カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

また雷雨

7月19日(水)晴れのち夕立のち晴れ

朝は快晴でグレッグはまずスワッサー(草を刈り取る機械)の部品を買いに行って取り付けた後、ベーラーをその畑まで移動し二日前に刈り取ったアルファルファのベーリングをはじめました。私は昨日刈り取ったアルファルファのサンプルを受け取り、電子レンジを使って水分を調べていました。お昼過ぎにグレッグにお弁当を届けて水分の報告(昨日刈り取ったのは68%でまだベーリングできない ベーリングできるのは水分40%-60%の間)に行ったとき、西の方に真っ黒な雲があるのに気づきました。

風がだんだん強くなって雲がどんどん増えてきたため、子供たちにボウルやなべに水を汲んでおくよう頼んで、種牛のいるところに行って大きな水飲み用のたらいに水を汲んでおきました。

そうこうしているうちに雷が鳴り出し、「水や鉄のゲートに触ってる場合じゃないな」と思って、走って家に帰りました。家に入ったらすぐ大雨になり、雷がだんだん近くで鳴り出し、5分もしないうちにピカ!、ガシャーン!というものすごい音がして、それと一緒に停電してしまいました。

コンピューターなどあらかじめ電源を切っておいたので、大丈夫だろうと思いましたが、以前コンピューターのモデムの電話線に雷が落ちてインターネットに接続できなくなったことがあったので少し心配でした。

しばらくしたらグレッグが帰ってきて、牧草地でも雨が降ってたけど、家の方がかなりひどいようだと言っていました。この前運転中に降られたのと同じくらいのひどさで、西の窓に雨がひどく叩きつけられ、外は全く見えず、家が飛ばされるんじゃないかと思うくらいの風でした。子供たちは、避難しなくちゃいけないかもといって、懐中電灯、貯金箱、食べ物、目覚し時計など(???)を持ってきて、台所のテーブルに積んでいました。

4時過ぎにやみ、晴れてきたものの、あたりは水浸し。この夏はこういう天気が多いような気がします。

6時になっても電気が戻らなかったので、「停電の友」である1.6km先の隣家に電話をしてみましたが(うちと隣だけがこの辺では電気が違うルートで通っているため)だれもいないようで、仕方なく電気会社の停電担当に電話をしてみました。「そちらの方でトラブルがあったと言う連絡は全く受けていませんから、庭の電柱のブレーカーを引っ張ってみてください。それでも復旧しないならまた連絡ください。」と言われ、やってみましたが、何の効果もありません。もう一度電話したら「それではすぐにメンテの者を送ります。」と言ってくれました。

8時過ぎにきてくれて、雷によって膨大な電流が流れたため、ヒューズが飛んでしまったということで新しいヒューズに取り替えてくれました。被害があったのはうちだけだったようで、あのものすごく近いな!と思った雷が当たったのかもしれません。

それからまたベールを運びに行ったので、家に帰ったのは10時半過ぎ。どう考えても干し草作りって感じの気候ではないですね。

スポンサーサイト
  1. 2006/07/20(木) 14:41:54|
  2. 天気
  3. | コメント:10
<<牧草収穫まだまだ続く | ホーム | 夜中の闖(珍?)入者>>

コメント

そちらは何でもスケールが違うようだなあ!
頭の上に落ちなくて何より。

雷への対応のすばやい事。さすがベテラン主婦!!。子供達の、非難用品の中の貯金箱には、思わず笑ってしまいました。
  1. 2006/07/20(木) 14:57:51 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

  避難用品
  非常用品     あ~ァ
  1. 2006/07/20(木) 15:54:11 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

jordefarmsさんのブログを読んでいると、時々、ローラ・インガルス・ワイルダーの「大草原の小さな家」を読んでいるような錯覚に陥る事がありますが、今日もそんな感じでした。
北米の開拓農家っていう感じで、わくわくさせて貰って、読んでいます。
  1. 2006/07/20(木) 21:22:28 |
  2. URL |
  3. うしおばさん #-
  4. [ 編集]

街の中にいるときの雷は、「すごいなーカッコいいなー」なんてのんきに見ていられますが、大草原の真ん中の雷は、本当に怖いですね!
「地震・雷・火事・オヤジ」とはよく言ったなぁ、と思ったりします。
雷が鳴り始めたときにすかさず停電準備っていう生活もすごい!
  1. 2006/07/21(金) 13:51:56 |
  2. URL |
  3. うしまとん #-
  4. [ 編集]

このへんでは、残念ながら男尊女卑の悪い影響か、旦那さんに命令されたことだけを機械的にこなす人が多い(みんながそう、というわけではないけど)ため、
jordefarmsさんの手慣れた行動と判断力にはいつも感動します。
そんなにきびきびした奥さんをもって
グレッグさんはほんとに幸せ者です。
  1. 2006/07/21(金) 23:06:19 |
  2. URL |
  3. kiri #-
  4. [ 編集]

うしおばさんへ

ローラ・インガルス・ワイルダーの小さな家シリーズは娘のお気に入りで全巻持っています。昔の人たちはすごかったなあと思いながら読んでみたけど、よく考えると我が家も21世紀の進んだ世の中の暮らしとはちょっとかけ離れた生活をしているところもありますね。
  1. 2006/07/22(土) 04:06:56 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

うしまとんさんへ

プレーリーストームと呼ばれる大草原の夕立(雷、ヒョウ、豪雨、突風など)はほんとに迫力があります。特に視野360度のパノラマで見る稲妻には圧倒されます。遠くで光ってるのを見ているだけならきれいなんですけどね。

停電による断水(井戸水のポンプが動かなくなる)には何度も困ったので、今はちょっとの気配で即準備してます。
  1. 2006/07/22(土) 04:11:31 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

kiriさんへ

男尊女卑!?グレッグには九州男児の血が本当に流れているのかもしれない。いつも判断が悪い、考えが足りないと文句を言われていますから。フンッたら。
  1. 2006/07/22(土) 04:15:07 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

お疲れ様です。
電子レンジで水分を調べる方法って??私でもできるかしら?
うちは長年のカンというか感覚でやっています。
子どもの頃、なぜか雷がなるとはしゃいでいましたが。。。田舎町にきてからは本当に雷が近くでなっているようで、怖くなりました。淳子さんのところとは比べ物にならないと思うけど。。。。
以前にうちにも雷がおちて自動給餌機をダメにしたことありました。

  1. 2006/07/23(日) 06:28:50 |
  2. URL |
  3. まみっこ #-
  4. [ 編集]

まみっこさんへ

電子レンジで水分をはかるやり方、シンプルで確実ですよ。のせときます。

田舎だと、いい意味でも悪い意味でも自然に密着ですよね。生活が自然に影響されます。
  1. 2006/07/23(日) 14:35:06 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。