カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

瓶詰め続く

9月1日(金) 晴れ

またまた瓶詰め作業です。今日はスパゲティソース。今年はトマトが豊作で、今のところダンボール箱3つ分地下においてあります。大きくなったら緑のうちでも取ってしまい、赤くなるのを待ちます。

どんどん赤くなってきてそのまま食べるのには多すぎて追いつけないので、そのうちの5kg分で、スパゲティソースを作ることにしました。この時期になると店でも9kg入りの箱のトマトを瓶詰め用に売り出すので、野菜畑でのトマトのできの悪い年には買ったこともありました。お店で買うもののいいところは、かなり大玉であることと同じころに9kgまとめて熟すことです。自分の畑のだと、熟す時期がばらばらでいっぺんに大鍋一杯分(1リットルの瓶7つ入る)できないことです。

今日は5kgで5ビンできたので、まあまあとしました。

まずトマトの皮を湯剥きし、大まかに刻んでなべに入れます。たまねぎのみじん切り(これも畑から取ったもの。取ったばかりのたまねぎってにおいがきつくて涙ボロボロ。花粉症対策に使った防塵マスクをかぶったら効果テキメン。こんなときにも役立つなんて、感激!)、ローレルの葉、にんにくのみじん切り、バジル、オレガノ、塩、こしょう、お酢、砂糖を入れて(他にもあったかな?)1時間ほど煮ます。

その間に瓶とふたの準備をしておいて出来上がったソースを瓶に詰め、洋ナシのときと同じように大きななべにビンをいれて煮沸します。冷めてふたが凹んだら収納棚にのせておしまい。今日は夕ご飯の仕度が遅くなっちゃったというときに、急いで挽き肉をいためてこのソースを混ぜてぐつぐつ煮れば出来上がり。

私がはじめてカナダに来たとき、しばらくブリティッシュコロンビア州のグレッグのお母さんのおうちにお世話になったのですが、そのとき彼女が桃、梨、トマトなどの瓶詰めを作るのを見て、いろいろ教わったものでした。グレッグのお姉さんもそういう風だったので「ああ、カナダの人は何でも手作りなんだなあ。」と思い、自分もジャムなど店で買ったことがないのですが、しばらくするとみんながみんなそういう風ではないことが分かりました。店に行けばジャムや果物の水煮など、ちゃんと売っているので、都会の人や小家族の人、多忙な人はこんな手間のかかることしないんだと思います。

前にも書いたけど、サスカチュワンの田舎の人たちは開拓者精神が残っているので、新鮮な果物や野菜が食べられなくなる長い冬に備えて自分の畑で取れた作物を保存した習慣がまだ続いているのだと思います。

でも自分で作ればずっと安いし、我が家で一番のお気に入りの洋ナシのジャムはお店で買えないし、やっぱりせっかくたくさん取れたものを無駄にできないし(わたしやっぱりケチ?)これからも続けていくんだろうなあって思ってしまいます。

スポンサーサイト
  1. 2006/09/03(日) 00:52:42|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | コメント:9
<<大麦収穫はじめる | ホーム | 洋ナシ瓶詰め>>

コメント

ビン詰め作業、ご苦労様です。
日本でも、北海道の田舎では、長い冬にそなえて、いろいろ食品貯蔵する習慣がまだ残ってます。
でも、おばあちゃんを中心に・・・だから、若い人はやらなくなってきてますけどね。
とれすぎたきゅうりの塩漬けとか、山菜の塩漬けとか、秋には漬物とか、あとは野菜の冷凍。
瓶詰めより、漬物や塩漬けが多いですね。
タマネギ刻むのに、防塵マスクがいいとは、良い事を聞きました。今度、やってみます。
  1. 2006/09/03(日) 05:34:13 |
  2. URL |
  3. うしおばさん #-
  4. [ 編集]

またまた頑張りましたね!!!。あなたの頑張りには脱帽です。毎年やっていれば、手際も良くなる事でしょうねえ。たくさん有るみたいだから、製造年月日を付けておいてね。
何もかも近くのスーパーで間に合わせる生活をしていると、まさかの時に困るだろうなー。防災グッズ買って来ようっと~~~。あれっ???
  1. 2006/09/03(日) 09:16:50 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

すごい!!

お久しぶりです。
トマトの瓶詰め、すごいアイディアですね。
私もトマトを沢山もらったら(畑は義母担当なんです)やってみます。
忙しい時には本当に保存食はe-271頼りになりますもんね。私も地域のおばあちゃん達からイロイロと知恵をもらって挑戦しているところです。
洋ナシの瓶詰めっていうのもあるんですね。
これを送信したらそちらの記事もじっくり読んでみます。
  1. 2006/09/03(日) 18:12:46 |
  2. URL |
  3. まみっこ #ncVW9ZjY
  4. [ 編集]

普通に7リットルの鍋がある(しかも大活躍している)のがまずすごいですね~!
材料も自家製で、究極の手作り生活。かっこいいです。
こういうのも一種の「生きる力」ですよね。おいしいだけじゃなく、大切な技術だと思います♪
  1. 2006/09/03(日) 19:09:00 |
  2. URL |
  3. まとん #-
  4. [ 編集]

手作りがイチバンですね。
添加物も保存料も入ってないし。
最近の日本では、家庭の味を継承できる環境が少なくなってきている気がします。
おふくろの味、いいですよね。
  1. 2006/09/04(月) 01:26:47 |
  2. URL |
  3. dagings #-
  4. [ 編集]

うしおばさんへ

やっぱり消えつつある慣習なんですね。そんな面倒なことしなくても、お店に行けばすぐ何でも手に入りますものね。

防塵マスク、自分でも半信半疑だったのですが、やってみて嬉しい発見でした。
  1. 2006/09/04(月) 13:05:38 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

まみっこさんへ

こんにちは。コメントありがとうございました。偶然ですね、私も昨日久しぶりにまみっこさんのブログを読んだんですよ。(コメント入れ忘れたけど。(-_-メ)←ごめんなさいのつもり)

洋ナシの瓶詰め、とってもおいしいですよ。簡単でおいしいデザートに、瓶詰めの洋ナシを3切れほどお皿に入れて、バニラアイスクリームをのせ、チョコレートシロップをかけるというのがあります。是非お試しを。
  1. 2006/09/04(月) 13:09:34 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

まとんさんへ

瓶詰め用のこの大鍋、グレッグのお姉さんから結婚祝にもらったものなんです(こちらではお金ではなくて品物を贈る習慣がある)。瓶詰めやらざるをえませんよねえ、ははは。
  1. 2006/09/04(月) 13:11:39 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

dagingsさんへ

確かに、自分で作ったものだと中に何が入ってるか分かるから、これ以上安心なことはないですよね。

農家の贅沢のひとつですね。
  1. 2006/09/04(月) 13:13:11 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。