カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

明と暗

7月27日(木)晴れ 最高気温 +28度 最低気温 +14度

朝起きてすぐ、電解質の水を持って放牧地に行きました。G13の隣で子牛が何事もなかったかのようにすやすやと眠っていました。「全く世話をかけてもう~、困るよ。」と思いながら、無事に耳標をつけました。放牧地の周りにはエレクトリックフェンスのワイヤーが二本張ってあるのですが、上の線には電気が通っていて、下の線はグラウンド(アース)になっています。二本一度に当たると感電のショックが大きいようにしてあるのですが、生まれたばかりの子牛はフェンスのそばに寝ていることがよくあり、起き上がるときに反対側に出てしまうことがたまにあるのです。あるいは、小さいので下の線にだけ当たってショックを受けない、生まれてすぐにはフェンスのこととか感電とかよく分かっていないのでうっかり触ってしまって気が付いたときにはもう反対側にいってたということもあります。

一度経験したり、生まれて2-3日たったりすれば母親のそばを離れないことというのがわかってくるので、もう大丈夫だと思います。

さてその次はC10の下痢子牛ちゃん、と思って見回すと、カラスが4-5匹かたまっているのが見えました。いやな予感がすると思っていってみると、やはり、子牛ちゃんは死んでしまっていました。体に触ってみると暖かかったのですが、硬直してしまっていたので、いつ頃死んでしまったのかはちょっとはっきりしません。

ごめんねえ、と思いながら、「やれるだけの事はやったから仕方ない」という気持ちと、「もしもっと早く気づいていたら」「もっとたくさん水飲ませてたら」「もっとずっとついていてやったら」という気持ちが入り混じって、悪かったなあというのが率直な気持ちでした。

生と死ってほんとに微妙な距離にあるんだなと改めて思い知らされました。昨日の夕方はあんなに一生懸命呼吸をしていたのに、体と心(意志)がもうだめだ、疲れた、これ以上頑張れないって思っちゃったのかなあと悲しくなりました。

親牛は昨日と今朝最初に行ったときはモーモーと大きな声で鳴いていましたが、そのあとそりを持って子牛を移動させにいったときには、もうあきらめたのか全く何の反応も示しませんでした。わかったんだろうか?

子牛の死に直面したのは初めてではないけど、やはりずんと落ち込みます。残りのみんなは、元気で頑張ってくれ!!








スポンサーサイト
  1. 2006/07/28(金) 13:25:55|
  2. | コメント:5
<<夏休み 半分経過 | ホーム | 放牧の日々>>

コメント

やっぱり1頭は駄目だったか。生と死を分けるもの
何なんだろうか?同じ地に同じ条件で産まれたのに・・・ほんの一寸の何か・・・それが運命ということか。残念でした。残りの牛達、そして第一にあなた方家族の健康を念じずにはおれません。どうぞ、
くれぐれもお大事に。

  1. 2006/07/28(金) 15:31:13 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

生き物触ってきて思うのは、各個体それぞれに宿ってる生命力というか運命があるんだな、って。
同じ条件の動物で同じ病気にかかって同じ処置をしても、助かるものと助からないものがいる。
残酷な言い方かもしれないですけど、強い個体が生き残るようにできているから、ってあきらめるしかないのかな、と。

そうは言っても、生き物の死は、いつだって悲しいですよね。決して慣れないです。
慣れないと辛いんですけどね・・・。

他の子牛ちゃんたちは元気に育ちますように!
  1. 2006/07/29(土) 00:44:42 |
  2. URL |
  3. じゃすみん #-
  4. [ 編集]

じゃすみんさんへ

どこで生と死の分かれ目が決まるのか、本当にふしぎですよね。薬をやっているときでも、その前に下痢になった子牛より少しマシな感じがしたから、大丈夫だろうなと期待していたのに。

経験を今後に生かせるように努めていくだけです。
  1. 2006/07/31(月) 14:56:03 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

意思が、もう頑張れないって思っちゃうと、本当にダメですね。何でこんなことで?!っていう状態でも、本人(本牛)の意思があきらめちゃうと、ダメみたいです。
  1. 2006/08/01(火) 13:54:41 |
  2. URL |
  3. うしおばさん #-
  4. [ 編集]

うしおばさんへ

「頑張れ、頑張れ。大丈夫だよ。」って励ましながら薬や水飲ませるんですけど、いくら私が頑張っても本牛が頑張ってくれないとねえ。

  1. 2006/08/02(水) 00:42:32 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。