カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お気に入りのビデオ

3月22日(日)雨・曇り・小雪 最高気温 +0.5度 最低気温 -6度

3日ほど前から急に暖かくなって、今日は雨が降ってしまいました。おかげで雪がふみ固まっている庭や砂利道はつるつるのスケートリンク状態で、子牛をトレーラーに乗せて出荷しに行ったグレッグは、家のすぐ近くのちょっとした坂(日本の感覚からいったら坂とは呼べないかもしれないが)を上るときにトラックが横滑りになって登れないのではと思ったそうでした。

さて、地元の図書館でいろいろなビデオやDVDを借りられるため、これまでもハリーポッターシリーズをはじめ、たくさん借りてきました。もちろん新しいビデオはそれほどないのですが(DVDが売られてから多分一年くらい後になって、図書館に出回る感じ)、普段映画を見に行くことは皆無なので、ずいぶん前の映画でも我が家では思いっきり新作リリース状態。

そんな中でずーっと借りたいと思っていたのが、1993年に映画化された「クール ランニング(Cool Runnings)」というビデオです。何年か前に一度聞いたときにはなかったのに、この前聞いたらビデオがあるといわれ、早速借りてみました。

coolrunnings03222009



カルガリーオリンピックに出場することになったジャマイカのボブスレーチームの話をもとにしたコメディーというのは知っていたのですが、こんなにいい映画だとは思ってもみませんでした。面白いことはこの上ないのですが、それ以上にとにかく「いい映画」なのです。今まで出見た映画の中で一番好きな映画になってしまいました。

近所の知り合いがアマゾンで何かのDVDを買うといっていたので、送料を浮かせるために(OOドル以上の注文で送料無料という宣伝をよくしている)ついでに一緒に注文してもらうことにしました。

到着が楽しみ。皆さんも機会があったらぜひ見てくださいね。満足すること保証つきです♪














スポンサーサイト
  1. 2009/03/22(日) 15:13:06|
  2. 読書・映画
  3. | コメント:6

我が家のハリポタ事情

7月18日(金)晴れ時々曇り 最高気温 +23度 最低気温 +12度

「ハリポタ」って・・・・・すごい言葉(笑)。だれが一番初めに考えたのか知らないけど、日本語の省略の技には驚かされるものがあります。「電卓」とかだって、「電子卓上計算機」だったら、「電計」とかになってもいいものを、日本総国民揃って「電卓」に統一されてしまうのにビックリ。

カンナが去年のクリスマスにサンタクロースから(笑)ハリーポッターシリーズの一巻から六巻までのセットをもらい、その後10日ほどほとんどソファーに座りっぱなしで一気に読みきっていました。
harrypotter1-6

私ももちろんハリーポッターの名前くらいは聞いたことはあったし、そんなに有名なら読んでみようと何年か前に第一巻の「ハリーポッターと賢者の石」という本をビヨークデールの図書館で借りて読もうとしたのですが、人の名前や場所の名前が全くが覚えられず20ページも行かないうちに挫折してしまい、そのままハリーポッターのことは忘れていました。

この冬、次女のマヤが「ハリーポッターの本、おもしろくて手放せない。」と言って、寸暇を惜しんで読み始めました。

「へ~、そんなにおもしろいの?この話映画にもなったから図書館でビデオ借りてみようか?」といって借りたのが第二巻の「ハリーポッターと秘密の小部屋」という話。本を読んでしまっている子供たちは、「マルフォイだ!」「スネイプだ!」と興奮しながら見ていたのですが、話の内容を全く知らない私は全くちんぷんかんぷんで、「プラットフォーム(これも日本語では「ホーム」なのね(笑) 9 3/4って何よ?」とか、「クィディッチって何よ?」とか一生懸命聞きながら、おまけにイギリス英語なので発音が聞き取りづらく(子供たちは全然問題なかったよう (;_;))、それなりに楽しかったものの、きっと本を読んでいたらもっと理解できただろうな~と思ったのでした。

そこでもう一度最初からがんばってみることにしました。そして、読み始めたらおもしろい!さすがJ・K・ローリング、億万長者になっただけのことはある!

前の巻に出てきたほんのささいなできごとや一言があとあとになって重大な意味を持っていたりとか、ひねりにひねまくっていて最後のページまで息が抜けないといった感じでした(子供向けの本なのにこんなに真剣になっていいのか?)。子供向けの本にもかかわらず、難しい単語がたくさん出ているので、スペリング(つづり)の練習にもちょうどいいのですが、その言葉が実存する英単語なのか、それとも魔術用語の造語なのか私には区別がつかないのが危ない(笑)。

うちには最終巻の「ハリーポッターと死の秘宝」というのがないため、ビヨークデールの図書館で借りて、カンナは3日くらいで読んでしまったと思います(「おかあさんが『あれやれ、これやれ』と用事を言いつけなかったらもっと早く読めたのに・・・・」、とブツブツ言っていました)。ビヨークデールの図書館から何週間借りっぱなしていることか・・・・(田舎の図書館なので、ほかに待っている人がいない限りは頼むといくらでも延長してくれる)
harrypotter7


マヤも私も冬の出稼ぎから帰ってきたグレッグも全巻読み終え、家族全員で楽しんだシリーズでした。

そのあとは、本を読んでからビデオを見たので、話がもっと良くつかめて(ただしやむを得ない省略のために本に完全に忠実でなくなってしまったのはちょっと残念)楽しみました。

第三巻(アスカバンの囚人)までは図書館からビデオ(VHS)を借りられたのですが、四巻(炎のゴブレット)はDVDしかないと言うことで、なんとDVDプレーヤーを買ってしまいました(笑)。グレッグのノートパソコン(これも英語では「LAPTOP COMPUTER(ひざ上のコンピューター)」と呼ばれます)にDVDプレーヤーがついていたのですが、しばらく前からDVDが見れなくなってしまっていたので、今回購入に踏み切りました。図書館で借りたDVDは磨耗のためか途中でとまってしまう事があり、見ながら「PLAY-O(再生しろ)」とか「RESUME-O(動け)」とか怪しげな魔法の言葉を発するくだらない一家。
hpdvd4

五巻(不死鳥の騎士団)は図書館では貸し出していないと言うことで、ビヨークデールの何でもやさんでレンタルしました。これってコピーじゃないの?レンタルDVDってこんなケースに入っているの?
hpdvd5

日本では最終巻がもうすぐ出るころですね。読み応えありますのでお勧めします(笑)。ちなみに、日本語訳は魔法の言葉のあとに意味も書いてあるそうですね。細かい心遣いだこと。こちらの本は挿絵もひとつもなければ用語集も全くありません(-_-メ)

最後に、カンナが持っていた本のしおりに書いてあった一言。

「Never judge a book by its movie.」

これはよく聞かれる「Never judge a book by its cover.(本を表紙で判断するな)」のもじりで、「本を映画で判断するな」という言葉です。















  1. 2008/07/19(土) 16:51:30|
  2. 読書・映画
  3. | コメント:8

The Catcher in the Rye

2月14日(火)晴れ 最高気温 -16度 最低気温 -24度

予測されていたとおり、北極付近の冷たい空気がこちらに押されてきていて、これから2-3日は寒くなると言うことです。でも今はもう二月の半ばなので、この寒さが6週間も続くようなことはないはずです。

小さいときは本を読むのがとても好きだったのですが、中学に入るころからめっきり読書をしなくなりました。小さいときに私が好きだったのは、ビバリー・クリアリーという人の書いた「がんばれヘンリー君」シリーズで、アメリカのオレゴン州に住むヘンリー君が犬のアバラーと一緒に遊んだり、面倒なことに巻き込まれたりする様子の物語でした。日本の両親からシリーズ全部を送ってもらい、久しぶりに懐かしく思っていたところ、娘の学校から二ヶ月に一度ずつ送ってくる本をオーダーするカタログの中に原本のシリーズがあったのでうれしくなって買いました。小学三年生の上の娘に「読んだら?」と言ったら、ちょっと読んで、「いたずらして迷惑かけて怒られてばかりいるからいやだ」と言っていました。

娘はミステリーが好きで、グレッグが毎晩シャーロック・ホームズを読んでやっています。私は小さいときからとても怖がりで、「小学三年生」とか言う月刊誌によくのっていた怪談のコーナーを、母親に頼んで切り取ってもらっていました。興味本位で見てしまったりすると、トイレに行くときとか(うちのトイレはとても遠いところにあって暗かった)に思い出していやだったのです。小学校の高学年になると、みんながミステリーとかを読み出したので、そのころから私の読書量が激減したような気がします。おまけにはじめて読んだシャーロック・ホームズの話が「まだらのひも」という事件で、毒蛇に噛まれて死んでしまうというおどろおどろしい話だったので、それ以来シャーロック・ホームズも読みませんでした。

両親が日本語のシャーロック・ホームズの本も送ってくれたため、娘に読んでやったら、そんな不気味な話ではありませんでした。グレッグが言うには、中にはちょっとグロテスクなものもあるけど、悪夢を見るようなものではないとのことでした。

ということで、ミステリーやホラーは嫌い、歴史もあんまり、ロマンスもいまいち、戦争物はいや、という感じで、なかなか選ぶ本がなく、おまけに時間もなかったので、本をしばらく読みませんでした。4-5年前に読んだ、ファーストフードがアメリカにどのような影響をもたらしたかを書いた「ファーストフードネーション」は面白かったです。

この前近くの図書館に行き、「日本語の本を借りられるかしら?」と聞いたら、リクエストを出してくれ、レジャイナとサスカトゥーンから借りてくれました。バンクーバーの近くに住んでいたときは日本人が何人かいたので、日本語の本を図書館で見かけたのですが、こんなサスカチュワンの超田舎で日本語の本を借りられるなんて・・・・と驚きました。でも届いた本が、村上龍の「ラブ&ポップ」とか、渡辺淳一の「失楽園」とかだったので、一気に暗くなりました。でもまだほかにも何冊かあるそうですから、また頼んでみたいと思います。(図書館員は日本語ができるわけではないから、どんな本が欲しいとかリクエストするわけではなく、ただ日本語の本として分類されているに過ぎない)

母が「暮らしの手帖」という雑誌を送ってくれて、その中に読者が「絶対なくしたくないもの」を書く欄があり、「新訳が出たけど、野崎訳の「ライ麦畑でつかまえて」絶対なくしたくない!新訳は暴挙だ!」と書いた人がいて、次の号に「新訳はそれなりのよさがある。私は村上春樹の新訳の方が好きだ!」と反論した人もいたので、どんなものなのかなと興味を持って、原本を読むことにしました。

名前は聞いたことがあったけど、読んだことは一度もなかったので、まず題名からしてはっきりせず「サリンジャーという人の書いたCatch Me in the Rye Field」とか言うクラシックの小説なんだけど」と言ったら、それは「The Catcher in the Rye」というのですよと教えてくれました。そこでもう、キャッチミーとキャッチャーじゃ主語(?)が違うし、なんかヘンと思いました。

読み始めて2-3行したら、私が頭の中に描いていた日本語の題名から来るイメージとぜんぜん違うのです。私は、メアリーポピンズみたいな感じの女の人が風のそよぐライ麦畑にいる話とでも思ったら、ティーンエイジャーの男の子が、自分の周りに対しての表現しきれない欲求不満を際限もなく支離滅裂につづった話なのです。誰かに話し掛けている口調でかかれていて、スラングがものすごく多く、1960年代頃に出されたはじめの訳では、たぶん言葉のトーンが変わっていて今ではそぐわないところもあるだろうなあと思いました。英語はわたしにはそれほど違和感がなかったのですが(英語の本をそんなに読まないからか、それともグレッグが事あるたびに悪態をついているのを聞きなれているからか?)グレッグに少し読んで聞かせたら、これって1950年代にかかれた話?ときいてきました。やっぱり昔っぽい言い回しとかあるみたいです。

これは私がヘンリー君の本を久しぶりに読んで今こんなこと言う人いないだろうなあと思ったのと同じでしょう。

1950年代の社会に対する少年の繊細な感覚を書いた本と要約するのかなあ?と思ったけど、いまいちつかみ所がない感じでした。村上春樹がどのように訳したのか知らないけど、別に時代を超えるロングセラーなどと絶賛されるような話ではないと、私は感じてしまったのでした。



  1. 2006/02/16(木) 00:03:11|
  2. 読書・映画
  3. | コメント:0

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。