 編集]

大量の瓶詰めといい、麦の収穫といい、
(何人かの方がこのようなコメントされてますが)ほんとに大草原の小さな家みたい!
貯蔵庫をササッと作っちゃうたくましさにも脱帽です。
大麦のワラは、牛に食べさせたりするんですか?
  1. 2006/09/04(月) 22:43:01 |
  2. URL |
  3. kiri #-
  4. [ 編集]

気持ち良さそうですねえ。
やっぱり、お仕事は太陽の下がイチバンです。

ところで、収穫した大麦は何になるのですか?
  1. 2006/09/05(火) 01:24:51 |
  2. URL |
  3. dagings #-
  4. [ 編集]

大麦で放牧ですか?
放牧に牧草ではなく、大麦を使うのはどうしてなのですか?日本では聞いたことがありません。放牧草ではエネルギーが不足するからでしょうか。
カナダと日本ではほんとに違うことがたくさんあって、読んでいて楽しいです。
  1. 2006/09/05(火) 04:59:06 |
  2. URL |
  3. cowbell #93SSyXN.
  4. [ 編集]

Tママさんへ

大麦が放牧用ではなく穀物としての収穫に回ったのは、やっぱりフェンス移動をこまめにした結果だと言えます。

トモコさんに改めて感謝!です。
  1. 2006/09/05(火) 12:24:45 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

kiriさんへ

当座の穀物保管場所(リング)、思ったよりあっけなくできて自分たちでも嬉しかったです。でも最初予定していたより収穫高が少なそうなので、少し板を減らさないといけないみたいです。ちぇって感じだけど、それもあまり手間じゃないと思うので、まあ頑張ってやりましょう。

麦わらは本当なら冬の間の寝床用の敷き藁として(冬でも戸外にいるので)使うのですが、大麦は概してワラが短いのと、いまいち収穫量が多くなかったことで、コンバインの後ろにチョッパーという装置をつけて、全部短く切り刻んで吐き出してしまいました。これらの繊維が有機物として畑の栄養になると思います。ワラは他の農家から譲ってもらうつもりです。
  1. 2006/09/05(火) 12:31:58 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

dagingsさんへ

こういう仕事は晴れた日にするのが最高ですね。あと一日で終わりそうなので(これ以上故障がなければ)、天気持ってもらいたいものです。

大麦は60トンくらい取れる予定です。餌用大麦としていくらか出荷し、残りはうちの牛たちに餌として与えます。(ビールのモルト用の大麦を植えている農家もいますが、いろいろな生育条件を満たすのはなかなか大変で、その基準をクリアしなかったのは餌用として出荷されます。)
  1. 2006/09/05(火) 12:37:00 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

COWBELLさんへ

大麦は実が出来始めたころのたんぱく質は14%くらいで、確かに栄養面でも優れていますが、うちで大麦を放牧用に使おうとした一番大きい理由は量ですね。一ヘクタール当たり、多年草の牧草に比べると、大麦の方が育つ量がかなり多いので。うちは頭数に比べて放牧地の面積が少ないので、放牧期間を伸ばすためにどうすればいいかという選択のひとつです。

その他、うちの農地は土地がやせていて地中の有機物がとても少ないため、地面がすぐコンクリートのように固くなりがちで、地面を耕しながら一年草を植えて牛が食べなかった茎や根を土に返し、(除草剤を撒いて)雑草を減らすことをしながら、土壌を向上させていこうと思っています。そして土質がよくなったら多年草を蒔けるかなと思います。
  1. 2006/09/05(火) 12:48:35 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

よくわかりました。
いろいろと考えてやっているのですね。

大麦は実が出来はじめることでもタンパクが14%もあるのですか?
それなら、乳牛でも食べるかも知れませんね。
それでも乳牛は贅沢だから、伸びた大麦は食べないかな?
一度撒いたら何年も使える牧草に比べて、毎年撒かなければならない大麦は大変ですね。
早く土地がよくなるといいですね。



  1. 2006/09/05(火) 21:30:52 |
  2. URL |
  3. cowbell #bV.rN02k
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。