カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ニワトリもらわれる

9月21日(金)晴れ

去年の春秋にも >_<)一羽一ドルで買ったニワトリ、今年の春から初夏にかけて結構卵を産んでくれました。それらを処分する予定で今年の春にもまた同じところから一歳のニワトリを買って(私、物好き?)、二つの鳥小屋にあわせて60羽以上のニワトリがいました。今年のニワトリたちが十分卵を産むようになってきたので、去年からのニワトリには穀物と水だけ与えていて「この先どうしようかなあ~」と処分を先延ばしにしていました。

ニワトリ09202007


これらのニワトリは白色レッグホーンという、卵を産むためだけに生まれてきたような種類で、肉らしい肉は全くないのです。去年このニワトリたちを越冬させたのですが、ヒートランプ(電熱器)にかかる電気代を考えると、ほんのわずかの数の卵のためにこれらをキープするのは割に合わないというのがわかりました。中にはこういう古い鳥を(2歳とか3歳の鳥は古いとみなされるらしい)圧力鍋で煮て、瓶詰めにしてシチューとかにする人もいるのですが、私はニワトリを(って言うか、何でもだけど)処分するということにどうしても恐怖感(?嫌悪感というのではなくて、怖くて勇気が出ないという感覚)があって、「これだって家畜飼育の一部なんだから、がんばってみるか!」と時々思ったものの、結局今まで何もできずじまいでした。

「もしかしたらこの作業をいとわず、ほしい人がいるかもしれない」と思い立って、地元の新聞の「あげます」欄に広告を入れました(広告3週間分で10ドル払った)。

先週の金曜日に広告が載ったのに週末は全然反応がなく、留守電にひとつ入っていたメッセージは年配の女性からのもので、「私はローズバレー(ここから1時間ほど先)に住んでるけど、この鶏はもう羽とか内臓とか取ってきれいにしてあるの?もしそうならほしいわ。届けてくれる?」というものでした。思いっきりがっかり↓そんな手間隙かけたものをタダでやらんわい

え~、やっぱりほしい人いないのかなあ・・・・と思ったけど、昨日の夕方年配の夫婦から電話があり、「ニワトリほしいから取りに来る」と言ってくれました。

最初は15羽くらいでいいと言っていたのに、結局「全部もらってくわ。値段もちょうどいいしね(爆)」と言って全部引き取ってくれ、お礼にと焼きたてのパンをくれました

もらったパン09202007


今朝トーストにしたら、カンナが「お~いしい~。今度この人に会ったら『わたしがとっても喜んだって言っといてね』」と言っていました。

そのあとも3人から電話があり、そのうちの二人はまだ卵を産ませるためにほしい(この人たちはちゃんと越冬できる小屋があるらしい)とのことだったので、寒くなって今年の春買ったニワトリの卵の数が減ってきたら連絡すると言っておきました。

夏の間は穀物に蛋白質のサプリメントをほんの少し混ぜ、水と砕いた貝殻を与えるだけでほとんどコストがかからないので、来年の春になったらまた新しいニワトリを入れようと思います。できれば来年はきちんと越冬させられる小屋を建てられたら一番いいのですけど、そればかりは私一人ではできないので、どうなることやら・・・・




スポンサーサイト
  1. 2007/09/22(土) 00:25:54|
  2. ニワトリ
  3. | コメント:14

秋はトウモロコシがうまい!

9月19日(水)晴れ 最高気温 +13度 最低気温 +4度

今日は晴れてさわやかな一日となりました。先週末子供たちの友達が遊びに来たときに、霜に当たって駄目になってしまった家庭菜園のトウモロコシを片付けました。

子供たちも手伝ってくれ、トラクターの後ろにつけたアンラベラー(ベールほぐし機)に積んで、子供たちがその上に乗って放牧地まで出発!

kidscorn091520071

カンナは凍ってしまったトウモロコシを食べて「甘くておいしいよ~」と言っていました。ちぇっ、ほんのもうちょっとだったのに。もったいない(-_-メ)

放牧地に着いて目ざとく近づいてきた牛たちに、トウモロコシを茎ごと投げると、食べる食べる!子供たち、みんな一生懸命トウモロコシを投げているのに、一名だけ片手にトウモロコシの毛をしっかり握っている人がいます(@_@)
kidscorn091520072


まず、実を茎から引き離し、がぶり。次に掃除機のように茎をどんどん吸い込んでいきます。あっという間に今年のトウモロコシの半分が消えてしまいました。

corn09162007


翌日残りの半分を持っていきましたが、若牛や子牛たちが躊躇しているうちにおいしいところは全部サメ軍団に食べられ、残った根っこに近いようなところをくわえている若牛もいました(笑)。

さて、カルバンさんから借りたギャロウェー種の雄牛、リトルリーバイもすっかり群れになじんだようです。ギャロウェー種はすごいロン毛(死語?)なのですが、雄牛はなぜかアフロ並みのスーパーカーリーヘア!ちょっとすごくない、これ?
littlelevi1


やってるやってる!雌牛の匂いをかぐとすぐこれだよ(>_<)
littlelevi2


一歳の雌牛たちは年功序列を示す儀式(?)がまだ終わっていないのか、何頭かの牛たちが群がって食べているときに時々唐突に「ピョ~ン」とはじかれて飛んでいます(笑)。他人に頭突かれて、実の姉に頭突かれて、実の母に頭突かれて(去年はあんなにかわいがってくれたのに・・・・・笑)こうやってもまれながら自分の位置を確立するのでしょう。

I11番(右側)と、母親のフロスティー
I11&frosty









  1. 2007/09/20(木) 14:48:31|
  2. | コメント:12

さよなら、ミスター

9月17日(月)小雨

気がふさがっていても、更新を先延ばしにしていても、帰ってこないものは帰ってこないと、わかっています。

ミスターグッドルッキング1


我が家の種牛、ミスターグッドルッキングが先週死んでしまいました。去年の冬、下痢状の便が続き、体重が減ってしまったので獣医さんに電話して様子を説明したら、「多分胃をやられていて、消化がうまくできていないのだろう。餌を替えれば持ち直すこともあるかもしれないけど、これといって治療法もない」と言われました。

とにかく餌を切らすことがないようにして、春先になってからだいぶ元通りになってきて、雌牛たちと一緒に放牧地に出したのですが、ずーっと調子はよかったのに、今月の初めになって放牧地の草がなくなってしまったので(誰よ、この敷地なら5000頭は必要っていったの )サイレージのベールを与えていました。

それを始めたら急激に体調が悪化し、先週の木曜日に死んでしまいました。いくら食べてもいくら飲んでも体内にとどめることができなかったようで、全くかわいそうなことをしました。

友達のカルバンさんに「一歳の雌牛たちの交配用に種牛が必要かもしれない」という話を以前していたのですが、金曜日の朝電話があり、「種牛まだ必要?」と聞いてくれたので、ミスターグッドルッキングが死んでしまった話をしたら、「じゃあ、うちの種牛を一頭連れてくるから。二頭で喧嘩していたんで一頭引き離して柵の中に入れてあるから」と言ってくれたのです。成牛の中でもまだ妊娠していないのもいるかもしれないので、一歳の雌牛たちをほかの牛たちのいる放牧地まで連れて行くことにしました。

7匹のこれらの雌牛たちを私が前から呼んで、学校から帰ってきたカンナに四輪バギーに乗って後ろから追ってもらいました。この雌牛たちは去年の秋離乳して以来柵の中から出たことがなかったので、うれしくて走り回って逃げていってしまうのではないかと心配しましたが、目の前にある青草を食べるのに一生懸命で、止まってばかりで私が呼んでもなかなかついてこず、カンナが後ろから上手に追い立ててくれ、全然問題なく成牛たちの群に入っていきました。3つの放牧地を通って1km程先の放牧地まで連れて行ったのですが、とてもうまくいってホッとしました。

そうしてしばらくしたら、カルバンさんが種牛を連れてきてくれました。この種牛はまた例のギャロウェー(笑)なので、これから生まれる子牛はまた「あんたはどのギャローウェー?」になるのですが、なんと言っても数が全ての北米の畜産なので、背に腹は変えられません。

カルバンさんに、「ミスターグッドルッキング(とは言わなかったけど)はどうして胃をやられてしまったんだろう?」と聞くと、「前に飼われていた所で子牛のときに濃厚飼料を食べさせられすぎて、胃が焼けてしまったんだよ。時間の問題だったんだよ。それにこの種牛はそこに2歳になるまでいたから、そこの餌をずいぶん長く食べていたからね。」「そこの種牛でほかにも問題あった人いるのかなあ?」と聞くと、「結構何回か聞いたことがあるよ」とのこと。そこでの種牛の育て方について、私たちの情報不足だったのが原因の一つであり、本当に申し訳ないことをしました。

カナダでは春先に「種牛競売」があり、純血種の種牛を育てている牧場が揃って自分のところの種牛の展示・販売をします。そこにでてくるのは精液検査済みの一歳から二歳の雄牛で、購買者はその種牛を2年ほど使い、あとは使用済みの雄牛として競りに出してしまいます。2年たつと、その種牛のメス子牛が交配の時期になるため、種牛を変えないと近親交配になってしまうからです。(もちろん、生まれたメス子牛を全て売ってしまえば、種牛を変える必要はありませんが)

そんなふうで、種牛用としてそういう競りに出てくる若牛は早く大きくなるように小さいうちから栄養価の高い餌をたくさん与えられ、胃の機能がうまく活動していないことがあるのかもしれません。

今までの種牛の中で一番大好きだった、雌牛に優しくてハンサムなミスターグッドルッキングを死なせてしまって、全く申し訳ないという気持ちでいっぱいです。

さよなら、ミスター。ほんとにごめんね。




  1. 2007/09/18(火) 01:33:20|
  2. | コメント:16

あららら、霜が・・・・

9月11日(火)曇り時々小雨 最高気温 +8度 最低気温 -3度

ついに降りてしまいました、霜。今朝起きた時点では気温はマイナス0.5度だったのですが、温度計の「最低」ボタンを押してみたら、マイナス2.9度と出ていました。ということは、昨夜から今朝にかけての一時、その気温になってしまったということです。カナダ気象庁の夕べの天気予報では、予想最低気温は0度、「霜警報」が出ていて、今朝になったら「霜警報解除」と出ていましたが、「解除」って言ったって、もう降りちゃったんだけど(-_-メ)・・・・

庭に出て菜園を見たら、ガーン!

トウモロコシ09112007

トウモロコシ、やられてました。葉っぱが紙のように薄くなってだれています。昨夜夕ご飯に初めてトウモロコシをゆでて食べたのに・・・・(それもまだ実が熟しきっていず、黄色というよりはクリーム色といった感じだった)。最近天気がよくなくて、寒い日が続いていたからなあ・・・・おまけに、トウモロコシってこんな薄ら寒い日じゃなくて、暑い夏にガブリッとほうばるイメージだし。

ズッキーニ09112007

ズッキーニも(@_@)(どんな顔文字にしようか、ちょっと迷った) いやいや、決してもういらないというわけではないのですよ。

今日の予報は「最高気温 +4度 雪混じりの雨」ということだったのですが、何とか雨だけにおさまって、気温も8度まで上がりました。しかし、今予報を見たら、明日の夜は小雪になると書いてあります。

ちょっと~、いくらなんでも早すぎるんじゃないの?

昨日の朝、道にメスのムースがいました。カメラを連写モードにできずもたもたしているうちに隣の小麦畑(刈り取って畝状態)に走り去ってしまいました(-_-メ)。
ムース109102007

ムース209102007


暖かい日々よ、戻ってきてください♪




  1. 2007/09/12(水) 13:15:46|
  2. 天気
  3. | コメント:22

カナダの切手は・・・

9月8日(土)曇り時々晴れ 

カナダの郵便物の切手代は、はがき・封書に関わらず50グラム以内なら同じ金額です。

17年前、私がカナダに来たばかりのころは、確か国内郵便は40セントしなかったと思うのですが、そのあと徐々に上がり、今では52セントになってしまいました(確か)。

確か・・・・というのは、今は、カナダのごく一般的に使われる切手には金額が入っていないからなのです。その代わりに・・・・・

切手090820071


『P』って書いてあります(笑)。これは「permanent 永久に」という意味なのです。ここ何年か、毎年1月になると一セントずつ値上げされ、一般的なこの切手は50セント、51セントと表示が変わっていたのですが、この際めんどくさい!ってことになったのでしょうか、今年から『P』になっちゃいました(爆)

これまでもいろいろな切手が出ています。

切手 相撲

これは、1998年くらいに大相撲がバンクーバー公演を行ったときの記念(?)切手。このときは45セント。表面を触ると浮き出し模様になっています。

切手 赤ずきん

これは2000年に「自分の好きな写真を切手にしましょう」という広告が入り、写真を送るとそれを切手サイズに縮小してくれて、切手の金額の入った(このときは47セント)額ぶちみたいな枠に貼り付けて切手として使えるものでした。ハロウィーンに赤ずきんちゃんになったカンナとマヤ。このころは二人仲良しでかわいかったわねえ・・・・(笑)

これ以外にもホッケー選手の写真や、いろいろな凧の模様、水中の動物のシリーズなど、様々なデザインのものが次々と発行され、私たちの目を楽しませてくれます。

しかし!!相次ぐ値上げは止めてもらいたい!と思って、「こんないろいろ切手作るのをやめて、郵便代を据え置けばいいのに」とグレッグに言ったら、「切手を集めるのが趣味の人がいっぱいいるから、新しいデザインを出すのは郵便局にとってまるまる儲けになるんだし。」と、もっともな答えが帰ってきました・・・・・まあ、そうかもしれないけど。

でも、この『P』の切手、気がついたときには、一枚53セント、54セント、・・・・・60セントになっているんだろうなあ・・・・










  1. 2007/09/09(日) 15:30:32|
  2. 日常
  3. | コメント:14

週末の買い物

9月5日(水)

カンナの学校にはいていくズボンがほとんどないことに、学校が始まってから気づきました(遅い!)。二人ともどんどん大きくなっていって、前にはいていたものが短くなってしまっているのです。本人は短くても全然構わないようで「これ、まだはける。カプリパンツって言えば?」と主張するのですが、どう見てもカプリではなく、短くてツンツルテンになったズボンとしか見えません。

そこで!思い切って先週の土曜日サスカチュワン州三番目の大都市であるプリンスアルバート(人口4万人強)までカンナ、マヤの三人で出かけてきました。プリンスアルバートに行くのは今年の2月以来。ここに買い物に行ったことが私の車を買い換える大きな原動力(?)となったのです。家からプリンスアルバートまでは190kmほどなのですが、家を出る前にガソリンを満タンにしていったにもかかわらず、プリンスアルバートから戻ってくる途中の町(その時点で合計走行距離は230kmほど)の辺りで、ガソリンの残量が妙に少ないように思えたのです(古い車のは表示がいまいち信用できなかったが)。私の心配性にほとほと呆れているグレッグは「次の町まで大丈夫だろう」と最初は言っていたのですが、途中には店も何もないので、「まあとりあえず入れていくか」と言ってとまることにしました。そしたら、なんと45リットル!も入ったのです(車のタンクは60リットル入り)。ひょえ~、危ないところだった!リッター5km?これを見てグレッグは「もう車を買うしかないな」と決心したようです。

さて、今回は新車(笑)ビュイックで快適なドライブ!家からプリンスアルバートまで一旦停止が2箇所(ティズデールとメルフォート)と、信号が2ヶ所(どちらもメルフォート)あるだけなので、あとはオートクルーズを105kmに設定して楽々♪

1時間50分くらいで着きました。向かう先は古着専門店「バリュー・ビレッジ」。ここはカナダ全国にお店を持つ、チェーン店なのです。売上の一部は糖尿病の治療・研究などに使われるということで、品物はみんな人々からの寄付によるものです。古着に抵抗のある人もいると思いますが、私は全然気にしないたちで(ビンボーを自慢している場合じゃないけど)、はじめは「どうせ作業用に着るんだから、新品じゃなくてもいいや。」と思っていたのが、今では防寒具以外(防寒の作業服の古着は自分のサイズを見かけたことがない)の全ての洋服(といっても作業着と普段着しかいらないけど 笑)を古着でまかなっています(あるいは義弟がはかなくなった靴下とか、両親が送ってくれるものなど)。子供服も、どうせすぐ汚したり、小さくなったりするのだから、高いものを買うのはもったいないと思い、古着オンリーです(下着や靴下などは日本から送ってもらう。こちらのはとても質が悪く、ゴムがすぐにゆるくなる)。隣町のティズデールにも古着屋があるので、よくいくのですが、カンナ用のズボンは何度見に行ってもなかったので、今回の遠出で買いだめすることにしました(笑)

古着と言ってもきれいに洗ってあるし、ブランド物(ちなみに私はブランド物が好きなわけではない。そんなこと言わなくてもわかってると思うけど)だったりすると縫製がやはりきちんとしているので、その辺の安物を新品で買うよりはずっといいものがあると思います。

さて、この日の成果は・・・・

カンナのズボン5本(16ドル。1ドル100円として換算すると1,600円)。サイズが合うのがなかなかなくて、結構大変だった(おまけに1本6ドルするのもあって)。
PAズボン09012007


コーヒーメーカーのポット(2ドル)。家で使っているのと同じものを売っていたので、もし壊れたときのための予備ということで。
PAコーヒーポット09012007


カンナと私の冬用ジャケット(各15ドル 高すぎ!)古着に10ドル以上とるなんてボッタクリ!と思ったけど、カンナのは、「コロンビア」アウトドアのもので、新品で買ったら絶対100ドルはするようなものだし(ものすごく質がよかった)、私のもノーザンリフレクションという、カナダのカジュアル系の洋服を作るいいお店のものだったので、まあ我慢、我慢。今までの紺色のジャケット(これも古着)はポケットが破れて白い裏地が見えていた(直径1cmくらい)から、そこを黒いマジックで塗りつぶして着てたし。
PAジャケット09012007


往復で使ったガソリンも30リットル弱だったこともあり、いや~、実に節約した気分になった一日でした。



  1. 2007/09/06(木) 05:28:29|
  2. 日常
  3. | コメント:19

ジャガイモ収穫

9月5日(水)晴れ 最高気温予想 +21度 最低気温 +12度

今日はとてもいい天気ですが、明日から天気が崩れ、雨の後は寒くなるそうです(-_-)

今朝は学校で「BACK TO SCHOOL PANCAKE BREAKFAST」(ようするに、学校が始まったからみんなでホットケーキの朝ご飯を食べましょうということ)で、子供たちはとても楽しみにしてでかけました。といっても、バスで通学する子供たちはいつもその行事に出遅れるので家で一応しっかり食べていきましたが。

先週の水曜日から始まった新年度ですが、3日行った後は3日お休み。今週も4日しかありません。一気にはじめないでだんだん慣らしていくのかしら・・・・?

子供たちの休みを利用して、月曜日に畑のジャガイモを掘りました。まだ葉っぱがそれほどしおれていなかったけれども、あまりいつまでも放って置くと、グレープフルーツ大の巨大なジャガイモになって中が割れてしまうことがあるので、この際だと思って片付けました。

菜園はまだまだこんなに青々しています。はじめはジャガイモを引っ張るのがおもしろくて二人ともやる気満々。
畑090320071


カンナは根気良く次々とジャガイモを掘り出していきます。ひとつの山からテニスボール大のジャガイモが6-7個取れました。何年か前に別の場所で畑をやったときには15個ぐらい取れたのですが、うちにはジャガイモを長期間(来年の春まで貯蔵している人もいる)貯蔵する部屋がないので(来年の1月ごろになると芽が出始める)、それまでおいしく食べられれば満足です。
畑かんな090320072


中にはこんなに大きくていびつなジャガイモもありました
畑かんな090320073



ところで、マヤといえば・・・・ポケットに小芋を貯めているんだと、得意そうに見せてくれました(>_<)
畑マヤ090320074


気がつけば水を入れたバケツを持ってきて、「シチュー作り」をはじめてるし・・・・残ったレタスとかも混ぜて、とってもおいしそう~(-_-)
畑マヤ090320075


掘ったジャガイモは日の当たらない納屋に2-3日保存して、皮が乾いたら箱に詰めて地下室に持っていきます。初めて家庭菜園をやった年に、皮が白い(黄色い?)ジャガイモも育てたのですが、うちの土との相性が悪いのか、皮がかさぶたのようになってしまってとても見苦しかったので、そのあとは皮の赤い(中実は白い)ジャガイモを植えています。畑の場所を変えたので、もしかしたら今度は白い皮のジャガイモでもきれいに育つかもしてません。来年にでも試してみようかな・・・・

その日の夜は取れたてのジャガイモをゆでて食べました。ほんのり甘くてもちもちして、最高!!子供たちも「お店のジャガイモよりずーっとおいしい」とたくさん食べました。やはり自家産はいいわね♪





  1. 2007/09/06(木) 01:29:01|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | コメント:10

カノーラ刈り取る

9月1日(土)晴れ時々曇り+小雨 最高気温 +26度 最低気温 +11度

ここ三日間ほどまた20度台の暖かい(というか暑いくらいの)気候になりました。しかし、ポプラの葉は黄色くなってきているし、南に向かうカナダ雁の群れも見かけたし(涙)、ハチドリも先週末を最後にぱったりと姿を見せなくなったし、確実に秋は近づいています(-_-メ)。

秋といえば収穫!ということで、ポカポカ地球家族の撮影のあった5月末に蒔いたカノーラの刈り取りをしました。

7月初めごろには花が咲き始め、7月中旬には子供たちよりも背丈が高くなっていました。
カノーラ7月20071


しかし、7月下旬から8月上旬に猛暑が続き花が落ちてしまい、作物から水分がずいぶんと奪われてしまったようになりました。この前ミツバチの巣箱を置いてくれているおじさんに「今年のハチミツのできはどうですか?」と聞いたら、「カノーラの花が早く散りすぎて収穫量がとても少なかった。」とぼやいていました。カナダでミツバチがハチミツを収穫する時期はただでさえとても短いのに、この猛暑でかなりのダメージがあったようです。8月中旬以降、雨が降り涼しい日が続いたので、カノーラの実の成長も回復するかもしれないとしばらく刈り取りをのばしていましたが8月下旬、10日間あるグレッグの仕事の休みを利用して、刈り取ることにしました。

刈り取りをするのにはスワッサーと呼ばれる刈り取りの機械を使うのですが、それにはトラクターの後ろにつけて引っぱる「牽引式」と、スワッサーの機械そのものにエンジンがついている「自走式(この名前はいつ聞いても笑える)」の二種類があります。

自走式の方が畑の隅を刈り取るときなどに作物を踏み倒したりする可能性が少なく、小回りもきくし、作業そのものは牽引式のものよりもずっと速くできますが、うちには牽引式のものしかないので、牛の餌やり用のトラクターの後ろにスワッサーを、その後ろに刈り取った畝を押さえる(風で飛んでいってしまわないように)ローラーをさらにくっつけて走ります。
カノーラスワッサー08312007


刈り取ったところはこのようになります。ちょっと天気の悪い日で写りが悪く、残念。
カノーラ畝08312007


まだとても青々しているのですが、いつまでも置いておくと乾きすぎて刈った時の振動でサヤから種がこぼれ落ちてしまうのです。
カノーラさや108312007


花のついていたところにサヤができ
カノーラ花2007


カノーラさや208312007


その中にカノーラの種が入っています。畝のまま3週間くらいたって中の種が乾燥して茶色っぽくなり、茎が乾いて腐ってきたころ、コンバイン(脱穀)をします。

最初に比べるとちょっとがっかりする収穫になりそうな育ちです(-_-)が、まあコンバインまで無事にできてほしいものです。その様子はまた今度。


  1. 2007/09/02(日) 14:29:14|
  2. 農作業
  3. | コメント:22

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。