カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地震から3週間がたって

3月31日(木) 晴れ 最高気温 +5度 最低気温 -4度

ブログを中断してから早くも一年以上経ってしまいました。私たちはみんな元気で相変わらずの暮らしをしています。

3月中旬にカンナがまたスペリングビーでサスカトゥーンの地方大会に出ることになったため、「よし、これをきっかけにブログも再開しよう!」と思っていたところ、日本で大地震が起こってそれどころではなくなってしまいました。

サスカトゥーンに出かける朝、いつものようにラジオをつけたら「日本東部太平洋沖で、マグニチュード8.9の大地震が発生」のニュースを聞き、東海地震が何十年も心配されている浜松の両親に急いで電話をしました。幸い家族は無事で安心しましたがかなりひどい地震だと聞かされ、サスカトゥーンのホテルのテレビでは地震、津波の様子を絶えず放映していて、被害の凄まじさに胸が詰まる思いでいっぱいでした。

翌日家に帰ると留守番電話には近所の人からの安否を気遣うメッセージがたくさん入っていて、コーラス隊の皆さんも募金活動を率先してくれて本当にありがたく思いました。

その後も毎日カナダのニュースで様子を報告していて、多くの国々が支援してくれていること、被災者が辛抱し続けていること、原子炉の冷却に危険を承知で放水作業を続けていること、天皇陛下が励ましのお言葉をおくったこと、国が一体になって節電に励んでいることなどが伝えられ、また胸が詰まる思いがしました。

第二次世界大戦後、何もなかったところから何十年もかけて一生懸命働いてここまで培ってきたものが一瞬にしてなくなってしまったことを思うと、被災者の方々の悔しさは計り知れないものと思われます。

地震後一週間、二週間は助かること、助けることに集中して無我夢中のうちに時間が経ってしまったような気がしますが、ふと落ち着くとこれからどうなるんだろうかという不安がわいてくるのではないかと心配します。

放射線の問題が早く片付いてくれればこれからの復旧、再建について前向きに見通しを立てていけるのでしょうが、今は避難している人たち、農業、水産業に従事している人たちをはじめとした皆さんにとってとてもつらい時期だと思います。

まだ60cm以上雪の積もっているサスカチュワンからがんばってくださいということしかできませんが、「JAPAN FIGHTS BACK」と報じられることを信じています。

久しぶりに書く日本語のため、不自然な表現がありましたら、あらかじめお詫び申し上げます。


スポンサーサイト
  1. 2011/04/01(金) 14:22:41|
  2. 特別な出来事
  3. | コメント:14

瑠王さん出発


7月12日(日)晴れ 

10日(金)の朝、自転車青年の瑠王さんは旅立っていきました。本当は木曜日に出ようと思っていたのですが、雨が予想されていたため一日延期してよく晴れた翌朝出発しました(ただし気温は+6度だった。西からの強風だったので、東に行く瑠王さんにはちょうど良かったかもしれない)。

出発の前にみんなで記念撮影。
ruo07101family



舗装道路になるところまでグレッグのトラックで送っていきました(私たちは車でついていった)。荷造りの様子。キャンプ中は毎朝これをやるそうですが、私には思いっきりめんどくさそうに見えました。
ruopacking


荷物の積み込み完了。全部で何キロくらいあるんだろう?
ruoready


いよいよ出発。自転車を押し出すグレッグと(レースのときなどにはピット要員が自転車を押してやる慣習があるらしい)伴走する子供たち(笑)。
ruoleaving


もう今頃はマニトバ州に入っているころだと思います。カナダ横断までにはまだまだ半分残っているけれど、無事に楽しい旅をしてもらえることを期待します。

  1. 2009/07/13(月) 14:11:36|
  2. 特別な出来事
  3. | コメント:6

自転車青年登場!

7月9日(木)曇り 

カナダを自転車横断している青年がうちに泊まりに来ています。

しばらく前に、ミクシィのカナダコミュニティーに入っている義弟が「カナダを自転車で横断している男の子がいるんだけど、淳ちゃんのこと紹介してもいいかな?」と聞いてきて、「この辺を通る予定ならぜひどうぞと言っておいて」と答えたら、先週初めに連絡があり、サスカチュワンに入ったからぜひ寄りたいとのことでした。

土曜日の午前中にティズデールに着いたからと電話があり、グレッグがビヨークデールまで迎えに行きました(ビヨークデールから家に来るまでに迷ったら最悪(爆)だし、自転車で砂利道は大変だろうから)。

真っ黒に日に焼けた自転車青年はかなり迫力があり、マヤの一言目は「人生の人みたいな髪の毛」(長髪を後ろで束ねていたので、侍のちょんまげのように見えたらしい。マヤは昔水戸黄門のテレビを見て以来、ちょんまげをみると「人生の人」と呼んでいる。彼女は以前水戸黄門のテーマソングを2番まで歌えた(笑)。

子供たちにクローバーを編んで作るアクセサリーの作り方を教えてくれた。
ruo1


瑠王(るおう 本名だそう。すごいかっこいい名前)さんという24歳の彼は、高校3年間をカナダで留学し、日本に帰って何年か働いてから去年ワーキングホリデーでカナダに戻ってきて、ビジタービザが切れる今年の秋まで、大好きなカナダを自転車で横断してみてみたいと思っているのだそうです。

5月いっぱいはバンクーバー島を自転車走破し、6月2日にバンクーバーを出発して現在サスカチュワンまでたどり着きました。

一日100kmくらい走って、ほとんどテントで寝泊りし、キャンプ用の小さなガスバーナーで料理をしているそうです。

テントを修理しているところ。後ろにあるトランポリン。もちろん子供たちの餌食になっていました。(モノポリーにもつき合わされていた 笑)
ruo6 tent

こんな覇気のあるポジティブな若者をみて感動してしまいました。礼儀正しくて好奇心旺盛な彼を応援したいと思います。

穀物の移動のために、貯蔵庫のふたを開けているところ。
ruo2 bin

穀物を大きなシャベルですくって、ホコリまみれになった。
ruo3 truck

もちろん牛のブラシかけにも挑戦。
ruo4 brush

フェンスの移動もやってくれました。
ruofence2



ミクシィでは「薬草くん」という名前で登録されていますので、ぜひたずねてみてください。今マイミク依頼中。もしこのブログを読んでいる人でサスカチュワン以東に住んでいる人がいたらぜひ連絡してくださいね。




  1. 2009/07/10(金) 02:31:27|
  2. 特別な出来事
  3. | コメント:16

日本帰省を顧みてその4 食べ物の巻




5月6日(水)曇りの小雨 最高気温 +6度 最低気温 -4度

昨日まで3日ほどは20度前後の夏を思わせるかの陽気だったのに、今朝からどんどん気温が下がり(最高気温は朝起きた時点のもの)、夜になったらマイナス4度まで下がってしまいました。

まだのろのろと帰省の思い出を書いています。

日本に帰ったらいろいろおいしいものを食べなくちゃと思っていたのですが、実際帰ってみるとあれやこれやありすぎて、目移りしてしまいました。子供たちは酢飯が好きでないらしく、おすしはそれほどといった感じで残念だったのですが、まあ魚の取れない内陸に住んでいるから仕方ないのかもしれないなとも思いました。どんな食べ物でも、ほんとに小さいうちから食べなれていればなんとも思わず食べるのでしょうが、少し大きくなってから初めて食べてみるものは、好き嫌いが分かれるようです。

おすし以外に子供が食べられなかったのが、「あんこ」。私も特にあんこが無くても生きていけるタイプだし、これもこちらでは手に入らない食材なので食べる機会がないのです。でもカナダに帰ってきてから、「ヨモギもち?草もち?」を食べればよかったと残念に思いました。確か好きだったような気がする・・・・・(よく覚えてないのもなんだけど)

しかし、全員が盛り上がったのが、「たこ焼き」。サスカトゥーンに住んでいるお友達のマサヒロさんがたこ焼き器を時々持って遊びに来てくれるのですが、今回自分たちでも買って持って帰りました。

とりあえず、買ってすぐに実家で挑戦。ほんとにおいしくできるんでしょうねえ・・・・・


takoyaki050620091


形がいまいちよくなかったのですが、とてもおいしくできました。

日本から戻ってきたとき、サスカトゥーンのスーパーで冷凍のイカを買ってたこ焼きならぬ「イカ焼き」をすることにしました。冷凍のたこも売っていたのですが、ひとかたまりが1kgくらいあって一度にそんなにいらなかったし、イカは一袋の中に3枚くらい別々になって冷凍されていたので。

子供たち、竹串の扱いが上手になっています。日本からたこ焼き用の粉を買ってきて、20個の作り方をみながら、これじゃ絶対足りないからと思い40個分やったのですが、全然足りなくて結局80個作りました。

takoyaki050620092

takoyaki050620093



どれだけ食べるんだ、この家族?グレッグは「カンナに負けないように食べないと」などといっていましたが、自分は作るほうに全く参加せず食べるばかりなので、一人で40個は食べていたとまわりから非難されていました。

インターネットでたこ焼きの粉のレシピも見つけたので、また近いうちにやりたいと思っています。



  1. 2009/05/07(木) 15:19:08|
  2. 特別な出来事
  3. | コメント:12

日本帰省を顧みてその3 遊園地の巻



4月30日(木) 日本帰省の感想の続きです。

「日本に行ったらパルパル(浜名湖の近くにある遊園地)に行ってドンブラーコ(という名の急流すべり)に乗りたい!」というかねてからの子供たちのリクエストに答えるため、実家に帰ってすぐのころ両親に送っていってもらいました。入り口の前で運転状況を見ると、「ドンブラーコは調整中のため運休」と書いてあってがっかり。結局どのくらい運休するのかめどがつかないとのことだったので、残りのものに乗ればいいよということでとりあえず入ってみました(この時点では子供たちにはディズニーランドに行く予定であることを伝えていなかったため)。

春休み明けの遊園地は、まばらという表現さえ使えないほどのガラガラさで、乗り物全然動いていませんでした。誰かが行くと動かしてくれて、ジェットコースターもメリーゴーランドも乗っているのは一家族ずつ(爆)。これだけすいているのもなんだか寂しい感じ・・・・と思いながらも、「ジェットコースター乗りたい?」と聞くと二人揃って「絶対いや!」。パルパルの「四次元」という名前のジェットコースターはかなり怖いことで評判らしいのです。5年前妹と一緒に乗ったとき(子供たちはまだ小さくて乗れなかった)、最初から最後まで叫んでいたことを覚えています。

しばらく行って「ワイルドストームというのがあり、「じゃあこれに乗ってみようか。みんな叫んでいるけど面白いかも。」と言って乗ってみたら、これが最悪の怖さ!!!!二人乗りで左右前後に揺られて隣のマヤが飛んで行ってしまうのではないかと叫びながらも気が気ではありませんでした。

今回は絶対ディズニーランドに行こうと決めていて(グレッグはディズニーが嫌い。子供たちに夢を与える振りをして商業主義に走っているからとのこと。私としたら、そんなことを言ったら今の時代すべてのものがそういう結果になっているのでないかと思うし、・・・・ハリーポッターだって何だって、本を元にどれだけの商品が作られたか。それが実情ではないの?だから作り物の世界と現実の世界を自分の中で区別をつけることができればそれでいいのではと思っているのだけど。それに自分だってずーっと昔に私と一緒に行ったじゃん・・・)シーとランドと二日に分けて妹夫妻と一緒に出かけました。

最初に乗ったタワー オブ テラー。最悪です。義弟は気に入ったらしくてあとでまた一人で乗りに行っていましたが、残りの人たちは遠慮。

towerofterror043020091


子供たちが一番気に入ったのは「レオナルドのチャレンジ」という、レオナルド ダビンチの発明をもとにした迷路でした。地図をもらって指定された場所まで謎を解きながら順番にたどり着くというものでしたが、地図が4種類あることに気がつき、4回並んで全部解きました(笑)。

dacinci043020092

翌日ディズニーランドのほうが子供が楽しめるジェットコースター系のものがあって、中でもスプラッシュマウンテンとビッグサンダーマウンテンを気に入ったらしく、それぞれ3回、4回と乗りました。子供たちは最初は絶対ジェットコースターいやだと言っていたけど、K子さん(私の妹)と一緒ならいいということで納得し、一度乗ったら結構病み付きになってしまった。今度は四次元乗れるかも。

みんなが絶叫しながら出てくるのをみるだけでも楽しいスプラッシュマウンテン。

splash043020093


典型的なジェットコースターのスリルを楽しめるビッグサンダーマウンテン。

btm043020094


ミッキーやミニーの耳をつけた人たちがたくさん歩いていたけど、子供たちは全然興味なさそう(たぶん恥ずかしいと思っていたと思う)。義弟が「あ、グレッグに耳買うの忘れた!」と言っていて、「こんなのつけて帰ったら卒倒するよねー」などと話しながら後にし、まあこんなところもあるなということを楽しんでくれたらと思いました。







  1. 2009/05/01(金) 15:13:19|
  2. 特別な出来事
  3. | コメント:6
次のページ

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。