カナダ大平原のファームからの便り

カナダ・サスカチュワン州の大自然の中で農業をはじめて約10年。カナダ人の旦那、二人の娘、犬と猫と牛たちに囲まれた日々の出来事を紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

牛に振り回された一週間

6月20日(土)雨のち晴れ時々曇り 最高気温 +24度 最低気温 +10度

ものすごい長文です。ご了承ください。

そろそろ夏至で、朝4時前から夜10時過ぎまで明るいサスカチュワンです。やらなくてはいけないことがありすぎで、時間がいくらあっても足りない。もうちょっと要領よくできないかと思っているときにいらない仕事まで入るこのごろです。

火曜日の朝、窓から牛たちのいる西の方を見ると、一才牛と肥育牛の入っている柵の中がなんだかがらんとしていました。角度が悪くてみんながどこにいるのかみえないのかな?と思いながら、その先の親牛たちのいる放牧地のほうを見ると、前夜に子牛を生んだらしいC13番以外の姿が見えません。あれ、変だなと思っていると、その次の放牧地を北に向かって猛スピードで走っていく牛の姿が見えました。まずい!と思って一才の牛たちの柵をもういちど見ると、やっぱり全員いなくなっていました。「牛たちが逃げた!」とグレッグを起こし、子供たちも起こして「牛を戻さないといけないからお弁当適当に作って準備してね。」と伝え、急いで外に出ました。

一才牛たちが、じゃれあっているうちに木の柵でできているフェンスの一角をはずしてしまったらしく、15頭いた牛たちが、見事に誰もいなくなっていました。

興奮状態の子牛たちは、親牛たちみんなのいる放牧地の向こう側のエレクトリックフェンスのワイヤーもぶっちぎって次の放牧地までみんなを道連れにして走っていってしまったようです。「どうしよう、どこまでいったんだ?集めるのすごく大変かも。」と心配しながら探しに行ったのですが、しばらくするとみんなで南に(つまりいるべき場所の隣の放牧地)まで戻ってきました。ラッキーなことに、そのころには興奮も冷めて落ち着いていたので、柵の中にいるべき牛たちだけきちんと戻すことができました。

生まれたばかりのC13番の子牛は、おなかがすいていないようで、初日はほとんど眠ったまま。母親のほうは乳房炎になるのではないかと心配するような張り方で、おまけに乳頭もとても低いところにあります。今までの子牛たちは全然問題なかったから、今年も大丈夫でしょうくらいに考えていたのですが、翌日になって子牛は乳頭が低いところにあるというのがわからないようで、後ろ足の付け根のわき腹のようなところを一生懸命吸っています。「そこじゃないよ。」と言いながら頭をぎゅっと下に押すと抵抗し放題で全然言うこと聞かないし、やっとのことでうまく押さえて、鼻の先を乳頭にすごく近づけても(普通の子牛だったらそこで自分で吸い始める)私が口をこじ開けないといけないし、「もう一息だ」と思うと母親が動いてしまうし、もうどうしよう・・・・と困り果てて、とりあえず粉末初乳を溶かして飲ませておきました。哺乳瓶からだととてもよく飲んだので、哺乳瓶を低く下げて、「頭をかがめて飲まなきゃいけないんだよ。」と諭しておいたのですが、全く効果なかった模様。明日になっても飲んでないようなら親子をヘッドキャッチャーに入れないといけないなと、全く憂鬱になりました。

木曜日はグレッグが朝から州都レジャイナにでかけていて、朝7時ごろ窓の外を見ると、牛たちがまた一つ西側の放牧地にいます。「何でまた出るの・・・・・全くイヤ。」と思いましたが、一才牛たちは自分たちの柵の中にいたし、走っている風ではないのでとりあえず次の放牧地でとめておけばいいやと一応様子を見に行くことにしました。

近くまで来ると、もう一つとなりの放牧地に、うちの牛ではない親子の牛がいました。もしかして、隣の敷地に牛をこの前連れてきたウィルソンさんのところの牛かな?と思い電話をしてみたら、やっぱりそうで、8時過ぎに連れにきました。人なれしていないその牛は人の(特に飼い主ではない私の)顔を見るとすぐに走り去ってしまい、11時ごろまで追いかけてあきらめました。午後になって四輪バギーを持ってくるよ。と言ってウィルソンさんたちが帰ったあと、私はまたC13番の子牛のところへ。

やっぱり飲んでませんでした。おまけに乳房炎気味の母親は触られるとすごく嫌がるし・・・・私の目論見では、子牛は哺乳瓶から飲むのが上手だったから、哺乳瓶を目の前で振れば着いてきて、親子ともどもヘッドキャッチャーのあるところまで連れて行く予定だったのですが、なんだか子牛は体力がなくなってきているようで、哺乳瓶のミルクは飲んだものの、それをおって立ち上がろうとかは全然しません。仕方ないので、今年もまた子牛を持ち上げて四輪バギーに一緒に乗り、母親に後ろをついてこさせました。ラッキーなことにこれはとてもうまくいき、ヘッドキャッチャーのすぐ近くの柵に入れることができたので、ほっとしました。ここからヘッドキャッチャーにも入りたがらないのですが、ここで無理をして幸運をあだにしてはいけないと勝手に決めてほかの仕事をしに行きました。

C13062220091


卵を洗ったりしてまた外に出てくると、ウィルソンさんの四輪バギーが放牧地に止まっているのが見えました。親子の牛がうちの牛たちのほうに走ってきます。よく見るとウィルソンさんのところのボーダーコリーの牛追い犬が追いかけているのが見えました。

親子はエレクトリックフェンスのワイヤーを飛び越えてうちの牛たちに合流してしまったのですが、この牛追い犬は引き続き牛を追おうとしています。ところが、うちの牛たちが「何だこいつは?」とみんなで怒涛のように犬を追い掛け回し(うちのチビは気が小さいので牛のところには絶対来ない)、犬は後ろ足の間に尻尾をはさんでウィルソンさんの後ろに隠れてしまいました。

ウィルソンさんは子牛の首に何とか縄をかけ、無理やり引っ張っていきました。母親はしばらく子牛の後をついていったものの、途中でまた向きを変えて逃げようとしています。そのたびにウィルソンさんは子牛をもっと引っ張り、子牛が超バタバタして母親が心配して追いかけると言うのを繰り返して何とか別の柵に分け入れることができました。

うちのトレーラー(家畜車)に乗せて自分たちの放牧地に連れて行きました。フェンスが壊れている形跡が全くなかったため、どうやってこの牛親子がうちの放牧地に入ったのはいまだに全くのなぞです。

そんな大騒動のうちに、C13番は自分でヘッドキャッチャーのところまで歩いていきました。うまく首を固定して、子牛にミルクを飲ませようとしましたが、弱っている割にはとても強情でなかなか言うことを聞きません。何とかそんなことを2日くらいやっていましたが、C13番をヘッドキャッチャーにいつまでもいれておくわけにも行かないため、そのすぐ外側の柵に出すことにしました。ちょっと乳房炎気味だったC13番にはペニシリンを注射しておきました。

今朝行ってみると、脇のところはすっかり湿っていますが、ミルクを飲んだ様子は全くありません。仕方なく、哺乳瓶一本分与え、まだおなかがすいている様子だったので母親のところに連れて行きました。相変わらず脇を吸っていましたが、また無理やり頭を押し下げて飲ませることができました。しばらくは調子がいいのですが、すぐわからなくなってしまうようで、また脇に戻ってしまいます。おまけに乳頭は全部で4つあるのに右側前の一つからしか飲めません(確かに後ろ二つはかなり低いからむずかしいが)。乳頭がどこにあるとか、いくつあるとかは本能でわかるものなのでしょうか?それとも頭をぶつけているうちに偶然見つかるものなのでしょうか?こんなボンヤリした子牛にもあきれます。

そこは脇ですよ・・・・
C13062220092side


これが正しい飲み方
c13062220093




今年は哺乳瓶飼育から開放されたと思っていたのに、そんなに甘くはなかった・・・・・


スポンサーサイト
  1. 2009/06/21(日) 15:54:11|
  2. | コメント:7

牛と暮らして一番うれしいこと

6月9日(火)曇り時々雨 最高気温 +11度 最低気温 +4度

昨日のお昼ごろから久しぶりの雨になりました。今年の春はいつまでも寒い上に全く雨が降らず、放牧地や牧草地の草の伸びがとても悪く心配していたところだったので、まさに恵みの雨となりました。

しかし、子供たちは今週から水泳の練習(爆)。これではプール開きの日と全く変わらない暖かさ(と言うか「寒さ」(笑)。でも帰ってきた子供たちに聞いたら「とっても楽しかったー」だそうです。いいわね、陽気で。

さてさて、子牛の出産はおかげさまで順調にいっていて、今日までで26頭生まれました。

私にとって牛を飼っていて何が一番うれしいかということは、それまでブラシがけをさせてくれなかった牛にブラシをかけることができたときです。牛は警戒心が強く、最初はなかなかブラシをかけることができません。離乳したばかりの子牛の時期、まだ柵の中にいるときに仲良くなっていればいいのですが、一度放牧地に出してしまうとなかなか気を許してくれず、近づいていっても歩き去ってしまうことが多いのです。

出産の始まる少し前から時間のある限りできるだけ放牧地に行って牛たちにブラシをかけるようにしました。ほとんどの牛たちは私がブラシを持っていくと喜んでブラシをかけてもらうのに、「この分では一生ブラシかけられないだろうなあ」とあきらめていた4-5歳の牛たちが4頭いました。

離乳した子牛は一般的に好奇心旺盛なので、前から近づいていってしばらく手を差し出してじっとしていると、そのうちににおいをかいで、舐めて、触らせてくれるという順番で、それを何回か辛抱強く繰り返しているうちにおでこにブラシをかけることができます。そこから少し腕を伸ばして首(うなじ?)にブラシをかけ、嫌がらなければ肩にブラシをかけることもできます。最初は体の横に回られるのが嫌なようで、正面からだったらブラシをかけさせてくれても、横に動くとすぐにどこかに行ってしまいますが、それを何回か繰り返しているうちに「大丈夫なんだな」と安心してくれるようで最終的には全身にブラシをかけることができ、最後には首(のど)にブラシをかけてもらうのを目をつぶってご満悦するようになります。

なついていない大人の牛は、前から近づくとすぐに逃げてしまうので、おなかがいっぱいで放牧地に寝そべっているときに、「ハロー、グッドガール」と話しかけながら斜め後ろから近づいてお尻にブラシをかけます。そのときに立ち上がらなければ大成功。牛は結構怠慢なので、最初に「気持ちいい」と思ってしまえば動きません。

それでも最初にブラシをかけれるのは始めたところから動かずに手を伸ばして届く範囲のみ。そこから少しでも動くとすぐ立ち上がって歩き去ってしまいます。これをまた何度か繰り返し、やっぱり「大丈夫だな」と思ってもらえれば立っているときにでもブラシをかけることができるようになります(それでものどにブラシをかけることができるまでには子牛よりもずっと時間がかかると思う)。

こんな風にして、今年の春まで全く近づくことさえできなかった4-5歳の4頭の牛にブラシをかけることができたときには信じられない気持ちで、本当にうれしくなりました。

牛と仲良くなれるといいことはほかにもたくさんあります。続きはまた今度。
  1. 2009/06/09(火) 15:23:15|
  2. | コメント:8

子牛いろいろ


3月8日(日)晴れ 最高気温 -9度 最低気温 -21度

一月の中旬に大きめの去勢子牛を何頭か出荷したため、柵の中には小さめの去勢子牛と雌子牛が残っています。

双子の片割れだったためお母さんのエメットに見放された、哺乳飼育のブッシュラビット(やぶウサギ・・・ウサギのように小さくて、いつもやぶの中に隠れていたため)は小さいためかいつも柵の隙間から出てきて外側からえさを食べています。餌をふんだり、糞尿を餌の上でしたりするので出てきてほしくないのですが、私たちが近寄るとさっさと隙間からまた戻ってしまい、いつもいたちごっこです。

bushrabbit030820091


松阪の牛飼いさんのところの牛は、一番になって立派な花飾りを頭につけてもらっていましたが、このガーリー(Girlyという名の可愛い女の子 これもまた哺乳子牛)は自前の花飾りをつけています。

girly03082009



そうかと思うと眠そうな眼が、おばあさんにあたる私の大好きな牛14番そっくりのG14の子牛。見てるだけでこちらまでとろーんとしてきます。


kg1403082009

とこのようにいろいろなのですが、みんなに共通していることは「ヒマなので何か変わったことがあるとすぐ集まってくる」ことです。

子牛たちと一緒に肥育用の大きめの去勢牛も飼っているのですが、子牛たちにはダニ駆除の「アイボメクチン」という薬をかけて体の中に入っている寄生虫も処理するのですが、これは49日以内に屠殺する可能性のある牛には使うことができないので、いつお肉屋さんに持っていくかはっきりしていないこれらの大きな牛にはかけることができません。そのため体外で作用するだけの、「ダニ駆除パウダー」をかけてやりました。

liceoff03082009



liceoffcalves03082009


すると子牛たちは、「なんだなんだ?」とパウダーをかけられて寝そべっている去勢牛の後ろに我先に群がってきて、いっせいに舐めはじめました。「換気のよいところで使用すること。吸引したり、飲んだりしたらすぐ医者に連絡を取ること」などと書いてあるのに、この牛たちは鼻の先をみんな真っ白にして盛り上がっています。何日かたっても別に病気になってる様子でもないし、大丈夫らしいのですが、全くせっかくの薬が水の泡だ。全く邪魔くさい・・・・・















  1. 2009/03/09(月) 13:38:15|
  2. | コメント:6

世代交代

1月19日(月)晴れ 最高気温 +0.5度 最低気温 -5度

昨日に続き、なんともすばらしい天気でした。買い物のために隣町のティズデールまで出かけたのですが、交差点の舗装道路は雪が解けて水溜りになっていましたうれしいんだけど、これで気温が下がったら凍ってつるつるになるのだろうなあ・・・・・

それはともかく、ちょうど一週間前の月曜日、気温がマイナス34度のときに、去勢子牛11頭と、経産牛4頭を出荷しました。

5月から6月にかけて生まれた、ミスターグッドルッキングの子牛たちだけ出荷し、ギャロウェーの子牛たちはまだ小さいのでとっておきました。ただでさえ飼料高、燃料高、カナダドル高などなどの影響(理由というより言い訳としか思えないが)子牛の売値がものすごく安いのに加え、今は雌牛の値段が去勢雄牛に比べてキロ当たり30セントくらい安いので、雌牛たちはもう少し取っておいてどれを繁殖の後継にするか決めてから出荷することにしました。

この時期になると子牛を出荷するのは仕方ないことなのですが、夏から冬にかけて経産牛をこれまでで15頭ほど出荷しました。去年に比べて干草の収穫量が半分くらいだったこと、夏の間放牧地も十分になかったこと、ここに来たころから飼い始めた牛たちが年を取ってきたことなどなどが理由です。

1番、リモガール6番7番、8番(ポカポカのときに双子を生んだお母さん)、13番(4-5年前の夏放牧地でやせ細っているのを見つけどうしたかと思ったら、舌を噛んでしまっていたようで((草を食べているところをほかの牛が頭突きしてきて舌をかんだのではないかと想定))舌の先がブラブラしていたのだが、柵のほうまで連れてきて様子を見ていたら、そのうち自然治癒した。)リトルガールなどは私たちが農業をはじめたときから一緒にいた牛たちですから、私としては6番以外は手放したくなかったのですが、私ひとりの意見が通るわけではないし、仕方がありませんでした。

おまけにリモガールの娘の一人、サメ女(E5)も出荷する羽目になりました。体系的にあまり太らないし、いつもえさの最前線に来ようとしてほかの牛たちを威嚇して(グレッグの)邪魔になるからだそうです。

もちろん後継者が育ってきていて、なついている牛たちもたくさんいるのですが、なんだかすっかりさびしくなってしまいました。こうなったら唯一残った、私の大好きな14番にバリバリメス牛を生んでもらわなくては♪ でもなんか期待薄・・・・

そのあと、これもまた初めから飼っていたネリーをお肉やさんに連れて行きました。春先に痛めた太ももがよくならないようで、ずっと足を引きずっているため、市場に連れて行っても二束三文にしかならないのはわかっていたので、ひき肉にしてもらってうちでいただくことにしました。

ゴゴちゃんのこちら側に立っている14番の子牛、一番いい値段で売れました。ゴゴちゃんも売ったのだけど、ほかの牛たちほど悲しくなかったなあ・・・・なんでだろう?


14 calf011220091









  1. 2009/01/20(火) 14:04:21|
  2. | コメント:8

今年も離乳

11月24日(月) 曇り 最高気温 -1度 最低気温 -13度

先週の木・金とマイナス20度前後になる日があったため、「ああ、いよいよ本格的な冬か・・・」と思ったのですが、その後また持ち直し、今週ずっと最高気温はマイナス1-2度(おまけに天気もよい)の予定です。この時期の平均気温はマイナス6度ほどとのことなので、今年はずいぶん暖かいです。このまま穏やかな冬になってくれればいいんだけど、どうでしょうか?

ところで、ビーバー谷の反対側にいた牛たちを2km近くある山あり谷ありの細道を通って連れて帰ってきました。グレッグが迎えにいったら、半分くらいの牛はエレクトリックフェンスから外に出てしまっていたため(バッテリーが弱っていて、フェンスの効きが悪くなっていたのに加え、その前後に降った氷雨のせいでワイヤーが氷に包まれた状態になって余計にフェンスの効きが悪くなっていた)、それらをまとめて行くべき方向に向かせるのに手間取ったとのことです。

私はトランシーバーを持って谷の一番下にいて、グレッグの「牛たちが坂を下りていったから」との言葉に、いつ来るのかなと待っていましたが、そのうちすごい地響きとともに怒涛のように走ってきました。谷の手前で止まってくれたので、先導して今度は上り坂を家のほうに向けて歩きました。

子牛もみんな来ているようだったのでよかった、よかったと思っていたのですが、よく見ると一歳牛が三頭ほど来ていません。「おいおい、一緒に来なかったの?困るよ」と戻って探しに行ったら、三頭どころか六頭も、「みんなどこ行っちゃったの?」というような顔をしてそれまでの放牧地にいました。

それらをまた集めてもう一度坂道上り下り。疲れすぎ・・・・

それから2-3日してみんなが落ち着いたところで離乳をしました。そのときも親牛たちはみんなトラクターの後をついて柵の外の放牧地についていったのですが、またしても八頭ほどの一歳牛が子牛たちの柵の中に残ってしまいました。

グレッグが「今からこれらを出そう」と言ったのですが、私は、「明日カンナと一緒にやる」と言って断りました。グレッグはやたら短気なので、できればこういう仕事を一緒にしたくないからです。翌日学校から帰ってきたカンナと二人で、誰もパニックになることなく、声を荒げることもなく、スムーズに選りわけが終わりました。

毎度のことながら一週間ほどは親子それぞれ切なげに鳴いていましたが、それもようやく収まってきました。今は子牛の柵の中に行くと、興味ありげによってくるもの、遠まわしにじっと見るもの、走って逃げるものとさまざまです。

calves112420081


今がなついてもらうチャンスなので、できるだけ近くに行く時間を設けたいものです。











  1. 2008/11/25(火) 15:18:34|
  2. | コメント:8
次のページ

プロフィール

jordefarms

Author:jordefarms
ジョルディファームへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。