カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

麦わら運びの毎日

9月29日(月)晴れ 最高気温 +20度 最低気温 +3度

サスカチュワンの9月末とは思えない素晴らしい陽気が続く毎日です。これほど収穫に適した秋を経験した記憶がありません。

無事に大麦のコンバインも終わり、今は麦わらの運搬に追われています。年々麦わらを確保するのが大変になってきているため、今年は片道30kmもある畑から運んでいます。麦わらの確保が大変な理由としては、

・コンバイン(の機械)が改良されてきて、ロータリータイプ(脱穀したあとの麦を短く刻んで後ろから吐き出すタイプ。ここから出てきた麦わらは短くてベーリングがしにくい)が増えてきている。
・農家が大規模化してきていて収穫面積が非常に大きいため、従来型のコンバインでも(これは麦わらを長いまま後ろに落とすことができるが、どの機械にも麦わらをロータリーよりさらに細かく刻む麦わら粉砕機能がついている)麦わら粉砕の部分を取り外すために時間を費やすことを嫌がる。
・牛を飼っているところは自分たちの麦わらを確保するのに精一杯で、特に餌不足が予測される今年など、ほかの人たちに分けている余裕はない。

などがあります。

麦わら090920081


100ヘクタールほどの畑の麦わらを友達のカルバンさんと分けることに決めたのですが、ベーリングは全てグレッグが担当しました。農業の大型化によるもう一つの影響として、畝の巨大化があります。コンバインの後ろから出てくる麦わらの畝の幅は1.8mほどで、カルバンさんの持っているラウンドべーラー(日本ではロールべーラーと呼ばれている)では吸い込みきれないからです。グレッグのべーラーは1.2m幅のベールを作るにもかかわらずピックアップと呼ばれる吸い込み口は1.8mの幅があるので何とか畝の麦わらを拾い上げることが出来ます。

畑に出かけるときには必ずトラックに一緒に乗ってくるチビ。後部座席(?長距離トラックなので、座席の後ろに仮眠が取れるようにベッドがついている。ネズミにかじられたあとがあるけど(>_<))に座ってるだけでご機嫌の様子。
チビ092920081

一つ当たり500kgほどのベールを一度に26個運びます。直径が165cmほどあるので安定が悪く、おまけに上も二列に並べてあるのでしっかりしばっておかないと落ちる可能性もあります(@_@)。
麦わら092920082

トレーラーから降ろした麦わらを並べておく。
麦わら092920084

家を出て畑に行って積み込んで運んで家でおろすまでというひとまわりに二時間半ほどかかるため、ほかの仕事の合間に一日2回ぐらい運びにいければ上等といったところです。あとまだ四回くらい行かなくてはいけないらしいのですが、これからもいい天気が続いてくれますように。








スポンサーサイト
  1. 2008/09/30(火) 15:47:52|
  2. 農作業
  3. | コメント:10

風邪ひきました

9月21日(日)晴れ 最高気温 +18度 最低気温 +2.5度

久しぶりに風邪をひいてしまいました(>_<)。先週の初めごろ、下の娘のマヤが咳を出して熱っぽくしていたので、「学校が始まるとすぐこうやっていろいろウィルスをもらってくるからいやなんだ(-_-)」なんて思っていたところ、木曜日の夕方になって私まで寒気がして体中が痛くなってしまいました。熱を測ってみると37.7度。仕方なく風邪薬を飲んでみましたがその夜は症状が軽くなったふうでもないのでとりあえず早く寝ることにしました。

同じ日の夕ご飯の後、カンナも「寒い」と言い出し、熱が37.9度。お風呂はやめてこちらも早く寝ることにしました。

翌朝起きてきたカンナはなんだかとてもすっきりした顔で「喉に水疱瘡が出来たときと同じ感覚だけど、それ以外は平気。」と言っていましたが、私のほうは体じゅうまだ痛いし、熱も下がっていません(-_-メ)。夜中じゅう布団をグルグルかき混ぜてい(る夢を見てい)たのですっかり疲れてしまいました。起きて新聞を読んでいたグレッグに「悪いけど何か朝ごはん作って食べてくれる?ついでに子供たちのお弁当もよろしく。」と言うと思いっきり嫌そうな顔。もっと人のこと心配したっていいと思うのに、全くどういうやつじゃ(怒)。

しばらくしたら薬が効いてきたのでグレッグのコンバインの手伝い。その夜は薬を飲まなくても熱は上がりませんでした。カンナは学校でも大丈夫だったらしく、「体育もちゃんとできた」と言っていました。なんだか丈夫でいいわね(@_@)。

その後だんだんよくなってきていますが、まだまだ喉が痛いので、熱いもの、酸味のあるもの、刺激物などを飲み込むことが出来ず、一番いい食べ物は「ミルクセーキ」といったところです。カンナも「野菜畑のチェリートマトが余りにおいしそうだったので一つとって食べたらとんでもない思いをした」と言っていました(笑)。大好物なのにかわいそうすぎ~。まあしょうがないからよくなるまでバナナで我慢していてもらいましょう。





  1. 2008/09/22(月) 14:52:46|
  2. 日常
  3. | コメント:2

読書後のテスト

9月11日(木)晴れ 最高気温 +21度 最低気温 +11度

子供たちの行っている学校ではアクセルレーテッドリーダー(AR)というシステムを採用して、読書を推進しようとしています。このシステムに登録されている本(現時点で10万冊くらいあるらしいが、もちろんその全てが学校にあるわけではない)は難度や年齢のレベルによって色分けしてあり、生徒たちは自分のレベルにあった本を選んで読み、読書後コンピューターを使ってテストをし、その得点によってポイントが与えられる仕組みです。

幸いにもカンナもマヤも読書が大好きなので、学期ごとに決められたポイントを確保するのは苦労していないのですが、中には読むのに時間がかかったり、テストに落ちてポイントを稼げなかったり、答えを間違えたためにポイントが少なかったりして苦労をする子供たちもいるそうです。

マヤは今学期(期日は11月10日)までに18ポイントを取らなくてはいけなかったのですが、おととい(9月9日)までにもう全部取れてしまいました(笑)。取らなくてはいけないポイントを増やしてもらうよう頼むこともできると思いますが、それよりほかの勉強をしたほうが本人のためになると思うのでそのままにしてあります。(と言っても結局勉強やらないんだけど(-_-メ))
mayaarpoints

カンナも去年の一学期に30ポイントを取らなくてはいけなかったのですが、途中で先生が調べたらすでに48ポイントにもなっていたとのことで「もういいから」と言われたそうです(笑)。

そのしばらく前に「ハリーポッターと炎のゴブレット」のテストをしたらしく、その本一冊で36ポイントももらえたそうです(本人はその本が何ポイントかあとになるまで知らなかったらしい)。大体の本が一冊当たり3-4ポイントなのに(ローラ・インガルスシリーズは6-9ポイントというのもある)さすがハリーポッター、超長編だけのことはあります。

しかし、今年度の始めに「ハリーポッターの本でARテストを受けないように」という通達が出たと子供たちが言ったので、「先生にどうして受けられないか聞いてみたら?」と言ってみました。しばらくしてカンナが言うには、「みんな本を読まずに映画だけ見てテストを受けるからだめにしたらしい」とのことで、「子供たち、ちゃっかりしてるなあ~」と大笑いしてしまいました。

映画だとかなり省略してある部分もあるし、内容的に変わっているところもあるから、テストを受けて落ちた人が続出したのではないでしょうか(笑)。カナダの子供たち、さすが図太いわね。でも落ちて残念だったけど(爆)




  1. 2008/09/12(金) 15:53:17|
  2. 子供
  3. | コメント:4

保存食作りの一日その2

9月8日(月)晴れ 最高気温 +17度 最低気温 +2度

先日の保存食作りの続きです。

姫リンゴは二年前にトモコさんがホームステイしていたときと同じ要領でジュースにしました8月下旬まだケイコさんがホームステイしていたころ、お友達のフランキーさんから電話があり「姫リンゴがたくさんありすぎてどんどん木から落ちてしまうからぜひよかったら取りにきてちょうだい」ということでたくさんもらってきました。その翌週にももう一度もらいに行ったので(>_<)、3回に分けてジュースを作り(また1リットル瓶30本以上できた 笑)、今日やっと終わりました。
姫リンゴジュース20081

姫リンゴジュース20082

去年はもうちょっとというところで霜が降りてダメになってしまったトウモロコシですが、今年は今のところ順調に実っています。毎日食べても食べても追いつかないので、先日と今日、半茹でして冷凍庫に保存しました。

まずトウモロコシの実を包丁で削り落とします。この作業が厄介で(というより無駄が出てい)困っています。包丁でどうしてもトウモロコシの粒に傷をつけてしまうし、一粒一粒できるだけ芯に近いところから削ろうとすると芯まで削ってしまっておいしくなくなってしまいます。「缶詰や冷凍のトウモロコシはどうやってその加工をしているのだろう?」と疑問に思っているのですが、グレッグに聞いてみたら、乾燥してからコンバイン(収穫・脱穀)して、後で水を加えて還元するのではないかと言っていました。カナダのグーグルで「トウモロコシの上手な実の取り方」と検索してみましたが、ただ「包丁で削る」としか書いてなく、がっかりしました。どなたかいい方法をご存知の方があれば、アドバイスをよろしくお願いします。


トウモロコシ200809081

次に砂糖と水を加え、沸騰させてから10分ほどゆでて出来上がり。私の植えている種類は「北部用超早稲極甘種」というものなので、このレシピの半分の量の砂糖で十分甘かったです。あとは一食分ずつ小袋に分けて冷凍するだけです。

トウモロコシ200809082

こんなにおいしいトウモロコシなのに、毎日一本ずつ食べ(させられ)ている子供たちは「またトウモロコシ~?」と結構うんざりした様子。(初めて食べたのがケイコさんが帰る前日の8月23日だったから、かれこれ二週間ほど食べつづけている感じ?最初はこんなに嬉しそうだった (^o^))
keikocorn20081


でも今でも外に行けばトウモロコシの芯を心待ちにしてくれている誰かがいます。
トウモロコシ200809083

「ポカポカ地球家族」のときに子牛を出産したばかりのシーンが紹介されたネリーちゃんは今年の春に太ももを痛めたため、うちの敷地内にまだいます(うちの放牧地が足りなくなってしまったため、残りの牛たちは他の人に借りた放牧地に行ってしまったため、家を留守にしています。これについてもいずれ)。
ネリー200809081

トウモロコシの皮や芯の入ったビニール袋を下げて放牧地に行くと大喜び!!私がトウモロコシを差し出すと口を開けて25cmもあるトウモロコシを丸ごと口に入れて。「カリコリ」となんともいえないいい音を立てて食べてしまいます。
ネリー090820082

この放牧地に一緒にいるほかの牛たちはトウモロコシを口の前に差し出しても横を向いてしまうので地面に落として自分で拾って食べていますが、全く躊躇せず口を開けるネリーちゃんはほかの牛に比べて3倍以上は食べています。

トウモロコシな日々とネリーちゃんの幸せはまだしばらく続きそうです。





  1. 2008/09/09(火) 15:05:26|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | コメント:10

保存食作りの一日その1

9月4日(木)晴れのち小雨 最高気温 +17度 最低気温 +8度

今日の日中はよく晴れてとてもさわやかな一日でした。なのに!!一日の大半をキッチンの流しの前で過ごした私

まず昨日もらったルーバーブを洗って刻んで冷凍、次に姫リンゴジュースを作り、そしてトウモロコシを茎から削ぎ落として半湯でして冷凍。一つ一つやたら時間がかかって気がついたらもう夕ご飯の時間(-_-メ)

とりあえずルーバーブの様子から。

以前にも紹介したルーバーブはうちにも一株あったのですが、これまで決まった家庭菜園の場所がなかったため、何度も移動される羽目になり、ついに枯れてしまいました(一般的にはルーバーブを枯らすのは不可能と言われているが)。

今年は例年になくサスカトゥーンベリーがたくさん取れたため(その様子もさかのぼっていつか紹介したいものです)サスカトゥーン・ルーバーブジャムというジャムをたくさん作りたかったのですが、一度は作ったものの、その後ルーバーブがなかなか手に入らず、困っていました。

おととい卵を届けにビヨークデールの村に行ったときに、ここに移って来て以来よくしてもらっているマーガレットおばあさんが畑でジャガイモを掘っているのを見かけました。久しぶりだったので立ち寄って話をしていたらルーバーブがあまっていると言ったので早速もらうことにしたのです。マーガレットおばあさんはトウモロコシを植えなかったといったので、翌日3本取って持っていきました。

この驚くべきおばあさんは先月93歳になったのですが、とても元気で今でも一人暮らしをしています(おまけに庭に畑もある)。昨日も朝七時前に起きて洗濯をし、アイロンをかけ、お年よりの人たちの夕食会に持っていくサスカトゥーンベリーパイを焼いて(もちろん皮も自分で焼く)、皮が余ったから家にあったプラムをいれてプラムパイも一緒に作り、お友達が来たからコーヒーを飲んでパイを食べ、私が立ち寄ったときにはオーブンの掃除をしていました。

「ほんとにルーバーブもらっていいんですか?」と聞くと、「見てよ」と言って地下にあるパントリーを見せてくれましたが、棚にジャムやピクルスなどの瓶詰めが所狭しと並んでいて、「これだけあれば10年は食べていけるわ。この前もチョークチェリーをもらっちゃっていらなかったんだけど無駄にすることも出来ないからまたジャム作っちゃったわよ。もう見たくもない。」とうんざりした様子。

耳が遠くて補聴器をつけているのと、庭を歩くときは歩行器を使う以外は、本当に元気です。つい最近までは自分で芝生も刈っていたのですが、周りの人にやめろといわれてやめたらしいです。「店で買うパンはまずいから」と言って、食パンもバンズも自分でこねて焼いています。子供と孫が「ホームベーカリーをプレゼントしようか?」と言ったらしいのですが「そんなものもらったって捨てるから」と断ったそうです(@_@)。ビヨークデールにはほかにもお年よりはたくさんいますが、ここまでアクティブなのはマーガレットおばあさんが一番だと思います。アクティブだから元気でいるのかもしれませんが、本当に尊敬の限りです。

昨日は帰ってきてから牛のフェンスを直したりするのに時間がかかり、ルーバーブに手が回らず、今日に先延ばしになってしまいました。

洗いカゴに山盛りになっているルーバーブ(予想していた量の5倍はもらった(>_<))
ルーバーブ20081

1cmくらいに切ってビニール袋に入れて冷凍しておきます。
ルーバーブ20082

今日のデザートに早速ルーバーブトルテを作りました。(もう半分くらいなくなったけど)

マーガレットおばあさん、本当にありがとう♪これからも元気で長生きしてね♪






  1. 2008/09/05(金) 14:49:30|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | コメント:6

ケイコさんホームステイ終わる

9月1日(月)

ってもう一週間以上前のことなんですけど・・・・

ホームステイしていたケイコさんが、5週間のファーム生活を終えて8月24日に日本に帰りました。今ごろ文化的な生活に戻っているのでしょうねえ・・・・


前回のトモコさんのときと同じように、ものすごく目立つ例の鮮やかな青のライオンズのジャケットを着てくるのかと思っていたのですが、紺色のカーディガンで登場したため、まず「ジャケット着てないの?」と思わず(笑)聞いてしまいました。「手持ち荷物の中に入っていたんですけど、スーツケースを取ったあとに行き会うと思ったので荷物を受け取ってから着ようと思っていたんですけど・・・・」と言っていました。

帰りはけなげにも家からこのジャケット着て帰っていきました。やたらカッチリしていてくつろげない感じなんですけど。

ケイコさん帰りの空港で

これまでで4人のホームステイを受け入れ、それぞれ個性があるのはもちろんですが、みんないい子達で本当に嬉しく思いました。カナダで発行されている日本語新聞などを読むと「今の若い人たちって・・・・」みたいな記事に遭遇することもあるのですが、ここに来た子達はみんな素直で礼儀正しくて感心しました。

もし将来うちの子供たちがこういう立場に立ったら、ちゃんとできるだろうか?とあらためて考えてしまいました。行儀よくふるまえるだろうか、他人の気持ちになってものごとを考えれるだろうか、自分の考えをきちんと言えるだろうか、違った環境に溶け込むことができるだろうか・・・・

親としての自分がまずしっかりしなくてはいけないなと考えさせられました。子供たちにそういう機会がいつかあればいいと思いますが、その前にあの2人組みのマナーを何とかしなくては・・・・









  1. 2008/09/02(火) 14:20:00|
  2. 日常
  3. | コメント:6

もう9月

9月1日(月)曇り時々雨 最高気温 +11度 最低気温 +6度

またまた長い休みを取ってしまいました。8月には2回しか更新していません(@_@)こんなことならブログ仲間のうしおばさんのように「ブログ休み宣言」でも出したほうがいいか(笑)とも思いますが、休もうと思って休んでいるわけではなく、気がつくと何日も過ぎてしまっているというわけなので、なかなかうまくいきません。巷では「ジョルディさんのブログ、終わってしまったのね」という噂もあるそうなのですが、そうではありませんのでよろしく。9月に入って新年度が始まったということで、これからは頻繁に更新して行こうではありませんか!!(ちょっと空回りでむなしい)

ということで、ライオンズクラブを通してホームステイをしていたケイコさんの滞在も24日に終わり、子供たちの学校も27日から始まりました。超怖いスクールバスの運転手さんが6月で辞めてしまって、今年度からのバスの運転手がなかなか見つからなかったため大丈夫だろうかと心配していましたが、学校の始まる前日に新しい運転手から連絡をもらい、ホッとしました。カンナは「もしバスが来ないんだったら自転車で学校に行く!」と張り切っていましたが(笑)、うちは坂の上にあるので、行きはいいかもしれないけど、帰りは絶対自転車なんて嫌だと思うし・・・・・雨の日とか冬の極寒とかはどうするつもりだったんだろう・・・・・???(笑)今度の運転手は若い女性でとても優しい感じの人です。今はいいけど、これから冬になって道路状態がすごく悪くなっちゃうんだけど、絶対やめないでね~、お願い♪

カンナは6年生、マヤは4年生になりました。2学年で一クラスなので、担任はどちらも去年と同じ先生です。毎年のことながら、夏休み中遊びほうけていたあの2人組み、ちゃんと勉強モードに切り替えることができるのでしょうか?なんだか心配・・・・

2008年最初の日




  1. 2008/09/02(火) 13:58:07|
  2. 日常
  3. | コメント:6

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。