カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

放牧続く

7月4日(火)晴れ 最高気温 +28度 最低気温 +11度

牛たちを今いる放牧地に入れてから二週間になろうとしています。5ヘクタールの放牧地に50頭の成牛がいるわけですが、今日までで半分強、三分の二弱の草を食べたと思います。

放牧地の様子


はじめは4日くらい何もしませんでしたが、それからは1-2日で食べる分だけ放牧地のフェンスを広げ、牛たちのいける場所を管理しています。

こうするとやはり効率よく食べているようで、今までの年に比べ、放牧地が長持ちしているような気がします。

牛たちは学習機能が高いらしく、エレクトリックフェンスのあった場所に躊躇していたのは最初の日だけで、そのあとはおなかがすくと「フェンス広げろ」の大合唱で、広げた端から何のためらいも見せず、新しい放牧エリアにワシワシ入っていきます。そういうことは覚えがいいんだから・・・・

でも新しいフェンスがすぐ近くにあることも分かっているようで、やみくもに走ったりとか、フェンスのワイヤーにぶち当たるとか、そういうことは決してありません。

背の高い草は子牛にはもってこいの隠れ場所のようです。

よく眠っている子牛


この放牧地にスコッチアザミと言われる花が増えているのを見かけました。

スコッチアザミ2


4年ほど前初めて見たときには、あまりの不気味な巨大さに鳥肌が立つほどでした。そのときにはひとつしかなかったのに、どんどんはびこって20本くらい見ました。カナダアザミはちくちくして痛くて大嫌いですが、このアザミはあまりに毒々しいのがぞぞーっと不気味です。

スコッチアザミ


牛たちに踏み倒してもらって、もう二度と生えないようにしてくれないかしら。




スポンサーサイト
  1. 2006/07/05(水) 15:02:06|
  2. | コメント:10
<<牧草刈り取り始まる | ホーム | 怪しい日本語>>

コメント

放牧地で牛たちのびのびしている様ですね。
子牛を覗き込んでいるのはどっちの子ですか?
ほんの暫くの間に随分大きくなったみたい!!
日本語忘れないでね。
子供も牛も可愛い可愛い!!
  1. 2006/07/05(水) 15:23:23 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

いいお天気!うらやましーーー!
プロフィールの写真も、今回の写真も、
空の色がほんときれいですね。雲がアニメっぽくてかわいい。
こまめに移動するの大変そうですね。
娘ちゃんたちもこんなすばらしい遊び場が身近にあって
きっと感性の豊かな女性になるでしょうね。
  1. 2006/07/05(水) 22:03:51 |
  2. URL |
  3. kiri #-
  4. [ 編集]

スコッチアザミというのはこちらでアメリカオニアザミと言われているものかな?カナダアザミがセイヨウトゲアザミですよね?

アメリカオニアザミは増え出すと始末に負えませんね。今年もそろそろ花の咲く頃でしょうか。これを刈って歩くのも一仕事です。
  1. 2006/07/06(木) 05:18:25 |
  2. URL |
  3. cowbell #93SSyXN.
  4. [ 編集]

よく見るとアメリカオニアザミではないようですね。
アメリカオニアザミなら手でなんて持てないですから。こちらでは見かけないアザミのようです。
  1. 2006/07/06(木) 05:24:02 |
  2. URL |
  3. cowbell #93SSyXN.
  4. [ 編集]

1枚目の写真に釘付けです。
あ~、草の上に寝転びたい。
ふ~。
  1. 2006/07/07(金) 00:58:37 |
  2. URL |
  3. dagings #-
  4. [ 編集]

COWBELLさんへ

アザミのことちょっと調べてみました。カナダアザミはCOWBELLさんの所の放牧地に生えているものと同じだと思います。ものすごくとげがあって痛いです。

スコッチアザミは日本語では「オオヒレアザミ」とか、「スコッチコットンシスル(THISTLE=アザミ)」とか呼ばれているようです。

これも結構とげがあって(子供は手袋の上から持っている)、なんといっても花の球(?)みたいのが直径4cmくらいになっているのがグロテスクなんですよ。茎も直径1.5cmくらいありますから。

でもこういう情報が「園芸」関係のウェブサイトに載っているのが面白かったです。私だったらアザミイコール打倒イコールラウンドアップと結びついてしまうのですけどね。
  1. 2006/07/07(金) 12:52:33 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

dagingsさんへ

ほーんと、空が広いですよ。視界が360度に開けてますからねえ。空と雲と木々や畑の緑のコントラストは、いつ見てもあきません。気持ちが休まります。
  1. 2006/07/07(金) 12:56:21 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

kiriさんへ

作物がだんだん大きくなってきて、道を通ると、麦類の緑色(小麦、大麦、オーツ麦によって緑の濃さが微妙に違う)、カノーラ(菜の花の一種)の黄色、亜麻の花の青色と、畑がパッチワークのように見えます。

フェンス移動させるのに一時間くらいかかりますが、放牧地の効率化にかなり違いがあるように思えますので、安いものです(おまけに私の労働力なんてタダだし・・・・)。
  1. 2006/07/07(金) 13:01:33 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

アザミのこと調べて頂いてありがとうございます。
私も調べてみました。
スコッチアザミは「オオヒレアザミ」ですね。日本ではかなり珍しいようです。
カナダアザミは「セイヨウトゲアザミ」と同じものでした。
アメリカオニアザミはないのでしょうか?これが一番やっかいなのですが・・・。英語名は bull thistle とうらしいです。
アメリカオニアザミは、かなり問題になっている外来雑草で、今日の新聞にも国立公園の中に増えてしまったのをボランティアを募って駆除したという記事が載っていました。
  1. 2006/07/07(金) 21:46:56 |
  2. URL |
  3. cowbell #-
  4. [ 編集]

COWBELLさんへ

アザミのこと教えてくださり、ありがとうございました。

アメリカオニアザミは本には載っていましたが、名前を聞いたことがないので、あまりはびこっていないと思います。カナダアザミだけで十分という感じなので、できればこのまま遠くにいて欲しいですね。雑草は、今まで見たこともないものが急に繁殖して(一体どこから来るんだ?)びっくりさせられることが多いです。

  1. 2006/07/08(土) 20:18:29 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。