カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

二月休み終わる

2月24日(日)晴れ 最高気温 -3度 最低気温 -17度

空手の昇級試験の日に始まった二月休みが今日で終わりになりました。9連休もあって、子供たちもそろそろ学校が恋しいのでは・・・・と思うのですが、全くそんなふうでもないようです(>_<)。大体2月休みは何のためにあるのか全くわかりません。1月は極寒などでバスが運休して学校にいけなかった日もあるし、3月の末にはイースターでまた10日近く休みになるのに・・・・・

初めの2-3日は寒かったのですが、そのあと天気がとてもよくなり、皆既月食を見た次の夜には3人で庭でマシュマロローストをしました。焚き火はいつもグレッグの担当なのですが、風が全くなかったし、周りは雪だらけだし、いくらなんでも火事にはならないでしょうと、火が嫌いな心配性の私でも安心してできました。

月曜日は空手の練習の日だったのですが、ほとんどの生徒たちが休暇でどこかに出かけてしまっていると言うことでキャンセルになってしまいました。マヤが、「みんなどこかに休暇に行ってるみたいだよ~。」と言っていたので、「どこにも行けなくてちょっとかわいそうだなあ」と思って、「休みのうちに何かしたいことある?」と聞くと、「遊んでテレビ見る!」と言う返事。あのねえ・・・・・現状に十分満足してるんじゃないの(>_<) 休暇中、マヤはお友達の誕生会でプールに行ったし、天気のいいときは二人とも庭で自転車に乗ったり雪山でそりすべりをやったり(すべる距離5mくらいしかないけど 笑)相変わらず遊んでばかりでした。

昨日は隣町ティズデールでの買い物のあと友人のところによって馬に乗せてもらいました。家を出る前にその友人のところへ行く旨を子供たちに言ったら、準備のいいマヤはリンゴを二つもって来ました。一つ渡されたリンゴをすぐさま食べ始めたカンナを見て、マヤは「それは馬にあげるためのだよ~。」と憮然。結局カンナは全部食べてしまったのですが、マヤはちゃんと取っておいて馬にあげてました(笑)。

カンナと馬02232008

子供と馬02232008


買い物のとき、ザクロを売っていたのでまた買ってみました。実家の庭にザクロの木があったのですが、どんな味だったか全く覚えていなかったため、この前一度買ってみたのです。これをどういうふうに食べるんだろう?と不思議に思いましたが、皮をむいて粒粒の果実を全てお皿に出してスプーンですくって食べ、種を吐き出すと言う、なんだか人前ではできないような食べ方になってしまいました。意外にも、初めて食べた子供たちがとても気に入ったようだったので、そのあと店でザクロジュースを見つけたので買ってみたら「果物そのままのほうがずっといい」という評判でした。ザクロは抗酸化体(?)を含んでいるとかで体にいいと最近注目されているらしく、炭酸飲料にも「ザクロ味」がありました(笑)全然体によくない感じ(そう言いながら買ってみたんだけど 笑)
ザクロ


明日からまた普通の生活に戻るのね。お弁当何にしよう????


スポンサーサイト
  1. 2008/02/25(月) 15:16:20|
  2. 子供
  3. | コメント:4

エルク相変わらず

2月21日(木)晴れ 最高気温 -5度 最低気温 -19度

今日はよく晴れて風もない、とても暖かな一日でした。屋根からしずくが落ちたりして、「今度こそ春近し」と言ったところでしょうか(やたら楽天的 笑)。

エルクが先週の木・金とベール置き場に現れて、「いよいよここまで来てしまったか・・・・」と目の前真っ暗になりましたが、土曜日、日曜日には新しい足跡やフンを見つけませんでした。金曜日には政府機関の「作物保険」の担当者がきて、エルクによる被害を視察していきました。「3頭目撃したのだけど」と言ったら、「この足跡からしたら10頭はいるはずです。」と言って、『毎日ベールをいくつやったか、現れる野生動物の種類と頭数(目撃した数ではなくてこのくらいはいるだろうと思われる頭数)食べられたり荒らされたりして被害を受けた干し草の量』などを記入するための用紙を置いていってくれました。

月曜日牛たちのいる畑にベールを持っていったら、10頭ほどのエルクが干し草を食べていて、さらに10頭以上が公共放牧地の方から一列になって歩いてきました。
エルク行列021820081


私がトラクターで餌をやっているところからそう遠くないところで牛たちに混じってちゃっかりと食べています。体のでかいこと(・_・;)
エルク牛のそばに


二頭は角が生えていて、角の様子から一歳と二歳のオスだと思われます。
エルクその2021820082


トラクターがかなり近づいても怖がる様子も見せず、食べ続けるエルクたち。写真の下中央にトラクターのフォークが一本写っています。
エルクトラクターの近く021820084


もっと近くに行ったらやっと逃げ出しました。けれど途中まで行ってまた立ち止まってしまい、私がいなくなるのを待っています。待ちくたびれたのか座り込んでしまうエルクもいました(>_<)
エルクその5021820085


翌日(火)は餌をやる時間が少し遅くなったのですが、畑に行ったら前日と同じエルクがみんなで走って来ました。おいおい、やめてくれ・・・・

昨日は姿を見なかったものの、たくさんの足跡からまだまだ居座っているものと察しました。今日も姿を見なかったので、「ヘンだなあ?どこかに移ったのだろうか?」と喜びかけたところ、公共放牧地との境目の林に黒っぽいものが見えました。600m以上離れていてよく分からなかったので、ベールの続きを持ってきたときに一緒に双眼鏡も持ってきました。

やっぱりエルクでした・・・・・みんなで寝そべっちゃったりして、「なーに、そんなに焦って行かなくてもご馳走はたくさんあるからあとでゆっくり行こう」とでも申し合わせているかのように、誰も動きませんでした。

カルバンさんの友達で公共放牧地の北側(私たちは南側)に住んでいる人のところにも20頭以上のエルクがいるらしく、自然資源庁に電話したら、「それでは仕方ないでしょう。」と言われたので、銃を持ってきてその場で撃ち始めたそうです。3頭しとめたそうですが、二日も経ったらほかのエルクたちは何ごともなかったかのように倒れているエルクのそばを通ってベールに戻ってきているそうです。図太いったら・・・・


この話を猟好きな義兄に言ったら、「撃ってそのままにしといたの~?もったいない。エルクが25頭?信じられない・・・・・。3月に行くかもしれないからそれまで取っておいて・・・・」とのこと。「今マイナス29度だよ。」と言ったら、「やっぱり行かないかもしれない。」と言っていました。ひどいじゃないの、それって?




  1. 2008/02/22(金) 15:37:30|
  2. 野生の動物
  3. | コメント:8

皆既月食

2月20日(水)晴れ 最高気温 -13度 最低気温 -27度

夕方林の裏側に昇ってきた満月をカンナが見つけ、「大きい月~!!」と感動していました。ところがしばらくすると雲がかかったように端が少し欠けてきたのです。「ヘンだねえ?曇ってきたの?もしかして月食?何にもそんなこと言ってないよねえ・・・・」などと思っていたら、午後7時半のラジオのニュースで、「今夜はよく晴れているので皆既月食にはもってこいの空です。」と言っているのを聞き、「やっぱり月食なんだ~。」と3人で台所の窓の近くに椅子を並べ、変化を楽しみました。インターネットで調べたところによると、北米でこの前皆既月食が見えたのは去年の8月の終わりで、今回の月食の後は2010年の12月まで見れないそうなのです。かなりのスピードで月が小さくなっていき、9時には完全にかくれてしまってオレンジ色のきれいな輪郭(?)が見れました。

私のデジタルカメラで様子を移そうと思いましたが、ちょっと限界を超えていたみたい・・・・おまけに外はマイナス20度でそう何度も出たくなかったし・・・・

20080220月食1


月食200802202



家に天体望遠鏡があるのにセッティングの仕方がよく分からないため、双眼鏡で見ていました(笑)。月の表面のデコボコの様子もしっかり見えたし、外に出なくても暖かい家の中から見えたし、十分です。

だんだんオレンジ色がぼやけてきたと思ったら、10時過ぎには月が戻り始め、11時過ぎに子牛の水呑場のカバーを掛けにいったときには(まだやってます -_-メ)ほとんど満月に戻っていました。月の回りに大きな輪がかかったようになっていてとても幻想的でした。

月食がすすみ空が暗くなるにつれて輝く星の数が増え、北斗七星も家の中からはっきり見えて「やっぱりサスカチュワンの冬空は美しいわ(笑)」と感動してしまいました。

今夜の月食の様子が書かれているNASAのサイトを添付してみました。

NASAのウェブサイト


  1. 2008/02/21(木) 14:20:14|
  2. 自然
  3. | コメント:8

空手昇級試験

2月17日(日)晴れ 最高気温 -17度 最低気温 -20度

昨日(土)は子供たちが去年10月から始めた空手の、初めての昇級試験の日でした。ここから2時間くらいしたところのプリンスアルバートという町にある本道場まで出かけたのですが、前日の夜10時ごろ外を見ると氷雨が降っていて、ガビ~ン(-_-メ)道路状態悪そう・・・・・

朝までには氷雨はやんでいましたが、車のガラスは全て厚い氷で覆われていました。ということはアスファルトも同じということなのね。道路状況を調べると「道路凍結、滑りやすし、アスファルトの霜に注意」と書いてあり、何でまた何ヶ月ぶりに出かけるというというときに限ってこうなるの・・・・と心配になりました。

幸いなことによく晴れていて、気温もなぜか0度近くなるというということだったので、もしかしたら溶けるかも、と期待しながら早めに出かけました。案の定ティズデールまでの道は凍って真っ白でしたが、そのあとは溶けてビシャビシャになっていました。プリンスアルバートについて車から出てビックリ!!私の濃紺の車が真っ白になっていました(@_@)どれだけの塩を撒いてあったんだ?でも朝早くから氷を溶かすための塩まきがフリーウェーにでてくれていて大感謝です。

子供たちの試験にはほかに同じ年頃の男の子が3人いましたが(みんなちょっと肥満気味)、腕立て伏せ25回のテストのときに男の子達は完全にばてていて、師範に「女の子たちのほうが腕立て伏せが上手じゃないか。おまえたちはガールフレンドに守ってもらわないといけないな。」と笑われていました(爆)

基本の型、組み手などの試験を終えて結果は一週間ぐらいでわかるそうです。師範は「最初の試験で落とすことはほとんどない」と私たち(親)に言っていたので無事に受かるといいと思います。

お昼を食べ買い物をしていたらそれまで晴れていた空が急に曇り始め雪が降り始めました。慌てて買い物を終え、家にまっしぐら。道路状態が悪くなる前に家についてホッとしました。

夜の間に気温がどんどん下がり、今朝はマイナス20度。今夜はまたマイナス27度まで下がるそうです。何で昨日だけあんなに暖かかったんだろう?道路情報も「道路凍結、強風、舞い上げられる雪のため視界悪し、運転を控えるように」となっていました。昨日終わってラッキーだったわ(>_<)




  1. 2008/02/18(月) 02:24:13|
  2. 子供
  3. | コメント:12

エルクその後

2月12日(火)晴れ 最高気温 -17度 最低気温 -26度 

冬眠から覚めた・・・と言いたいところですが、まだ冷凍庫状態のサスカチュワンビヨークデールです(-_-メ)。先週末はマイナス35度で突風という日もあり、日曜日の体感温度はマイナス54度(・_・;)でした。電話をしてきた妹にそのことを言ったら、「お姉ちゃんのところの牛はホッキョクグマの親戚なんじゃないの?」と唖然としていました(笑)マジにそうかも・・・・

ところで、エルクは相変わらず出没しています。先週やっと自然資源庁の担当の人が見に来てくれました。(3人も来た。おまけにその中の一人はものすごいお年よりで「あんたの給料、税金の無駄遣いじゃないでしょうね?」と疑心暗鬼になってしまった私)ちょうどそのときに10頭ほどのエルクが牛たちが餌を食べている畑の端のほうにいるのを目撃し、たくさんのフンや足跡も確認したので、「エルクのために余計にやっている餌代は補償しますから。」と言ってくれ、ほっとしました。しかし、この人たちは「あんたはどこの出身?」「カナダで生まれたの?それとも日本?」「どこで農業をおぼえたの?」「ダンナさんはどこで働いているの?」「え、ジャスパー?ジャスパーは昨日プラス1度だと言ってたけど」とか日本人の私がこんな極寒の辺境(爆)で牛の餌をやっていることを明らかに不思議に思っているようで、ここにたどり着いたいきさつまで延々と説明する羽目になりました(笑)。

とりあえず牛たちにやったベールの数とエルクを見かけたかどうかなどの記録を毎日とっています。エルクは、しばらく前までは公共放牧地のほうから来ていたのですが、最近は家から牛たちのいる畑に行く途中にある放牧地(牛たちが今いる畑に移る前に餌を食べていたところ。牛たちが食べ残した干草が雪下に散らばっている)でも見かけるようになりました。その北側の林の中で休んでいるようです。「寒い中公共放牧地までわざわざ戻らなくてもこの林にいれば餌もすぐ近くだし・・・・」と引っ越してきたらしいです(-_-)。今日は18頭もいて、トラクターで近くを通っても少し動いただけですぐ戻ってきました。なんだかだんだんずうずうしくなってきているみたい・・・・



  1. 2008/02/13(水) 14:41:37|
  2. 野生の動物
  3. | コメント:8

寒さやわらぐ(?)

2月4日(月)晴れ 最高気温 -20度 最低気温 -28度

同じ気温でも、それまで暖かかったのとそれまで寒かったのでは感じ方が全く違います。この前は「冷凍庫より寒い」と書いていたマイナス20度なのに、寒波が去った(去ってない?)今日は結構過ごしやすく感じてしまいました。単純なものね・・・

5日連続で予備のバッテリーをつないでエンジンをかけていた餌やり用のトラクターも、昨日から自力でエンジンがかかるようになったし、全ては上向きってところでしょうか?

日照時間もだんだん長くなってきて、冬至前後には林の間からヨロヨロと弱々しい光を投げかけていた太陽も最近は林の上から強い陽射しを送っていて、カーテンを開けると家の中がとても暖かく感じられるようになりました。

極寒の間は水を飲みに来ても一目散に帰っていった牛たちも、昨日今日は水を飲んだあとしばらくみんなで立ち止まって日光浴していました(もちろん太陽に直角 笑)。
牛020320081



もう二月なんだから、いくらなんでもまたマイナス40度になることはないと思うけど・・・・・




  1. 2008/02/05(火) 14:41:38|
  2. 天気
  3. | コメント:8

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。