カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ギャンブルに手を出す

8月24日(木)晴れ
危ないのはタイトルだけで、中身は全然たいしたことないです。

今日、グレッグのトラクターの部品の修理、買い物などを兼ねて、ここから2時間ほどのところにある、サスカチュワン州三番目の大都市、人口5万人のプリンスアルバートにトモコさんと行ってきました。

「カジノに行ったことある?」と聞いたら、「ないです(当たり前)」ということだったので、この町にあるノーザンライト(オーロラという意味)カジノというところに行ってみました。こちらでは19歳未満はこういうところへ入れず、見た目が若い人はよく身分証明書の呈示を問われるため、19歳のトモコさんはパスポートを持って出かけました。

私は農家を始める前にはグレッグとよく旅行をし、ラスベガスやリノのカジノに行ったことはあったのですが、ここは初めてでした。

真昼間と言うのに駐車場は結構混んでいて、まず看板をバックに写真を一枚(デジカメが壊れているため、普通のカメラ持参)。なかなかいいよ~なんていいながら二重の自動ドアを開けて入ったら、入り口に立っていた男の従業員が近づいてきて(あら、私身分証明必要だったかしら?)、「今写真をとったカメラを見せてください。」とのこと。「は?何のこと?」と思ったけど、「これですけど。」と差し出すと、「このカジノの敷地内での撮影は禁止されているので、今マネージャーを呼びますから待っていてください。」と言われてしまいました。「え、ウソ~?何でそんなことで?」と思いながら待っているとマネージャーが来て、「それではちょっと外に出てください。」と言うし。「私たち何したって言うの~?」と思いながらも外に出たら(従業員3人もついてきた)、「ちょっと中ではうるさくて聞こえないので。正確に、どこでどのような写真をとったんですか?」と聞くので、「え、ここに立ってもらって、あれをバックに・・・・」と説明したら、「申し訳ないけど、写真をとるのは規則違反なので・・・・」とちょっと困った様子。「こっちこそそんなこと全然知らなくて撮っただけだし、どうせこのフィルムではそれ以外にもう1枚写真とっただけだから、別に捨ててしまってもいいですよ。」と言ったら、それでは悪いからフィルムを捨てるのと交換条件でレストランで使えるクーポンをあげますから、と言ってくれました。もう一人の従業員は「写真を撮られたくない人もいますから。」と何度も言っていたけど、誰も後ろに写ってなかったと思うんだけど・・・

フィルムを抜き取った後、「カジノというものがどんなものかちょっと様子を見るだけだから、別にいりません」と言ったのですが、5ドル分のコイン引換券と、レストランで使える割引券をくれました。そういう規則なら、どこかに書いておいてくれるとありがたいんだけどと思ったものの、そんなところで写真を撮る人もめったにいないだろうなとも思いました。でもなんで私たちが写真を撮っているのを中からわかったんだろう?と家に帰ってからグレッグに聞いたら、そういうところは防犯カメラが張り巡らせてあるもんだと言っていました。

とにかく、その5ドル分のクーポンと自分たちのお金7ドルを出して、5セントコイン(5円相当)に変えてもらいました。それをもって、5セントで出来るスロットマシンを探してうろうろ。5セントのところにあるのに25セントで5クレジットとかいてあり、何回5セント玉を入れてもお金が戻ってきてしまう!!!近くの従業員に聞いたら、
それは5セント玉から25セント玉を使うように変えた機械なので、ただ5セントとかいてあるのを探さなくてはいけない、と教えてくれました。

そういう台が2台並んでいるところをやっと見つけて、ギャンブル開始。どういう風に並ぶと当たりなのか全くわからないまま、時々コインのクレジット数が増えたり、どんどん減ったりしながらしばらくやっていました。

そして、ふとトモコさんの台を見たら、「ボーナスクレジット25倍」とか書いてあって、クレジット数がどんどん増えているではないですか!!!「スゴーイ、大穴当てたじゃない!」と見ていると400以上になっていました。もう少し遊んでトモコさんが残った分を「機械から受け皿に出す」というボタンを押すと、すごい音で5セント玉がジャラジャラ出てきました。途中で機械の中の5セント玉が出尽くしてしまったようで、台の上のランプが点滅し始め、従業員が来て機械を開け、5セント玉を追加してくれました。

その後換金所に行って換金し(もちろん当てたのはトモコさんだけ。私は全部(6ドル=600円だけど)すった)、クーポンを使ってレストランでパイと飲み物を頼みました。

お金がジャラジャラ出てるところとか、台がたくさん並んでるところなど、シャッターチャンスがたくさんあったのに、こういうところは写真を撮ってはいけないんですね。今後の参考にします。

座っていると飲み物など(炭酸飲料など)をお皿に乗せた従業員が回ってきて、ただでもらえるのだそうですが(隣に座ってたおばさんが教えてくれた)、5セント玉のスロットマシンのところには余り回ってきてくれませんでした。

ティズデールのお年寄りが住んでいるアパートから月に2度くらいバスのツアーがあり、参加した人には割引券などをたくさんくれるそうです。限度をわきまえた人なら結構楽しく遊べると思います。でもギャンブル中毒になる人がわりといるらしく、スロットマシン一台一台にギャンブル中毒の人のためのフリーダイヤルが印刷してありました。

日本のパチンコ屋さんと似ているのだろうけど、いい経験だったかしら?

スポンサーサイト
  1. 2006/08/25(金) 14:32:40|
  2. 日常
  3. | コメント:14
<<DR獣医さんへ行く | ホーム | サスカトゥーンの二日間その2>>

コメント

「新しいブログが入っているよ」とMに言ったら
「どれどれ」と言って夕飯の支度の手をとめて
見に来た。タイトルでドキとしたが読み進んで
ほっとしたらしい。日本のパチンコ屋と違って
厳しいですね。フイルム代と差し引きでどう
だったの?
  1. 2006/08/25(金) 18:08:19 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

私はギャンブルに向かない性格みたいで、すごいケチなので、思い切った勝負ができません。。。

5ドル分のもらったコインでそこまで遊べて、写真が撮れなかったのは残念だけど、結果的には良かったね~♪

でも、バスで連れて来ておいて、中毒になるな、なんて変な感じですねー。
  1. 2006/08/25(金) 22:58:24 |
  2. URL |
  3. マックス #-
  4. [ 編集]

どきどき

写真のこと、どきどきでしたね。
プライバシー保護のためなのかな...実情はよくわからないけど、私もそんな規則があるなんて全然しらなかった!

トモコさん初のカジノ体験で大成功とは!どきどきのカメラ騒動から一転して、楽しめたみたいでよかったですね。

カメラ騒動以外ではIDチェックとかは結局されなかったのかな?私は過去3回ぐらいカジノにいったことあるけど、毎回IDを求められた...アジア人は若くみえるっていうけど、30過ぎてるのになぁ...
  1. 2006/08/26(土) 00:14:59 |
  2. URL |
  3. もも #-
  4. [ 編集]

google earth サスカチュワンを見てみました。ティズデールはうちと同じくらいピンぼけでしたが、スターシティとビョークデールは家の1軒1軒まで見えますよ。jordefarmsさんの家はどの辺かな~と思いながら見てました。
  1. 2006/08/26(土) 04:56:54 |
  2. URL |
  3. cowbell #-
  4. [ 編集]

ももさんへ

写真のことは、やっぱりプライバシーの保護が理由なんだと思われます。いろいろ質問されたときはさすがにどきどきしましたけど、結果的に得しちゃったみたいでよかったです。

二人ともIDのこと聞かれませんでしたね。会員カードに登録したからかな?(そのときにIDを呈示する必要がどうせあったので)
  1. 2006/08/27(日) 00:21:26 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

COWBELLさんへ

GOOGLE EARTHでビヨークデール見えたんですか?意外です。うちのコンピューターはダイヤルアップなので(しつこいって?)今度村の図書館に行ったとき、そこのハイスピードを使ってできるかどうかみてみます。(もしプログラムをダウンロードさせてくれれば。)
  1. 2006/08/27(日) 00:23:48 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

ビヨークデールの写真貼り付けてみました。
http://www.h2.dion.ne.jp/~cowbell/Bjorkdale.html
  1. 2006/08/27(日) 05:09:28 |
  2. URL |
  3. cowbell #-
  4. [ 編集]

COWBELLさん Bjorkdaleの写真を有難とうございました。何十辺も通つた所です。懐かしくて懐かしくて此の建物は何。こっちはあれだ。と記憶を辿りながら見つめています。有難うございました。
  1. 2006/08/27(日) 08:26:45 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

>A&Mさん
喜んで頂けてよかったです。私までうれしくなりました。
  1. 2006/08/27(日) 09:54:43 |
  2. URL |
  3. cowbell #jOlciCrM
  4. [ 編集]

COWBELLさんへ

ほんとにビヨークデール写ってますね。驚き!!
私たちのファームは、この写真の北にのびている道路をさらに6kmくらい先に行った所です。その間には家が3件だけあります。
わざわざ送ってくれてありがとうございました。グレッグ共々びっくりしました。
  1. 2006/08/30(水) 08:34:00 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

牧場はここ?

http://www.h2.dion.ne.jp/~cowbell/farm.html
ここですか?
いつか遊びに行きたいです。
リタイアしてからかな?
  1. 2006/08/30(水) 23:59:21 |
  2. URL |
  3. cowbell #93SSyXN.
  4. [ 編集]

COWBELLさんへ

わざわざどうも。残念ながら、画面一面真っ黒で、見えないんですよ。COWBELLさんのパソコンではちゃんと見えましたか?画像の明るさの操作できるのかな?ちょっと試してみます。もしほんとにうちだったら、大笑いですね。
  1. 2006/08/31(木) 02:17:33 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

cowbellさんへ
またまた嬉しい写真を有難う御座いました。
間違いなくjordefarmsで、農場の南東の
一部分です。こんなにして見られるなんて
とても嬉しいです。有難う御座いました。
  1. 2006/08/31(木) 07:22:38 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

COWBELLさんへ

画像が暗かったのを写真のソフトで明るくすることに成功しました。(ほかの人はちゃんと見えてるみたいですね)
間違いなく我が家です。家のあるところで、うちの敷地はここから北へ0.8km、西へ1.6km行ったところまでです。2年前くらい前のような感じですが、いつ撮ったものなんでしょうかね?何かわけのわからないものがいろいろあります。後でグレッグが帰ってきたら見せます。びっくりするでしょうね。(グレッグのトラックまではっきり写ってるし。)

しかし、こんな超田舎まで見れちゃうなんて、世界から隠れること無理ですね。ぜひ遊びに来てください。
  1. 2006/08/31(木) 11:01:53 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。