カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

動物また見る

6月26日(月) 最高気温 +25度 最低気温 +10度

今日の天気はなんと表現していいか分かりません。
朝起きたら道を隔てた畑にエルクがいて、わーエルク見るの久しぶり~!」なんて思っていたらもう一匹左側の林の中から動物が出てきたのです。「エルクの赤ちゃん?」と思って双眼鏡で見たら、実はシカでした。違う種類の動物が一緒に草を食べているところを見るのは初めてでした。

エルクとシカ


天気予報をチェックしたら、今日の天気のところに今までではじめて見た「煙」のシンボルが出ているのです。ヘンなの~と思いながらラジオのニュースを聞いたら、サスカチュワン州北部のストーニー・ラピッドという村の近くで山火事(サスカチュワンには山はないので森林火事?)が起こっていると言っていました。

その町はここから650kmほど北に行ったところにあり、飛行機(もちろん小型の)でしか交通手段がありません。陸地なんだけど、そこに行く人がほとんどいない。住民を非難させなくてはいけないかもといっていたけど、どうなったでしょうか。かなり遠い場所なのに、午後になったら煙の臭いもしてきました。

午後から学校に行く用事があり家を出たら、この前見たムースの親子がまた道の近くにいたのですが、急いで止まってカメラ、カメラなんて焦っている間に林の中に入ってしまいました。残念。

それから2分もしないうちに今度は角の生えかけたオスのシカに行き会いました。何週間も野生動物見ないこともあるのに、今日はまたラッキーな日でした。






スポンサーサイト
  1. 2006/06/27(火) 14:09:26|
  2. 野生の動物
  3. | コメント:3
<<二日続けてメルフォート | ホーム | 放牧地広げる>>

コメント

珍しい事が次々とありますね。広いカナダでは
動物たちもおおらかなのでしょうか。
650kmも離れたところから煙がくるなんて・・・
とてもとても想像も出来ません。
まさか煙にまかれるなんてないでしょうね?
  1. 2006/06/27(火) 16:35:03 |
  2. URL |
  3. A&M #-
  4. [ 編集]

エルクが近くに来るんですか、スゴイ!!!!

以前、シンガポールに駐在してた頃、隣のインドネシア/スマトラ島の森林火災からの煙で、半年くらい曇り日(?)が続いたことがありました。
見た目にはそんなでもないのに、お洗濯モノが臭くなってしまうんですよね。
  1. 2006/06/28(水) 20:42:06 |
  2. URL |
  3. dagings #-
  4. [ 編集]

dagingsさんへ

実はこの写真、台所の窓越しに撮ったものです。窓を開けて逃げてしまうといけないと思ってガラス越しに撮りました。

半年も曇りの日が続いたんですか?それはすごいですね。風向きによってすごく煙く感じるときもあり、もっと近くの人たちはとてもたまらないだろうなあと思います。
  1. 2006/06/29(木) 11:17:18 |
  2. URL |
  3. jordefarms #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。